G3チューリップ賞2017☆1週前&最終追い切り!好気配は?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は上位3頭に桜花賞への優先出走権が与えられる、
G3チューリップ賞の1週前&最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3チューリップ賞・1週前&最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

2/22 栗坂 51.2-12.6 強目
3/1  栗坂 53.4‐12.2 馬なり

最終追い切り栗坂53.4‐12.2馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは12.2と抜群の伸び。1週前も好タイムを記録、まだ万全に仕上げてきた印象ではないが、久々でもしっかりと動けているし好走可能な仕上がりと考えて良さそう。前走阪神JFでは出遅れながらも上がり最速の2着と好走。勝ち馬のソウルスーリングが強かったのは間違いないが、過去の追い切りの動きも破格でこの馬もかなりのを秘めているのは間違いなし。1週前も強目で良い動きを見せていて好気配。逆転も十分に可能で要注意。

2/15 栗坂 51.5‐12.3 一杯
2/22 栗坂 52.6‐12.6 馬なり
3/1  栗CW(83.7)68.6‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(83.7)68.6‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、こちらも全体時計は速くないが終いは12.1と良い伸び。今回7ヶ月と長期の休み明けではあるが2週前からしっかりと追い切りされているし久々を感じさせない良い動き。新馬戦では上がり最速で勝利、一気に相手強化とはなるが、追い切りの動きを見る限りでは通用する力はありそう。当日太く見せていなかったら、不気味な存在で。

ソウルスターリング ★★★★

2/15 美坂 55.0‐12.6 馬なり
2/22 南W 70.0‐12.4 馬なり
3/1  南W 68.0‐12.6 馬なり

最終追い切り南W68.0‐12.6馬なり。馬なりでの追い切り、2週続けて終い12秒台とさすがの末脚を見せている。こちらもまだ余裕残しの仕上げの印象ではあるが、この終いの動きを見る限りやはりかなりの力を秘めているのは間違いなし。久々だが本数はしっかりとこなしているし特に不安材料もなし。やはりここも有力で。

ワールドフォーラブ ★★★★

2/22 栗坂 51.7‐12.6 一杯
3/1  栗坂 51.6‐12.9 馬なり

最終追い切り栗坂51.6‐12.9馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体19番時計と好タイムを記録。1週前も栗坂全体51秒台を記録しているし中4週でもしっかりと動けているのは魅力。相手は強くなるが、追い切り通りの動きならもっとやれるはず。注意しておきたい一頭で。

アロンザモナ ★★★

2/22 栗坂 52.0‐12.8 一杯
3/1  栗坂 53.4‐12.3 強目

最終追い切り栗坂53.4‐12.3強目。強目での追い切りで終い12.3と良い伸び。1週前は終いの時計こそ要したものの、一杯で追い切りされているし全体時計も52.0とこの馬の自己ベストを記録しているし気配は良好。前走は上がり最速で勝利、過去のレースから阪神マイルも苦にしなさそうだしこちらも警戒しておきたい一頭で。

エントリーチケット ★★★

2/22 栗坂 53.9‐12.5 一杯
3/1  栗坂 56.6‐13.7 馬なり

最終追い切り栗坂56.6‐13.7馬なり。馬なりでの追い切り、今週は速い時計なし。ただ1週前に一杯で追い切りされているし気配は悪くなさそう。ここ4戦で連対を外したことのない安定感もあるし、新馬戦では阪神マイルで勝利経験もありで侮れない一頭。

ミリッサ ★★★

2/22 栗坂 57.0‐14.4 馬なり
3/1  栗坂 55.2‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂55.2‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、今回中3週で速い全体時計はなし。ここ2戦は連続で上がり最速を記録していて、馬体重が軽いながらもさすがシンハライトの妹、良血馬といったところ。能力は間違いなし、あとは馬体重が軽いだけに初の長距離の輸送でどこまで馬体を維持できるかがポイントで。

ダノンディーヴァ ★★★

2/23 栗坂 53.7‐12.4 強目
3/1  栗坂 53.7‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.7‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、終いは2週続けて12秒台前半と良い動きを見せていたが、もともと追い切りではかなり時計を出してきている馬。今回速い全体時計が出ていないがこれがどう出るか。力はあるし鞍上もデムーロ騎手となると当然警戒が必要だが。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^