G3アーリントンC2017☆1週前&最終追い切り!注目は?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はNHKマイルカップにも繋がっていく重要なレースの、
G3アーリントンCの1週前&最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3アーリントンC・1週前&最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

2/15 南W 67.5‐12.2 一杯
2/22 南W 71.0‐13.0 馬なり

最終追い切り南W71.0‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今週は輸送もあるしこれくらいで十分。今回注目すべきは1週前の調教内容。1週前南W67.5‐12.2一杯。一杯での追い切り、外目を周回して終い12.2と抜群の伸びを見せた。南Wの終い12秒前半というのはなかなか見ることのできない時計でかなり魅力。現在キャリア5戦。派手な成績ではないが、京王杯2歳Sでは3着と好走、過去複勝圏内を外したことのない安定感も魅力。この追い切り通りのレースができれば十分に好走可能。要注意で。

2/15 栗CW(78.3)63.1‐12.5 一杯
2/18 栗CW(81.6)65.3‐12.0 馬なり
2/22 栗坂 53.8‐12.4 強目

最終追い切り栗坂53.8‐12.4強目。強目での最終追い切り、全体時計は速い時計を記録してこなかったが、終いは12.4と良い伸びを見せた。1週前追い切りで内を周回しての時計ではあるがかなり良い動きを披露していたし、中4週でもしっかりと仕上げてきた印象。実績はこのメンバーでは劣るが、今回の追い切りではかなり良い動きを見せていたし、また今回武豊騎手へと乗り替わりで面白くなりそうな一頭。

リンクスゼロ ★★★★

2/15 栗坂 50.5‐12.4 馬なり
2/22 栗坂 49.7‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂49.7‐12.6一杯。一杯での追い切り、終いは12.6と少し時計を要したが、この全体時計は水曜の栗坂全体1番時計で50秒台を切ってきたのは2頭のみ。相手も強化され実績は見劣りするが、阪神での成績は悪くないし、この破格の好タイムを記録してきたとなれば無視するわけにはいかない。過去の追い切りでも良い動きをしていて通用する力はあるし、これが結果へと結びついてくれれば。

ナンヨーマーズ ★★★★

2/15 栗CW(78.5)63.3‐12.7 一杯
2/22 栗坂 56.0‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂56.0‐12.5馬なり。今週は馬なりでの追い切りで全体時計は速い時計を記録してこなかったが、1週前に栗CWで6Fから追い切りされてかなりの時計を記録しているし気配良好。阪神マイルでの勝利経験もあるし舞台に心配はなし。中5週でもしっかり負荷をかけてきたし人気薄でも警戒しておきたい一頭。

レヴァンテライオン ★★★★

2/12 栗坂 56.2‐13.6 馬なり
2/22 栗坂 51.9‐11.8 一杯

最終追い切り栗坂51.9‐11.8一杯。一杯での追い切りで全体51秒台、そして終いは11.8と抜群の伸びを見せた。距離が心配された前走は17着と大敗。マイルはやはり少し長い気もするしベストの舞台とは言い難いところ。ただ1200mではモンドキャンノにも勝利している馬、今回&過去の調教を見る限りかなりの素質を秘めているのは間違いなし。不安材料は多いが、間違いなくそこまで人気もしないだろうし、押さえておいても損はないはずで。

ペルシアンナイト ★★★

2/16 栗CW(81.8)65.5‐12.0 一杯
2/22 栗CW     ‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW終い12.1馬なり。今週は馬なりで上がり中心の追い切り。今週は軽目ではあったが、1週前に栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録しているし好調維持と考えて良さそう。前走は道悪の影響もあって3着ではあったが、過去4戦で3度の上がり最速を記録、素晴らしい末脚の持ち主で高い力を秘めているのは間違いない。力上位、気配も上々、やはり有力で。

キョウヘイ ★★★

2/15 栗坂 53.1‐13.1 一杯
2/22 栗坂 52.0‐12.9 強目

最終追い切り栗坂52.0‐12.9強目。強目での追い切り、全体的に見ると特別速い時計ではないが、普段から時計はあまり出してこない馬。前走の最終追い切りは栗坂52.5‐13.1馬なりで、これを考えても今回好調維持と考えて良い。ここ2戦は連続で上がり最速。共に道悪でのレースで、今週も重馬場なら評価を上げる必要ありで。

ヴゼットジョリー ★★★

2/16 栗CW(81.9)65.9‐11.9 強目
2/22 栗CW(82.7)66.5‐12.5 一杯

最終追い切り栗CW(82.7)66.5‐12.5一杯。6Fから一杯での追い切り、長目からの追い切りではあるが、併せ馬の新馬にも遅れをとったし、正直時計的にはこの馬にしてはイマイチ。また今回2ヶ月半と間隔が空いていて負荷のかかった追い切りが少なかったのも気になるところ。前走馬体重を減らして5着と善戦したし、素質はかなりのものを感じるが、今回あと一本負荷のかかった好タイムの追い切りが見たかったところ。

レッドアンシェル ★★★

2/15 栗CW(87.0)69.6‐11.7 一杯
2/22 栗CW(85.9)69.3‐12.5 馬なり

最終追い切り栗CW(85.9)69.3‐12.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、1週前の終いは11.7と良い時計を記録はしているが、1週前&最終追い切りの全体時計を見てもまだ休み明けの雰囲気が抜けきっていない印象。素質は良いものを感じるが今回の仕上がりはそこまでと言った印象。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^