G2京都記念2017☆最終追い切り!速報です!

GⅡ最終追い切り2
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目馬も出走するG2京都記念の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2京都記念・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

2/2 栗坂 52.1‐12.4 馬なり
2/8 栗坂 51.2‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂51.2‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで全体51秒台、そして終い12秒前半と好タイムを記録。ちなみにこの馬の栗坂自己ベストは50.8‐12.2一杯。今回馬なりでの追い切り、また中3週で自己ベストに近い時計を記録できたあたりかなり調子は良い印象。今回手ごわい相手がいるが、こちらは使われている強みあり。神戸新聞杯も同様に相手は休み明け、こちらは使われてレースでサトノダイヤモンドにクビ差の上がり最速2着と好走している。当時よりも力をつけているのは明らかで今回逆転までいけそうな魅力あり。この気配ならかなり怖い存在で。

2/2 栗CW(95.8‐79.4)65.4‐11.9 強目
2/8 栗CW(92.4‐76.3)63.1‐12.3 馬なり

最終追い切り栗CW(92.4‐76.3)63.1‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、今回の時計は内を周回しての時計ではあるがこれを考慮しても5F63.1はかなり良い時計。中3週ながら2週続けて7Fからしっかりと追い切りされているのは好印象。叩き2戦目で上積みも感じるし、あとは前走増えすぎていた馬体重をどこまで絞れているかに注目。ここ最近の追い切りはかなりのもの、相手は強いが今回要注意の存在で。

マカヒキ ★★★★

1/26 栗CW(96.3‐80.6)65.2‐12.0 馬なり
2/2  栗CW(96.4‐80.2)64.9‐11.5 一杯
2/8  栗坂 53.6‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂53.6‐12.4馬なり。今週は軽目の追い切りではあったが、終いでは12.4と良い動きを見せていた。最終追い切りではそこまでハードに追い切りされてこなかったが、情報によると現在でほぼダービーと同じ馬体重とのこと(真偽は不明)。2週前&1週前追い切りで長めから追い切りされて良い動きをしているし休み明けでも気配良好。今メンバーで実績は間違いなくトップクラス、海外明けで万全ではなくとも力で押し切ることも十分に考えられるしやはり警戒しておきたい一頭。

スマートレイアー ★★★★

1/26 栗坂 51.4‐12.4 一杯
2/1  栗CW(77.7)63.1‐12.6 一杯
2/8  栗坂 54.3‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂54.3‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と良い動きを見せた。こちらも最終では全体時計は速い時計を記録してこなかったが、1週前追い切り栗CW(77.7)63.1‐12.6一杯と破格の時計を記録しているし休み明けでも気配良好。ここ最近はマイルを使われてきたが、2011年のエリザベス女王杯では勝ち馬と0.1秒差の5着、秋華賞では2着と京都成績も悪くない。海外明けのレースでもこの動きなら決して無視できない。

アクションスター ★★★★

2/2 栗坂 51.9‐12.9 一杯
2/8 栗坂 50.8‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂50.8‐12.8一杯。一杯での追い切りで栗坂全体7番時計とかなりの好タイムを記録。前走日経新春杯の時の最終追い切りでも上々の動きをしていたし、今回一度使われて動きは明らかに良くなっている印象。中3週でも2週続けて一杯と負荷をしっかりとかけられたのは魅力。2走前の京都大賞典では上がり最速で勝ち馬のキタサンブラックに0.4秒差の6着と善戦しているし、今回もこれくらいの競馬ができれば面白くなりそう。

ウインインスパイア ★★★★

2/1 南W 64.9‐13.4 馬なり
2/8 南W 69.4‐13.2 馬なり

最終追い切り南W69.4‐13.2馬なり。馬なりでの追い切り、今週は速い時計を記録してこなかったが、今回中3週での競馬、1週前に南W5F全体3番時計とかなりの時計を記録しているし今週はこれくらいで十分。ここ3戦は2桁着順続きと狙いづらいところではあるが、この追い切り通りの動きなら好走してもおかしくないし注意はしておきたいところ。

サトノクラウン ★★★

2/2 南W(82.5)68.4‐13.1 一杯
2/9 南W   69.8‐13.3 馬なり

最終追い切り南W69.8‐13.3馬なり。1週前の動きは上々で海外明けのレースの割には動きは悪くないが、最終追い切りでは軽目の追い切り。昨年今レースを勝利した時は最終追い切り南Wで終い12.5と良い伸びを見せていたし、今回休み明けの割に乗り込み本数もそこまで多くない。前走香港ヴァーズでG1を勝利、また昨年勝利した得意舞台で当然警戒はしておきたいが、今回そこまでは仕上げてきていない感はあり、一度使ってからか。

ガリバルディ ★★★

1/26 栗CW(81.2)66.5‐12.4 馬なり
2/1  栗CW   66.6‐12.3 一杯
2/8  栗CW   66.3‐11.9 馬なり

最終追い切り栗CW66.3‐11.9馬なり。馬なりでの追い切り、今週も数字的には悪くないが内を周回しての時計。悪い動きではないが、かなり状態の良かった中京記念の時と比べるとやはり物足りない印象。前走の負けも気になるし鞍上も変更。今回一変まではどうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^