G3共同通信杯2017☆最終追い切り!注目馬多数!

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目馬も出走するG3共同通信杯の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3共同通信杯・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

1/25 栗CW(83.1)66.0‐11.8 一杯
2/1  栗CW(99.8‐83.0)66.7‐11.8 一杯
2/8  栗CW(85.3)68.2‐11.6 馬なり

最終追い切り栗CW(85.3)68.2‐11.6馬なり。馬なり追い切りで終い11.6と良い伸びを見せた。今週はそこまでハードに追い切りされていないが、2週前&1週前に一杯で追い切りされて好タイムを記録しているし休み明けでもしっかり仕上げてきた印象。前走東京スポーツ2歳Sで2着と善戦。スタートに難はあるが、東京の舞台は間違いなく合っているし追い切りを見てもかなりの素質を秘めているのは間違いなし。この仕上がりなら期待大で。

1/26 栗CW(84.9)67.2‐12.0 強目
2/1  栗坂  52.4‐12.3 馬なり
2/8  栗CW(82.5)66.5‐12.2 馬なり

最終追い切り栗CW(82.5)66.5‐12.2馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今回中4週での競馬ながら追い切りではしっかりとした良い動き。前走シンザン記念では惜しくも2着。まだまだ幼さを見せてはいるものの、秘めている力はかなりのもの。しっかりとレースに集中して走ってくれればこの相手でも十分に好走できる力はあるし、今回ルメール騎手に乗り替わるのも面白い。有力馬2頭は休み明けでこちらは使われている強みあり、期待十分で。

アサギリジョー ★★★★

2/1 南W 69.4‐13.9 馬なり
2/8 南W 65.2‐13.5 馬なり

最終追い切り南W65.2‐13.5馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体1番時計の好タイムを記録。1週前は軽目だったが、最終追い切りでしっかりと時計を出してきたし、中3週でも気配良好。前走京成杯では5着と敗れはしたが、今回の東京コースは(1.1.0.0)と得意コース。東京1800mの舞台も新馬戦で勝利経験あり。またこの馬の自己ベストは南W64.6‐13.1馬なり、今回の時計は数字的にはこれよりも遅いが自己ベスト当時よりも外を周回して記録したもの。この時期でこれだけの時計を出せるのは力がある証拠。決して無視できない一頭。

エアウィンザー ★★★

1/25 栗坂  52.8‐12.7 馬なり
2/1  栗CW 70.5‐11.8 馬なり
2/8  栗CW(85.8)68.4‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW(85.8)68.4‐11.7一杯。6Fから一杯での追い切り、全体時計はそこまで速くないが終いは11.7と良い伸び。まだまだ成長途中の印象はあるが、3戦連続上がり最速を記録するなど通用するところは十分に見せている。前走はプラス10キロでの出走、一度叩かれて上積みもあるしやはりここは侮れない一頭で。

ムーヴザワールド ★★★

1/25 栗坂 53.1‐13.1 馬なり
2/1  栗坂 53.2‐12.7 一杯
2/8  栗坂 53.1‐12.8 馬なり

最終追い切り栗坂53.1‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、この馬の過去2戦での追い切り時計を考えると今回の時計は好タイム。ただ他の馬と比較してもやはり数字的にも動きも物足りない印象。前走東京スポーツ2歳Sで勝ち馬とクビ差の3着と好走していて当然要注意ではあるが、今回デビューから2戦連続騎乗したルメール騎手は人気ブログランキングへ→2に騎乗予定。オッズ的にも人気するのも間違いなさそうでこれらの面を含めてどうか。

チャロネグロ ★★★

2/1 美坂 57.9‐14.3 馬なり
2/8 南W 70.0‐13.6 馬なり

最終追い切り南W70.0‐13.6馬なり。馬なりでの追い切り、そこまで負荷がかかっていないが、中2週で使われているしそこまで気にする必要はなさそう。新馬戦では510キロと立派だったが、前走未勝利戦では502キロと絞れて上がり最速の勝利と力はあるし好走してもおかしくない。今回当日の馬体重も含めて注意したい存在で。

エトルディーニュ ★★

2/8 南W 72.2‐13.2 一杯

最終追い切り南W72.2‐13.2一杯。一杯での追い切り、正直数字的にはイマイチ。昨年末から使われてのレースで上積みを望むのは少し厳しい印象だが、東京コースは(0.2.1.0)と連対を外したことのない安定感はあるし注意はしておきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^