G3クイーンC2017☆1週前追い切り!素質馬多数!

GⅢ1週前追い切り
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は将来が楽しみな牝馬が集結したG3クイーンCの1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3クイーンC・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

1/25 栗坂 56.1‐12.0 一杯
2/1  栗坂 52.0‐11.8 一杯

1週前追い切り栗坂52.0‐11.8一杯。一杯での追い切りでなんと終い11.8と抜群の伸びを披露。今回2ヶ月の休み明けにはなるが、2週前も一杯で追い切りされて終い12.0と良い動きをしていたしあと一本良い動きを見ることができれば好気配、好仕上がりで出走できそう。距離が心配された前走阪神JFで3着と好走できたのは大きな魅力。東京コースは京王杯2歳Sで2着と好走していて心配無用。距離にもメドが立ったし、過去の追い切りを見る限り素質はかなりのもの。素晴らしい安定感の持ち主、ここは当然有力で。

アルミューテン ★★★★

1/25 美坂 51.1‐12.9 馬なり
2/1  美坂 51.5‐13.1 一杯

1週前追い切り美坂51.5‐13.1一杯。一杯での追い切りで美坂全体51.5の全体7番時計の好タイムを記録。2週前にも美坂全体3番時計を記録しているし中4週でも元気一杯。初重賞の前走フェアリーSでは12番人気ながら勝ち馬と0.2秒差の5着と善戦。重賞でも通用するところを見せてくれた。当時の追い切りも素晴らしいものがあったし今回も前走同様かなり良い動き。調教通りの動きができれば、相手強化のここで好走してもおかしくないし注意しておきたい存在。

アドマイヤミヤビ ★★★★

1/26 栗CW(97.9‐82.1)67.1‐12.0 馬なり
2/2  栗CW(94.8‐78.9)64.9‐12.3 一杯

1週前追い切り栗CW(94.8‐78.9)64.9‐12.3一杯。7Fから一杯での追い切り、内目を周回しての時計ではあるが動き自体はかなり良いし、2週続けて7Fから長目から追い切りされているのは好印象。前走は牡馬相手ながらも見事な勝利。素質の高さを見せてくれたしここでも当然力上位。追い切りでもこの時期でこれだけしっかり追い切りできるのは力のある証拠。休み明けでもこの動きなら問題なし。ここは当然要注意の存在で。

フローレスマジック ★★★

2/1  南W   ‐12.4 一杯

1週前追い切り南W終い12.4一杯。今回3ヶ月半の休み明けで調教の本数が少ないのは気になるところではあるが、1週前のこの終いの動きを見る限り無駄な心配か。前走アルテミスSでは上がり最速で2着と善戦。同舞台で好走経験があるのはかなり魅力。最終追い切りでしっかりと動いてこれば嫌う要素はほとんどないしやはり有力で。

アエロリット ★★★

2/1 美坂 55.3‐12.6 馬なり
2/4 美坂 51.7‐12.6 馬なり

4日に美坂51.7‐12.6馬なり。他の馬と追い切りの日は違うが、中4週の馬なりで全体51秒台なら調子は良いはず。距離は違うが新馬戦で東京勝利経験もあり。ここ2戦はマイルで好走しているし距離の心配も無用。良いものを秘めているし最終追い切り次第では上位評価まで。

キャナルストリート ★★★

1/26 南W(87.7)71.2‐14.0 馬なり
2/2  南W(82.0)66.9‐13.6 馬なり

1週前追い切り南W(82.0)66.9‐13.6馬なり。6Fから馬なり追い切りで好タイムを記録。週ごとに段々と動きも良くなっているし状態も段々と上がってきた印象。前走は勝ち馬と0.7秒差の4着と敗れはしたが、自分の競馬が出来ていなかったしラストは伸びていて評価は下げる必要なし。ただ前走のレース後のダメージが大きかったとのことで、休み明けの今回最終追い切りでどれだけ負荷をかけられるかも含めて注視したい。

トーホウアイレス ★★★

2/1  南W 71.1‐12.6 G前

1週前追い切り南W71.1‐12.6G前。ゴール前で強く追い切りされて終い12.6と良い伸び。全体時計では速い時計を出してこなかったが、この終いの動きなら調子は良さそう。前走アルテミスSでは大敗したが出遅れてのレースで参考外。初戦、2戦目と上がり最速で勝利するなどかなりの力を秘めているし休養効果で自分の力を発揮できれば十分に好走可能。侮れない一頭で。

ビルズトレジャー ★★★

2/1 南W   ‐13.3 馬なり

1週前追い切り南W終い13.3馬なり。馬なりでの追い切り、上がり中心ではあったが、大外を周回して良い動きを見せていた。距離は1400mだが東京成績は(1.1.0.0)、またこの2戦はいずれも上がり最速と好相性。舞台が変わって注意したい一頭で。

シンボリバーグ ★★★

2/1 南W 69.8‐14.1 馬なり

1週前追い切り南W69.8‐14.1馬なり。馬なりでの追い切り、中3週でのレースで1週前時点は速い時計なし。現在3戦して連対を外したことのない安定感、東京マイルでは(1.1.0.0)と好成績。初重賞で通用するかは未知ではあるが、この時期の経験は大きいし当然警戒しておきたい一頭で。

ハナレイムーン ★★

2/2 南W 69.4‐13.4 G前

1週前追い切り南W69.4‐13.4G前。ゴール前で強く追い切り、外を周回しての時計ではあるが、今回休み明けでのレース。悪い動きではないが、他の馬と比べても現時点ではまだそこまでといった印象。新馬戦で上がり最速、2着馬を離して勝利した瞬発力は当然魅力だが、今回どこまで仕上げてこられるか。前走は最終追い切り南Wで外を周回して終い12.7と良い動きをしていた。今週の最終追い切りでもこれくらい動ければ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^