G3東京新聞杯2017☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目のレースG3東京新聞杯の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3東京新聞杯・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

1/25 美坂 52.2‐12.0 一杯
2/1  美坂 52.2‐11.9 馬なり

最終追い切り美坂52.2‐11.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.9と破格の時計を記録。ちなみに2/1にラスト1F11秒台を記録したのはたった4頭のみ。しかもこれを馬なりで記録してくるあたりさすがの力を持っている印象。前走マイルCSでは16着と大敗したが、主戦騎手の乗り替わり、京都コースなど不安材料も多かったし、今回得意の東京に舞台が替わるのならかなり魅力。昨年勝利した富士Sの1週前追い切りは美坂52.2‐12.2一杯、最終追い切りは美坂53.0‐12.2強目。今回単純に時計を比較しても明らかに動きが良くなっているし、休み明けでも自分の力は十分に出せそうな好仕上がり。今回3連勝している戸崎騎手に戻るのは非常に魅力。これは期待十分で。

1/25 栗坂 50.2‐12.7 一杯
2/1  栗坂 49.8‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂49.8‐12.5一杯。一杯での追い切りで栗坂全体1番時計を記録。2週続けて以前の栗坂自己ベスト50.6を更新する破格の好タイム。前走で1.5キロ重く、休み明けのエアスピネルに勝てず確かにまだ力の差を感じたレースではあったが、今回の追い切りは以前とはまったく違う動き。しっかりと負荷もかけて追い切りされているし、今週は当日騎乗予定のデムーロ騎手を乗せての追い切りと陣営の本気度も伺わせる内容。2週続けてこれだけハードに追い切りできるのも調子が良い証拠。東京のイメージはあまりないがこれだけの気配なら要注意で。

プロディガルサン ★★★★

1/18 南W(85.0)68.8‐12.7 G前
1/25 南W   67.7‐12.6 馬なり
2/1  南W   64.3‐12.5 馬なり

最終追い切り南W64.3‐12.5馬なり。馬なり追い切りで南W5F全体1番時計タイの好タイムを記録。これは内を周回しての時計ではあるが、馬なりでしかもこの64.3という時計ならまったく問題なし。菊花賞以来のレースとなるが追い切りの動きも良いし好仕上がり。この馬にとって一気に距離短縮と簡単なレースではないが、新馬戦で東京マイルの勝利経験もあり。過去の追い切りを見てもかなりの力を秘めているのは間違いなし。今回も決して無視できない。

ブラックムーン ★★★★

1/25 栗CW(98.2‐81.5)66.4‐12.3 一杯
2/1  栗CW   (83.3)66.0‐12.2 G前

最終追い切り栗CW(83.3)66.0‐12.2G前。6Fからの追い切りで良い動き。普段この馬は追い切りではそこまで動いてこない馬。1週前に7Fから追い切りされて抜群の動きをしていたし、1週前も今週の時計もこの馬のとって自己ベストの好タイム。中3週というのを含めてしっかりと追い切りされているのは好印象。2走前の東京1600mの舞台であるキャピタルSでは上がり最速を記録して見事勝利、この馬も東京は歓迎。今回の動きなら警戒が必要で。

エアスピネル ★★★

1/25 栗坂 51.8‐12.0 一杯
2/1  栗坂 54.1‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂54.1‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と好タイムを記録。今週は全体時計は速い時計を出してこなかったが、中3週での競馬、2週共に動きは良いし特に割り引く必要もなし。前走京都金杯ではラスト詰め寄られはしたが、休み明けで好レースができたのはさすがと言ったところ。今回叩き2戦目、上積みもあるだろうし当然有力。東京マイルのここで勝利できれば安田記念も見えてくるしここでの凡走は許されないところ。

マイネルアウラート ★★★

1/26 南W 68.4‐13.4 一杯
2/1  南W 69.8‐12.9 馬なり

最終追い切り南W69.8‐12.9馬なり。馬なりでの追い切りで終いは12.9と上々の動き。特に強調する程の動きではないが、普段最終追い切りではこれくらいの時計、2連勝中と勢いもあるし怖い存在。昨年の今レースでは3着と好走、東京は3勝している舞台。今回も当然注意しておきたい一頭ではあり。

ロイカバード ★★★

1/25 栗坂 54.3‐12.6 一杯
2/1  栗坂 52.9‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂52.9‐12.8一杯。一杯での追い切り、2週続けて一杯と負荷をかけられているのは好印象だが、他の馬と比べるとまだ動きは物足りない印象。過去きさらぎ賞で3着、京都新聞杯で3着と勝ちきれてはいないものの重賞で好レースを見せているし大崩したレースもほとんどなし。力はあるし注意はしておきたいところだが。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^