G3毎日杯2017☆1週前&最終追い切り!注目馬を紹介!

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は皐月賞・NHKマイルカップに向けての前哨戦でもある、
G3毎日杯の1週前&最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3毎日杯・1週前&最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/9  栗CW(84.3)68.1‐11.7 馬なり
3/16 栗CW(96.2‐79.5)64.3‐11.8 一杯
3/22 栗CW(85.9)67.4‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(85.9)67.4‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、数字を見る限り今週の時計は遅いように見えるが、水曜はかなり時計を要する馬場でこの数字でもかなりの好タイム。1週前には7Fからしっかりと追い切りされて抜群の動き。今回2ヶ月半と少し間隔は空いたが、4本共に6Fからの追い切り、またその内3本が終い11秒台を記録と久々を感じさせない素晴らしい動きを披露している。重賞勝利馬で斤量は57キロだが、今回の追い切りを見てもわかるようにかなりの力を秘めている馬。今回そこまで人気もしなさそうで面白い一頭。

3/16 栗CW(83.9)66.6‐12.0 馬なり
3/22 栗CW(85.8)67.5‐11.3 馬なり

最終追い切り栗CW(85.8)67.5‐11.3馬なり。馬なりでの追い切りでなんと終い11.3と破格の好タイムを記録。先週のサトノダイヤモンドの記事でも紹介したように終い11.3という数字はめったに見ることのできない破格の時計。今回中2週ながらこれだけの数字を出せるあたり調子はかなり良さそう。重賞経験はないが、阪神1800mは(1.1.0.0)とかなりの好相性。今回の最終追い切りで評価急上昇。こちらもオッズ的に妙味がありそうでこれは警戒が必要。

サトノアーサー ★★★★

3/9  栗CW(82.2)66.6‐11.6 馬なり
3/16 栗CW(82.9)66.0‐11.7 馬なり
3/22 栗CW     ‐11.7 強目

最終追い切り栗CW終い11.7強目。強目での追い切りで終い11.7と素晴らしい伸び。今週は上がり中心ではあったが、2週前&1週前に6Fから追い切りされているし今週はこれくらいで十分。ここでは力上位は明らか。動きも問題なく好調維持と考えて良い。前走は馬場が悪く2着と敗れはしたが、それでもここまで走ってこれるあたりかなりの素質を感じるし、今回もし良馬場で自慢の末脚を披露できるのであれば、かなり有力なのは言うまでもなし。阪神も得意で当然上位評価で。

アドマイヤウィナー ★★★★

3/8  栗CW(94.6‐78.2)63.6‐12.9 馬なり
3/15 栗坂 53.8‐13.0 馬なり
3/22 栗CW(82.5)66.4‐11.9 馬なり

最終追い切り栗CW(82.5)66.4‐11.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い11.9と好タイムを記録。1週前は軽目ではあったが、2週前の栗CWでかなりの好タイムを記録していて気配良いのは間違いなさそう。阪神は初めてではあるが、素質は良いものあり。注意しておきたい一頭。

アルアイン ★★★

3/16 栗CW(97.8‐82.0)66.9‐11.9 一杯
3/22 栗CW        ‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW終い11.7一杯。一杯での追い切り、今週は終い中心だったが、1週前に7Fからしっかりと追い切りされているし、久々でも仕上がり良好。決め手勝負となれば分が悪いかもしれないが、通用する力は十分にあり。侮れない一頭で。

キセキ ★★★

3/15 栗CW 65.8‐11.8 馬なり
3/22 栗坂  58.3‐14.6 馬なり
3/23 栗CW 66.3‐11.8 馬なり

最終追い切り栗CW66.3‐11.8馬なり。馬なりでの追い切りで好タイムを記録。前走は人気を裏切る結果にはなってしまったが、2週続けて良い動きをしていて気配は良好。新馬戦では阪神1800mで勝利経験もあり。この舞台なら決して無視できない。

ガンサリュート ★★★

3/15 栗坂 52.8‐12.7 馬なり
3/22 栗坂 54.9‐12.8 馬なり

最終追い切り栗坂54.9‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、動きは決して悪くないが、今回2ヶ月半の休み明けの割にそこまでハードに追い切りされていないのは少し気になるところ。ただ阪神1800mでは2着2回と相性も悪くないし、前走京成杯では上がり最速の2着と好走して力はあるし決して無視はできないが。

クリアザトラック ★★★

3/15 栗CW(82.8)67.5‐12.2 一杯
3/23 栗坂 55.2‐13.0 馬なり

最終追い切り栗坂55.2‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今回中2週でそこまでハードに追い切りする必要もないかもしれないが、年明け2戦目でもう少し負荷をかけて欲しかった印象。前走阪神1800mで勝利しているし確かに注意すべき存在ではあるが、今回新馬から騎乗していたデムーロ騎手は中山で騎乗で乗り替わり。今回前走からの上昇味はあまり感じないし、人気するのならそこまで重い印はどうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^