G2日経賞2017☆最終追い切り!好調教多数!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は天皇賞春に向けての前哨戦でもある、
G2日経賞の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2日経賞・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/15 南W 67.0‐12.9 G前
3/22 南W 64.3‐12.7 馬なり

最終追い切り南W64.3‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体2番時計の好タイムを記録。不良馬場でも大幅に自己ベストを更新、しかも馬なりでの追い切りで絶好調。2ヶ月の休み明けと少し間隔は空いたが、1週前も南Wで良い動きをしていたし気配は休み前よりも良さそうな印象。前走AJCCでは3着と好走、中山成績は(4.1.2.1)とかなり魅力的な成績。今レースは過去先行勢が好走しているレースで前で競馬ができるのも魅力。実力馬も多数出走する今レース、上昇度ならこの馬も負けないし人気薄でもかなり面白い一頭。

3/9  栗坂 51.2‐12.4 一杯
3/16 栗坂 50.7‐12.3 一杯
3/22 栗坂 52.7‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂52.7‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い伸びを披露。今週は全体時計で速い時計を出してこなかったが、2週前&1週前としっかりと一杯で追い切りされていて好気配。中7週でもこの動きならかなりの好仕上がりと考えて良さそう。前走は強い内容での勝利。中山は初ではあるが、現在勢いもあるし、追い切りを見る限りまだまだ上昇の余地あり。今回人気薄でも決して侮れない存在で。

アドマイヤデウス ★★★★

3/9  栗坂 51.6‐12.4 強目
3/16 栗CW(78.8)63.4‐12.2 一杯
3/22 栗坂 53.6‐12.1 強目

最終追い切り栗坂53.6‐12.1強目。強目での追い切りで終い12.1と良い動き。2週前に栗坂全体51.6、1週前は栗CWで抜群の動きと今回3ヶ月の休み明けとは思えない素晴らしい動きを見せている。休み明けでの成績も良いし、しっかりと負荷もかけられていて好印象。今回相手は強いがこの動きならいきなり好走してきてもおかしくないしこちらも怖い存在で。

ディーマジェスティ ★★★★

3/8  南W   65.2‐13.0 馬なり
3/16 南W(79.7)64.6‐12.9 馬なり
3/22 南W(80.8)65.3‐12.5 一杯

最終追い切り南W(80.8)65.3‐12.5一杯。6Fから一杯での追い切りで南W5F全体5番時計の好タイムを記録、終いも12.5とさすがの動き。今回4ヶ月の休み明けで動きを心配していたが、2週前&1週前、そして最終追い切りの動きを見ているとそんな心配も吹き飛ぶ素晴らしい動きだった。中山は(2.1.0.0)と好相性。ジャパンカップでは13着と大敗したが、この時は疲れも残っていたみたいで参考外。今回しっかりと間隔を空けて体制を整えてきた印象、この距離がベストかはわからないが、この気配なら当然警戒しておきたい。

ゴールドアクター ★★★★

3/9  南W(83.0)67.1‐12.2 G前
3/16 南W   67.5‐12.2 一杯
3/22 南W   65.1‐12.7 馬なり

最終追い切り南W65.1‐12.7馬なり。馬なりででの追い切り、2週続けて5Fからの追い切りではあるが、やはりさすが有馬を勝利した馬と感じさせる抜群の動き。中山は(4.1.1.1)で言うまでもなく好舞台。2走前の4着と敗れたジャパンカップでは504キロで重かったとのことで、今回馬体重500キロという数字を目安にすると良さそう。今回最終追い切りは軽目だったが、あとは当日の馬体が重くなければ当然有力で。

シャケトラ ★★★

3/15 栗CW(82.7)66.8‐11.7 馬なり
3/23 栗CW(85.9)68.0‐11.5 馬なり

最終追い切り栗CW(85.9)68.0‐11.5馬なり。最終追い切りの全体時計は68.0と少し物足りない感はあるが、馬なりで終いは11.5と良い伸びを見せた。前走日経新春杯ではハンデもあったのは間違いないが、それでも2着と好走し力の高さを見せつけた。今回別定戦で斤量が2キロ増えて55キロがどうかだが、素質は良いものがあるし注意しておきたい存在で。

レインボーライン ★★★ ←最終追い切り更新

3/12 栗坂 52.7‐12.6 一杯
3/16 栗坂 58.7‐13.7 馬なり
3/19 栗坂 52.2‐12.7 一杯
3/22 栗坂 57.8‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂57.8‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸び。派手な時計ではないが、普段から調教ではあまり動いてこない馬でそこは心配無用。12日&19日に一杯で追い切りされているし久々でも気配は悪くない。前走で減った馬体も回復してきそうだし、鞍上もデムーロ騎手となれば怖い存在で間違いなし。

フェルメッツァ ★★★

3/15 栗坂 52.9‐12.6 馬なり
3/22 栗CW(81.0)64.8‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(81.0)64.8‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体6番時計の好タイムを記録。今回相手も揃ったし、距離も未知で狙いづらいところではあるが、前走平場レースでも好調教馬として紹介、敗れはしたものの前走&今回で抜群の動きを披露しているだけに気配は文句なし。余裕があれば抑えておいても面白そうで。

ヤマカツライデン ★★★

3/8  栗CW(80.0)65.2‐11.9 馬なり
3/16 栗CW(79.8)65.1‐12.0 一杯
3/22 栗CW(82.9)67.1‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(82.9)67.1‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、1週前の動きは良かったし気配は良さそうだが、最終追い切りの動きは少し物足りない印象。今回年明け3戦目、緒戦、2戦目と調教内容がかなり良かっただけに今回上積みは疑問だが、好枠に入ったし自分の競馬に徹して展開が向けば当然好走してもおかしくないし注意で。。

トーセンレーヴ ★★★

3/15 栗CW(81.1)64.9‐12.0 一杯
3/22 栗CW     ‐12.2 一杯

最終追い切り栗CW終い12.2一杯。最終追い切りは終い中心の追い切り、今回中4週での競馬で1週前の動きも良かったし気配は悪くない。9歳でもしっかりと動けているしまだまだ好走できる力はあるはず。ここ最近の成績では狙いづらいところはあるが、注意はしておきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^