G2弥生賞2017☆予想!3会場平場レースも紹介!

予想2
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG2弥生賞と阪神&中山&小倉平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報&過去データは下記で公開しています↓

G2弥生賞2017☆過去10年データ+α!

2017.03.04

G2弥生賞2017☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

2017.03.03

上記の記事で本命候補になったのは、
・ダイワキャグニー
・テーオーフォルテ
・コマノインパルス
・ベストアプローチ
上記の4頭。

ダイワキャグニー&コマノインパルスは南W、テーオーフォルテ&ベストアプローチは栗CWでの最終追い切り。

コマノインパルスは1週前に南Wで5F全体65.5を一杯で記録。この時は内を周回しての時計ではあったが、一杯で追い切りされて良い動き。最終追い切りは馬なりで全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは良い伸びを見せていたし、仕上がりは上々。
ここでは力上位は間違いないし、中山の舞台は文句なしの好相性。まだ少し余裕残しな感じではあるが、やはり有力で。
テーオーフォルテは最終追い切り栗CW(79.7)63.9‐12.0一杯。6Fから一杯で追い切りされて好タイムを記録。今回相手は一気に強化されるが、この時計は馬場の荒れた時間帯での時計で中身もかなり良かった。
土曜のチューリップ賞でも新馬上がりのミスパンテールが2着と好走しているし、この調教の内容なら通用する力は十分にある印象。底を見せていないだけに怖い存在で。
ベストアプローチは1週前追い切り栗CWで好タイムを記録。最終追い切りでも終い11.8を馬なりで記録するなど良い伸びを披露。
過去4戦中3戦で上がり最速を記録するなど素質は十分。今回オッズ的にも妙味ありでかなり面白い馬。2000mで複勝圏内を外していないし距離延長がプラスに働きそうで要注意。

上記3頭もかなり好気配だが、今回南Wで破格の時計を記録してきた馬が一頭。

ダイワキャグニーは最終追い切り南W(81.2)65.8‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体3番時計の好タイムを記録。今週南Wの5F全体で65秒台を記録してきたのはたったの4頭のみ。
調教を見ても2000mの距離は問題なさそう、また安定して先行できるのも魅力で中山でも十分に力が発揮できそう。現在2戦2勝、ここで勝利できれば今後が非常に楽しみになる。今回しっかりと仕上げてきたこの馬を本命にします。

上記の理由により本命は、
ダイワキャグニーで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2弥生賞・予想

ダイワキャグニー

ベストアプローチ

コマノインパルス

テーオーフォルテ

カデナ

サトノマックス

グローブシアター

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬・シルブレブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

5日開催平場レース好調教馬

【阪神1R】
ベルエシャンス(栗坂)

【阪神4R】
エイシンクリッパー(栗坂)

エイシンクリッパーは、最終追い切り栗坂51.2‐12.7強目。強目でこの素晴らしい時計を記録。素質はかなり良いものを秘めていそう、要注意で。

【阪神9R】
人気ブログランキングへ→1(栗坂)

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗坂50.7‐12.3一杯。一杯での追い切りで栗坂全体1番時計の好タイムを記録。この時計は自己ベストタイの素晴らしい時計。併せ馬にも大きく追走して先着するなど、前走勝利した勢いそのままに絶好調といった印象。昇級戦でも要注意で。

【阪神11R】
人気ブログランキングへ→2(栗CW)

人気ブログランキングへ→2は、最終追い切り栗CW(80.2)65.0‐12.0一杯。外を周回して全体&終いで好タイムを記録。1週前も同様に6Fから追い切りされて好タイムを記録、2週続けて良い動きをしているし、前走勝利して勢いも感じる好気配。この気配で斤量54キロと魅力的なハンデ、このメンバー相手でも十分やれそう、警戒が必要で。
中山開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=穴・大穴 ★=新馬 注=激走注意
※今年から「注」を採用しました。

【中山7R】
人気ブログランキングへ→3(南W)

人気ブログランキングへ→3は、最終追い切り南W67.1‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで自己ベストの好タイムを記録。なかなか勝ち切れないが、安定したレースぶりは見事。前走は中山で惜しくも2着、しっかりと追い切りされた今回要注意で。

【中山9R】
サブライムカイザー(南W)
デルマサリーチャン(南W)

【中山10R】
モンテネオ(南W)

小倉開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=穴・大穴 ★=新馬 注=激走注意
※今年から「注」を採用しました。

【小倉8R】
スーセントマリー(栗坂)

【小倉9R】
メイショウサルーテ(栗CW)

メイショウサルーテは、最終追い切り栗CW(81.0)64.6‐12.4強目。強目での追い切りで引き続き好気配。このクラスでは安定した成績で力上位は間違いないし、あと一歩。この動きならもうこのクラスの卒業も近いはず。要注意で。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^