G2日経賞2017☆1週前追い切り!豪華メンバーの気配は?

GⅡ1週前追い切り
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は天皇賞春に向けての前哨戦でもある、
G2日経賞の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2日経賞・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/9  栗坂 51.6‐12.4 強目
3/16 栗CW(78.8)63.4‐12.2 一杯

1週前追い切り栗CW(78.8)63.4‐12.2一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。2週前にも栗坂で全体51.6と好タイムを記録していて3ヶ月の休み明けでも仕上がりは良好。休み明けでの成績も良いし、しっかりと負荷もかけられていて好印象。この動きならいきなりでも。

3/8  南W 65.2‐13.0 馬なり
3/16 南W(79.7)64.6‐12.9 馬なり

1週前追い切り南W(79.7)64.6‐12.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで南W5F全体1番時計を記録。内を周回しての時計ではあるが、それを考慮してもこの時計は破格。2週前も南W5F全体3番時計。こちらも4ヶ月の休み明けながら動きも良いし気配良好。中山は(2.1.0.0)と好相性。ジャパンカップでは13着と大敗したが、この時は疲れも残っていたみたいで参考外。今回しっかりと間隔を空けて体制を整えてきているしこちらも注目の一頭で。

ジュンヴァルカン ★★★★

3/9  栗坂 51.2‐12.4 一杯
3/16 栗坂 50.7‐12.3 一杯

1週前追い切り栗坂50.7‐12.3一杯。一杯での追い切りで栗坂全体7番時計の好タイムを記録。終いも12.3と良い伸び。2週前も一杯で追い切りされて好タイムを記録しているし、中7週ながらしっかりと負荷もかけられていて好印象。前走は強い内容での勝利。中山は初ではあるが、現在勢いもあるし、追い切りを見る限りまだまだ上昇の余地あり。今回人気薄でも決して侮れない存在で。

ゴールドアクター ★★★★

3/9  南W(83.0)67.1‐12.2 G前
3/16 南W   67.5‐12.2 一杯

1週前追い切り南W67.5‐12.2一杯。一杯での追い切り、この馬にしては全体時計は速くはないが、終いは12.2とさすがの動きを披露。2週前も終いで12.2と好タイムを記録、まだ万全とは言えない気配ながらこれだけ動いてくるあたりはさすがと言った印象。中山は(4.1.1.1)で言うまでもなく好舞台。2走前の4着と敗れたジャパンカップでは504キロで重かったとのことで、今回馬体重500キロという数字を目安にすると良さそう。最終追い切りでは負荷も含めて注目で。

ミライヘノツバサ ★★★★

3/15 南W 67.0‐12.9 G前

1週前追い切り南W67.0‐12.9G前。ゴール前で強く追い切りされて南W5F全体13番時計の好タイムを記録。67.0という数字は速い時計ではないように見えるが、先週の南Wはいつもより時計がかかっていてこの時計でもかなりの好タイム。前走AJCCでは3着と好走、中山成績は(4.1.2.1)とかなり魅力的な成績。末脚勝負になれば厳しい面はあるが、展開さえ向けばこのメンバーでも十分好走可能。警戒しておきたい。

ヤマカツライデン ★★★★

3/8  栗CW(80.0)65.2‐11.9 馬なり
3/16 栗CW(79.8)65.1‐12.0 一杯

1週前追い切り栗CW(79.8)65.1‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、2週前と共に好タイムを記録。年明け3戦目にはなるがまだまだしっかりと動けているし調子自体は良さそう。今回初の中山コースと未知ではあるが、前で競馬ができる脚質は当然魅力。展開が向けば一発あってもおかしくないし侮れない一頭で。

トーセンレーヴ ★★★

3/15 栗CW(81.1)64.9‐12.0 一杯

1週前追い切り栗CW(81.1)64.9‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体25番時計、そして終いも12.0と良い動き。今回久々を一度使われてのレース、調教の動きからもわかるように段々と気配も良くなってきた印象。9歳でもこれだけ動けるあたりまだまだ好走できる力はあるはず。最終追い切りの動き次第では面白い存在になるかもしれないし注意で。

シャケトラ ★★★

3/15 栗CW(82.7)66.8‐11.7 馬なり

1週前追い切り栗CW(82.7)66.8‐11.7馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速くないが、終いは11.7とさすがの動き。前走日経新春杯ではハンデもあったのは間違いないが、それでも2着と好走し力の高さを見せつけた。今回斤量が2キロ増えて55キロがどうかだが、追い切りの動きを見る限り気配は良さそうで当然警戒しておきたい一頭。

モンドインテロ ★★★

3/15 南W 70.4‐13.0 馬なり

1週前追い切り南W70.4‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今回間隔を空けてのレースで調教が軽いのは少し気になるが、大外を周回してのもので現時点では判断は難しいところ。2走前のステイヤーズSで3着、前走の日経新春杯でも3着と好走していて素質は当然良いものを秘めている。最終追い切りの時計はもちろん、負荷も含めて判断したい。

レインボーライン ★★★

3/12 栗坂 52.7‐12.6 一杯
3/16 栗坂 58.7‐13.7 馬なり

1週前追い切り栗坂58.7‐13.7馬なり。16日は軽目の追い切り、12日には一杯で追い切りされて上々の動き。今回4ヶ月の休み明けの割に本数が少ないのは少し気になるところではあるが、19日にも一杯で追い切りされているしこれで変わってくれれば。こちらも最終追い切りの動きで判断したい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^