G3フラワーカップ2017☆最終追い切り!評価変動は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は牝馬クラシックの前哨戦でもある、
G3フラワーカップの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3フラワーカップ・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

ファンディーナ ★★★★

3/8  栗坂 50.9‐12.2 強目
3/15 栗坂 55.1‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂55.1‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。1週前には栗坂全体8番時計の自己ベストの好タイムを記録、中3週なら今週はこれくらいで十分。新馬戦では逃げての上がり最速で勝利、続く2戦目も先行しての上がり3F33.0と驚異の脚を披露。追い切りを見てもかなりの素質馬であることは間違いなし。重賞のここでも力上位、この仕上がりなら人気通りの走りへ期待大で。

3/8  南W 69.0‐13.2 一杯
3/16 南W 67.1‐12.5 一杯

最終追い切り南W67.1‐12.5一杯。一杯での追い切りで南W5F全体17番時計の好タイムを記録。今週は重馬場で南Wは全体的に時計が出ていない中でしっかりと追い切りされて抜群の動き。終いも12.5と良い伸びを見せているし、2週続けてしっかりと負荷もかけられいて好印象。2走前の中山1600mフェアリーSでは7人気ながら3着と好走。前走は8着だったが、前走よりも気配も良さそうで今回人気薄でも警戒したい一頭。

ハナレイムーン ★★★

3/9  南W 71.8‐14.4 馬なり
3/16 南W 69.5‐12.7 馬なり

最終追い切り南W69.5‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.7と良い伸びを披露。今回速い全体時計は出してきていないが、中4週なら心配なし。新馬戦では上がり最速の快勝、前走クイーンCでは5着だったが、相手も強かったし、久々の割に善戦してくれた。今回一度使われて状態も上がってくるはずだし、気配も良く期待できそう。

デアレガーロ ★★★

3/9  美坂 55.9‐12.3 馬なり
3/16 南W   ‐12.7 馬なり

最終追い切り南W終い12.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.7と良い伸びを見せた。中山は2戦2勝と得意舞台。また前走は休み明けでの競馬で今回上積みも十分。素質はかなり良いものを秘めているしルメール騎手が騎乗してくれるのも心強い。底を見せていないだけに不気味な存在で。

シーズララバイ ★★★

3/10 美坂 53.8‐12.3 馬なり
3/16 美坂 54.1‐12.7 強目

最終追い切り美坂54.1‐12.7強目。強目での追い切りで終い12.7と上々の動き。1週前にも美坂の終いで良い動きを見せているし、中3週で仕上がりも良さそうな印象。中山は(0.0.0.2)だがいずれも4着。力はあるし牝馬同士のここならもっとやれて良いはず。侮れない一頭で。

ディーパワンサ ★★★

3/8  栗CW(82.4)66.8‐12.3 一杯
3/15 栗CW(99.5‐82.9)67.2‐12.6 一杯

最終追い切り栗CW(99.5‐82.9)67.2‐12.6一杯。7Fから大外を一杯での追い切り、小柄な馬ながら1週前&最終追い切りで負荷をかけて追い切りされてきたのは好印象。ただ時計的にはまだ少し物足りず、気配はまだ良くなる余地ありと言ったところ。ただ過去4戦中3戦で上がり最速を記録するなど素質はかなり良いものあり。今回休み明けでのレースで当日馬体がしっかりとしていれば怖い存在であることは間違いなし。

コーラルプリンセス ★★

3/9  南W 68.9‐12.7 一杯
3/16 南W 70.2‐13.2 一杯

最終追い切り南W70.2‐13.2一杯。一杯での追い切り、今週の南Wは全体的に時計がかかっていたため仕方ないかもしれないが、それにしても一杯でこの時計は少し評価し難いところ。前走は案外だったが、赤松賞では良い競馬を見せていただけに注意しておきたいが今回2ヶ月半と少し間隔が空いているしまだ気配はそこまでと言った印象。

ドロウアカード ★★

3/8  栗坂 53.7‐12.3 強目
3/15 栗坂 55.9‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂55.9‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。終いの動きは2週共に悪くなかったが、今回昨年11月後半からと間隔が結構空いているにも関わらずそこまで負荷をかけられていない点は気になるところ。過去の今レースは重賞の実績がなくても好走できるレースでこの馬も注意したいところではあるが、追い切りの動きではそこまで強調できない感じ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^