G3シルクロードS2017☆1週前追い切り!○&▲更新版!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目のレースG3シルクロードSの1週前追い切り情報です。
前回の続きで○&▲評価も追加して紹介します!!

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3シルクロードS・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

1/11 栗坂 51.6‐12.2 一杯
1/19 栗坂 50.5‐12.8 一杯

1週前追い切り栗坂50.5‐12.8一杯。一杯での追い切りで栗坂全体2番時計の好タイムを記録。1週前にも一杯で追い切りされていて全体51秒台を記録。少し間隔は空くが、しっかりと負荷もかけられていて乗り込まれているし好気配。ここ2戦は大敗しているが、昨年のG3阪急杯ではミッキーアイルに0.1秒差の3着と好走しているし通用する力は十分。あと一本良い動きを見ることができたらかなり面白くなりそう。

1/18 栗坂 52.1‐12.3 馬なり

1週前追い切り栗坂52.1‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで好タイムを記録。時計の出にくい馬場でもしっかりとした良い動き。前走G1スプリンターズSでは9番人気3着と激走、力の高さを見せつけてくれた。この時の最終追い切りは栗坂終い11.9とかなりの伸びを見せていた。最終追い切りでも前走位の動きが見られればかなり怖い存在になりそう。

ネロ ★★★★

1/19 栗坂 49.3‐13.4 一杯

1週前追い切り栗坂49.3‐13.4一杯。一杯での追い切りで栗坂全体1番時計と普段と変わらない破格の好タイムを記録。終いは少し時計を要してはいるが、この速い全体時計、そして18日の馬場状態を考えればまったく問題なし。最終追い切りでもこれくらいの動きなら普段通りの力が出せそう。やはり有力。

ローレルベローチェ ★★★★

1/19 栗坂 52.0‐12.2 強目

1週前追い切り栗坂52.0‐12.2強目。強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録、特に終いは12.2と良い伸び。前走淀短距離Sでは7着と敗れはしたが、5ヶ月の休み明け、今回一度使われて動きも良くなっているし現時点で気配良好。前走シルクロードSでは2着と好走していて文句なしの舞台。力も適性もあるしあとは最終追い切りの動きで判断したい。

テイエムタイホー ★★★★

1/19 栗CW(81.5)66.5‐11.5 馬なり

1週前追い切り栗CW(81.5)66.5‐11.5馬なり。大外を周回して全体&終い共に好タイムを記録。特に終いは11.5と抜群の動き。ここ最近の成績を見ると狙いづらいが、追い切りでは毎回かなり動いているし調子自体は悪くないはず。最終追い切りも良い動きをしてくれば押さえてはおきたいところ。

セカンドテーブル ★★★

1/18 栗坂 54.9‐12.3 馬なり

1週前追い切り栗坂54.9‐12.3馬なり。馬なり追い切りで終い12.3と良い伸び。全体時計は速い時計を出してこなかったが、今回中2週でも動きは良いし好気配。京都1200mは前走でも2着と好走している得意舞台。動きも良いし侮れない一頭で。

セイウンコウセイ ★★★

1/21 美坂 55.9‐12.3 馬なり

1週前追い切り美坂55.9‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い動き。前走淀短距離Sで見事勝利、京都は2戦2勝。最近崩れたのも3走前のみ。確実に力をつけているし勢いもあり。今回中2週での競馬、最終追い切りの動きで評価を決めたいところ。

ダンスディレクター ★★★

1/18 栗坂 53.4‐12.4 一杯

1週前追い切り栗坂53.4‐12.4一杯。一杯での追い切り、正直昨年勝利したときほどの迫力はないが、ここ最近は重賞で僅差のレースを続けているしまだまだ通用する力は十分。京都は驚異の5勝。勝利した昨年は最終追い切りで栗坂終い12.1を強目で記録していた。今回も最終追い切りでこれくらいの動きが見られれば。

ブランボヌール ★★

1/12 栗坂 54.5‐12.8 馬なり
1/18 栗坂 55.0‐13.0 馬なり

1週前追い切り栗坂55.0‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今回4ヶ月の休み明けで速い全体時計を出してきていないのは気になるところ。前走スプリンターズSでは11着ながら勝ち馬と0.3秒差、また2走前には先日重賞を勝利したシュウジを破っての勝利と通用する力は十分に見せている。現時点での気配では狙いづらいところではあるが、最終追い切りの動き次第では当然無視できない存在に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^