G3根岸S2017☆最終追い切り!注目馬を紹介!!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目のダート重賞G3根岸Sの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3根岸S・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

1/11 美坂 51.1‐12.8 馬なり
1/18 美坂 51.1‐12.5 強目
1/25 美坂 51.4‐12.8 強目

最終追い切り美坂51.4‐12.8強目。強目での最終追い切りで美坂全体5番時計の好タイムを記録。これで3週続けて全体51秒台の好タイムを記録。今回も気配はかなり良い。前走カペラSで見事勝利、最近の追い切りを見ても力をつけているのは間違いなし。東京コースはユニコーンSで2着と好走しているし、(2.3.2.5)と好成績。カペラSの時のようにうまく先行できれば。

1/12 栗坂 52.0‐12.4 一杯
1/18 栗坂 51.3‐12.1 一杯
1/25 栗坂 52.6‐12.1 強目

最終追い切り栗坂52.6‐12.1強目。強目での追い切りで終い12.1と良い伸びを見せた。1週前は栗坂全体10番時計の好タイムを記録しているしこちらも中5週でもしっかり動けていて好気配。今回相手は強くなるが、現在2連勝中と勢いもあるし、過去の追い切りの動きを見ても通用する力は十分にあり。東京コースも勝利こそないものの(0.1.1.0)と相性は良い。この仕上がりなら期待十分で。

ニシケンモノノフ ★★★

1/18 栗坂 54.4‐12.3 強目
1/25 栗坂 54.0‐12.1 強目

最終追い切り栗坂54.0‐12.1強目。強目での追い切りで終い12.1と良い伸び。今回の全体時計は2週続けて54秒台で速い時計は出してはこなかったが、この終いの動きなら問題はなし。東京ではあまり良い成績を残していないが、最近の重賞では常に上位を争っているし、力をつけた今なら期待十分で。

ベストマッチョ ★★★

1/11 南W 67.9‐13.9 馬なり
1/18 南W 67.4‐13.6 一杯
1/25 南W 67.1‐13.2 G前

最終追い切り南W67.1‐13.2G前。ゴール前で強く追い切りされて5F全体67.1を記録。普段から追い切りでは時計を出してくる馬ではないが、今回外を周回して好タイムを記録してきたのは好印象。現在5戦して連対を外したことのない安定感は魅力。東京成績も(4.1.0.0)と文句なしの成績。間隔は空いたが、しっかりと乗り込まれているし気配良好。不気味な存在で要注意。

カフジテイク ★★★

1/11 栗坂 56.2‐12.4 強目
1/18 栗CW(81.3)66.2‐13.0 強目
1/25 栗坂 53.6‐12.6 馬なり

最終追い切り栗坂53.6‐12.6馬なり。馬なりでの追い切り、派手な時計ではないが上々の動き。前走チャンピオンズカップでは勝ち馬と0.2秒差の4着と好走。良い末脚を持っているしこれが活きる展開になればかなり怖い存在。5勝している1400mでは当然警戒しておきたい一頭。

ベストウォーリア ★★★

1/11 栗坂 52.7‐13.0 馬なり
1/18 栗坂 52.7‐12.4 一杯
1/25 栗坂 52.6‐12.7 一杯

最終追い切り栗坂52.6‐12.7一杯。一杯での追い切り、1週前と同じくらいの時計を記録。今週は比較的時計が出やすい馬場なのを考えると今週の動きはそこまで評価できない印象。ただ東京は(3.1.2.2)で3勝している得意舞台。適性は文句ないし、当然警戒はしておきたいところ。

コーリンベリー ★★★

1/18 南D 64.8‐12.7 馬なり
1/25 南D 66.4‐12.5 馬なり

最終追い切り南D66.4‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、悪い動きではないが、前走の動きが良かっただけに前走と比較すると少し物足りない印象。ここ最近は良い成績を残しているし注意はしたいが、直線の長い東京コースはベストとは言えない印象。軽視はできないがどうか。

キングズガード ★★

1/12 栗坂 53.6‐12.6 一杯
1/19 栗CW(85.3)69.1‐12.4 一杯
1/25 栗CW(85.2)67.8‐12.5 強目

最終追い切り栗CW(85.2)67.8‐12.5強目。強目での追い切り、1週前よりは時計は出ているがそれでも全体で比べると物足りない時計。また普段は栗坂で追い切りされている馬で、今回は栗CWでの追い切り。これがどう出るか。ここ最近は掲示板を外さない安定感を見せているし無視はできないが、追い切りの動きではそこまで評価できない印象。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^