G3京都2歳S2016☆最終追い切り!評価変動!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

[sc name=”新好調教で目指せ大万馬券!” ]

今回は大注目の一戦G3京都2歳Sの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3京都2歳S・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

11/10 栗CW(86.8)70.3‐11.7 馬なり
11/17 栗CW(85.2)69.1‐11.8 一杯
11/23 栗CW(83.9)68.3‐11.8 馬なり

最終追い切り栗CW(83.9)68.3‐11.8馬なり。今週も6Fから馬なりでの追い切り。中4週でもしっかりと追い切りされているし、3週連続終い11秒台を記録するなど気配はかなり良い印象。初戦の新馬戦では出遅れながらも上がり最速で勝利するなど力の高さを見せた。京都2000mの舞台で勝利できたのも魅力。当然有力の存在で。

アダムバローズ ★★★★

11/16 栗CW(81.7)66.8‐12.0 一杯
11/23 栗坂 54.5‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂54.5‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、今週は全体時計は速い時計を出してこなかったが終いは12.3と良い伸びを見せた。1週前に6Fから一杯で追い切りされているし好気配。新馬戦では2着と敗れはしたが、その後の未勝利戦、500万クラスと連勝して勢いあり。こちらも前走で京都2000mを勝利。気配も良いしこちらも警戒が必要な一頭。

エーティーラッセン ★★★★

11/20 栗坂 59.3‐11.9 強目
11/23 栗CW(87.2)70.3‐11.6 馬なり

最終追い切り栗CW70.3‐11.6馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計は出してこなかったが、終いは11.6と抜群の伸び。この時計は大外を周回してのもので動きはかなり良かった。1週前も栗坂で終い11.9と好タイムを記録しているしこちらも好気配。前走は大差での8着と敗れはしたが、新馬戦では上がり最速を記録。追い切りの動きを見ても良いものを秘めていそう。人気薄でも注意しておきたい。

ソーグリッタリング ★★★

11/20 栗坂 58.9‐14.1 馬なり
11/23 栗坂 52.2‐12.1 一杯

最終追い切り栗坂52.2‐12.1一杯。一杯での追い切りで全体&終い共に好タイムを記録。重馬場でもしっかりとした良い動き。併せ馬を追走して先着もしていて好気配。未勝利からの参戦、相手も強くなるし簡単にはいかなさそうだが、今回デムーロ騎手が騎乗予定。京都での勝利経験もあるし侮れない一頭。

ヴァナヘイム ★★★

11/16 栗CW 67.0‐12.0 馬なり
11/23 栗坂  53.8‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂53.8‐12.5馬なり。終い12.5と良い伸び。前走は2着ではあったが、新馬戦に引き続き2戦連続で上がり最速を記録。末脚は素晴らしいものあり。2戦共に騎乗していた浜中騎手が騎乗停止で乗れないが、この馬の素質はかなりのものあり。警戒しておきたい一頭。

プラチナヴォイス ★★★

11/17 栗CW(85.1)68.9‐12.5 馬なり
11/23 栗CW(84.8)68.3‐11.9 馬なり

最終追い切り栗CW(84.8)68.3‐11.9馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速くないが終いは11.9と良い動き。2走前の未勝利戦ではレコードでの勝利。前走も強い競馬を見せての勝利、京都では2戦2勝と相性も良い。高い力を秘めているしこちらも注意しておきたい一頭。

カデナ ★★★

11/20 栗坂 63.7‐14.4 馬なり
11/23 栗坂 55.1‐12.2 強目

最終追い切り栗坂55.1‐12.2強目。今回速い全体時計は出してこなかったが、動きは悪くない。現在3戦連続上がり最速を記録していて素晴らしい末脚の持ち主。東京に遠征して今回が中2週でのレースで疲れが気になるところではあるが、最終追い切りの動きでは心配する必要はなさそう。

ダノンディスタンス ★★

11/20 栗坂 55.5‐12.9 馬なり
11/23 栗CW(83.4)67.2‐12.2 馬なり

最終追い切り栗CW(83.4)67.2‐12.2馬なり。馬なりでの追い切り。悪い動きではないがそこまで強調できるほどではない印象。前走は京都2000mで3番人気ながら見事勝利。馬体も526キロと良い体をしているし力はありそうで無視はできないが。

ワンダープチュック ★★

11/16 栗CW(85.2)67.7‐12.7 馬なり
11/23 栗坂 54.7‐13.4 強目

最終追い切り栗坂54.7‐13.4強目。強目での追い切りした割に時計は平凡。2走前には京都2000mで2着と好走していて適性はあるし、武豊騎手が騎乗予定。注意はしておきたいが。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^