G2AJCC2017☆最終追い切り!注目の好気配は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目のレースG2AJCCの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2AJCC・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

1/12 栗坂 51.2‐12.9 一杯
1/19 栗坂 50.5‐12.7 一杯

最終追い切り栗坂50.5‐12.7一杯。一杯での追い切りで栗坂全体2番時計の破格の好タイムを記録。前走金鯱賞では11ヶ月の休み明け、3番人気5着と人気を裏切る結果に見えるが、長期休み明けにしては内容も良かった。今回2週続けて一杯で追い切り、1週前&最終追い切りでしっかりと負荷もかけられて時計も出してきたし、前走で増えた体重もこれで絞れてきそう。一度叩かれて間違いなく上積みもあるし、この動きなら当然有力で。

1/15 美坂 57.3‐13.3 馬なり
1/18 南W(80.8)65.7‐13.2 一杯

最終追い切り南W(80.8)65.7‐13.2一杯。6Fから一杯での追い切りで南W5F全体3番時計の好タイムを記録。中1週でこの抜群の動き、またこの時計は外目を周回しての時計で疲れの心配は全く必要なし。前走中山金杯では2着と好走、中山では勝ちこそないもの大崩れはしていないし、斤量も前走より0.5キロ減って57キロ。ここ最近は毎回追い切りで良い動きをしていて力をつけているのは間違いなさそう。この抜群の気配なら今回も当然要注意で。

クリールカイザー ★★★★

1/11 美坂 51.4‐12.8 一杯
1/18 美坂 51.7‐12.1 馬なり

最終追い切り美坂51.7‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体7番時計、そして終いも12.1と抜群の動き。1週前も美坂全体5番時計終いも12.8とかなり良い動きをしていたし今回気配は文句なし。まだ復帰してから複勝圏内には入れていないが、ここ最近は追い切りでもしっかりと動けていて段々と良化している印象。調教師の話ではここを目標にしているとの話もあった。AJCCは2015年に勝利した得意舞台。この抜群の動きなら激走の可能性も多いにありで。

シングウィズジョイ ★★★★

1/5  栗CW(83.5)67.3‐11.7 馬なり
1/11 栗CW(81.7)66.0‐11.8 一杯
1/18 栗CW(81.6)66.7‐12.3 馬なり

最終追い切り栗CW(81.6)66.7‐12.3馬なり。今週も6Fからの追い切り、最終追い切りは1週前ほどの時計は出してこなかったが、今回3週続けて6Fからの追い切り、前走エリザベス女王杯から少し間隔は空いたが動きも良いし心配する必要はなし。前走エリザベス女王杯では2着と激走。過去何度も好調教として紹介してきた馬がついに結果を結びつけてきた。力をつけた今回、当然ここも有力で。

ゼーヴィント ★★★

1/4  南W(82.0)67.5‐12.7 馬なり
1/11 南W(84.8)70.0‐13.3 馬なり
1/18 南W     ‐12.7 一杯

最終追い切り南W終い12.7一杯。一杯での追い切り、上がり中心ではあったが、終いは12.7と良い動きを見せているしこちらも仕上がりは上々で自分の力は出せそう。ここ2戦の重賞ではいずれも2着と好走。前走G3福島記念で古馬相手に好走できたのも好印象。中山は(2.1.0.0)と文句なしの好成績。こちらも当然警戒が必要で。

ショウナンバッハ ★★★

12/31 美坂 51.6‐13.8 馬なり
1/5  美坂 52.9‐12.8 馬なり
1/12  美坂 56.6‐12.1 馬なり
1/19  美坂 52.5‐12.4 強目

最終追い切り美坂52.5‐12.4強目。強目での最終追い切り、全体&終い共に安定した好タイムを記録。ここ2戦は2桁着順と大敗続きではあるが、今回間隔も空けられて、しっかりと乗り込まれていて良い動き。休養効果も見られそう。3走前のオールカマーでは上がり最速で勝ち馬ゴールドアクターと0.4秒差の6着と善戦、力はあるし同舞台のここでも注意しておきたい存在。一変には注意しておきたいところ。

ミライヘノツバサ ★★★

1/18 南W 69.3‐13.0 馬なり

最終追い切り南W69.3‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今回中1週でそこまで速い時計は出して来なかったが、動き自体は悪くないし好調維持と考えて良さそう。中山は(4.1.1.1)と好成績、前走で中山2200mで勝利している点も魅力。相手は強くなるが注意はしておきたい。

ナスノセイカン ★★★

1/12 南W 71.3‐13.0 G前
1/18 南W 67.7‐13.3 一杯

最終追い切り南W67.7‐13.3一杯。一杯での追い切り、特別速い時計ではないが、併せ馬を大きく追走して同入しているし気配は上々。前走は上がり最速での勝利、調子は良いし今回も注意しておきたい。

ルミナスウォーリアー ★★★

1/11 南W 70.9‐13.9 強目
1/18 南W 70.2‐13.5 強目

最終追い切り南W70.2‐13.5強目。強目での追い切り、最終追い切りではそこまで速い時計は出してこない馬、1週前の時計は少し物足りないが、外を周回しての時計で気配は悪くない。前走ディセンバーSで2着と好走、その後重賞を勝利したツクバアズマオーに0.1秒差と僅差の好レースをしたのは魅力。中山成績も(1.3.0.2)と好成績。人気薄でも侮れない一頭。

タンタアレグリア ★★

1/3  南W 71.3‐13.0 G前
1/11 南W 67.5‐13.1 馬なり
1/18 南W(84.8)68.5‐12.6 G前

最終追い切り南W(84.8)68.5‐12.6G前。6Fからの追い切り、終いは12.6と良い動きを披露。ただ普段全体時計も速い時計を出してくる馬、9ヶ月ぶりを考えてももう少し負荷のかかった好タイムが見たかったところ。前走天皇賞春では上がり最速で4着と好走していて実力は文句なしだが、今回の仕上がりはそこまでと言った印象。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^