G1菊花賞2016☆最終追い切り!実力馬の気配は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

[sc name=”新好調教で目指せ大万馬券!” ]

大注目のG1菊花賞の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1菊花賞・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

10/13 栗CW(98.3‐81.4)66.2‐11.5 一杯
10/19 栗CW        ‐11.8 G前

最終追い切り栗CW終い11.8G前。ゴール前で強く追い切りされて終い11.8と良い伸び。1週前に7Fから長めを追い切りされて終い11.5と抜群の動き、負荷もしっかりとかけられているし今週はこれくらいで十分。前走神戸新聞杯を休み明けで勝利。一度叩かれて確実に気配は良くなっている印象。皐月賞3着、ダービー2着と惜しくもまだ一冠も取れていないが、素質は大いにあり。ここで悲願のタイトルを取りたいところ。気配抜群要注意。

プロティガルサン ★★★★

10/6  南W(82.7)67.0‐13.4 馬なり
10/13 南W(82.6)67.6‐12.9 馬なり
10/19 南W(84.0)69.0‐12.3 馬なり

最終追い切り南W(84.0)69.0‐12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週は全体時計は特別速い時計ではないが、終いは12.3と良い伸び。2.1週前と6Fから追い切りされていて今週で3週続けて6Fからとしっかりと追い切りされているし気配は文句なし。前走セントライト記念では3着と敗れたが、勝ち馬のディーマジェスティと同じ上がり3F最速タイをマーク。この馬は昨年2着と好走したリアルスティールの全弟で適性もありそう。通用する力は十分。ここでも要注意の存在で。

ディーマジェスティ ★★★★

10/13 南W 67.2‐12.4 強目
10/19 南W(83.6)66.9‐12.9 馬なり

最終追い切り南W(83.6)66.9‐12.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体16番時計の好タイムを記録。中4週でもしっかりとした良い動き。前走セントライト記念では3ヶ月の休み明けながら見事勝利。力の高さを見せつけたし、不安点といえば輸送くらいか。当然今回も有力の存在。

ジュペルミエール ★★★★

10/12 栗坂 56.6‐12.8 一杯
10/19 栗CW(92.8‐77.8)63.7‐12.5 一杯

最終追い切り栗CW(92.8‐77.8)63.7‐12.5一杯。7Fからの追い切り、内を周回しての時計ではあるが、それでも5F全体63.7は栗CW水曜追い切りの2番時計とかなりの好タイムを記録。現在4戦連続上がり最速を記録するなど絶好調なのは追い切りの動きからみても間違いなし。前走は久々でも良い競馬をしていたし、中2週でこの動き、今回も気配はかなり良い。もちろん相手は強いし、前走よりも斤量が増えるなど不安要素もあるが、現在の勢い、そして今回の動きなら警戒しておきたい一頭。

エアスピネル ★★★

10/13 栗坂 53.0‐12.2 馬なり
10/19 栗坂 51.1‐12.3 強目

最終追い切り栗坂51.1‐12.3強目。強目で追い切りされて水曜の栗坂全体5番時計の好タイムを記録。この世代は強敵ぞろいで結果が出せていないが、間違いなく高い実力の持ち主。前走は5着と満足いく結果ではなかったが、追い切りでの動きもそれほどだった。今回は前走よりも動きが良いし決して無視できない。

カフジプリンス ★★★

10/13 栗CW(82.0)67.6‐13.3 馬なり
10/19 栗CW(96.0‐79.8)65.3‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW(96.0‐79.8)65.3‐12.1一杯。7Fから一杯での追い切り、栗CW水曜追い切りの5F全体13番時計の好タイムを記録。中3週でもしっかりと追い切りされて好気配。前走神戸新聞杯では4着と好走。勝ち馬とも0.5秒差と僅差。長距離適性もありそうで注意しておきたい一頭。

ジュンヴァルカン ★★★

10/13 栗坂 51.9‐12.9 馬なり
10/19 栗P(79.8)62.9‐11.4 馬なり

最終追い切り栗P(79.8)62.9‐11.4馬なり。馬なりで大外を周回して好タイムを記録。1週前の動きも良かったしこちらも好気配。神戸新聞杯回避で久々のレースにはなるが、追い切りではしっかりと動けているし鞍上もデムーロ騎手と魅力。相手は強いが現在2連勝中と勢いもあるし侮れない一頭で。

ミライヘノツバサ ★★★

10/16 美坂 57.9‐13.2 馬なり
10/19 南W 66.6‐12.8 強目

最終追い切り南W66.6‐12.8強目。強目で追い切りされて水曜の南W5F全体12番時計、終いも12.8と良い動き。1000万を勝利しての参戦。当然簡単には行かないが、過去追い切りではかなり良い動きをしている馬で素質は良いものあり。注意はしておきたい。

ミッキーロケット ★★★

10/13 栗坂 52.4‐13.1 馬なり
10/19 栗坂 52.4‐12.7 強目

最終追い切り栗坂52.4‐12.7強目。強目での追い切り、前走ほどの時計は出なかったが、2週続けて上々の好タイムを記録。前走神戸新聞杯ではあと一歩のところで2着。確実に力をつけてきているし、今回も無視できない一頭で。

ジョルジュサンク ★★★

10/13 栗CW(99.7‐82.5)66.8‐12.6 一杯
10/19 栗CW(82.7)66.6‐12.2 一杯

最終追い切り栗CW(82.7)66.6‐12.2一杯。6Fから一杯での追い切り、内目を周回しての時計ではあるが動きは上々。1週前でしっかりと7Fから追い切りされているし気配は良さそう。前走神戸新聞杯では10着と敗れはしたが休み明けでの一戦。一度叩かれて上積みもありそうで注意。

レッドエルディスト ★★★

10/13 栗坂 53.1‐12.7 一杯
10/19 栗坂 52.7‐12.4 一杯

最終追い切り栗坂52.7‐12.4一杯。一杯での追い切り、1週前よりも好タイムを記録、休み明けを叩かれて気配も良くなってきた印象。前走神戸新聞杯では3着と好走。勝ち馬とは0.5秒差、通用する力は十分にあるし注意が必要で。

ウムブルク ★★★

10/13 南W 69.1‐12.9 G前
10/20 南W   ‐12.7 G前

最終追い切り南W終い12.7G前。2週続けて終い12秒台と良い伸び。今週は輸送もあるし上がり中心の追い切り。相手は強化され厳しいレースになりそうだが、連勝の勢いもあるし注意はしておきたい。

マウントロブソン ★★

10/13 南W 68.6‐12.9 一杯
10/19 南W 69.0‐13.4 強目

最終追い切り南W69.0‐13.4強目。強目での追い切り、時計は平凡。普段から時計を出してくる馬ではないが、そこまで強調できる動きではない印象。京都も初めて今回どこまでやれるか。

アグネスフォルテ ★★

10/14 栗CW     ‐12.3 馬なり
10/20 栗CW(84.3)67.8‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(84.3)67.8‐12.0一杯。前走神戸新聞杯ではかなりの好タイムを記録していただけにこの時計は少し物足りないか。調子自体は悪くないはずだが。

レインボーライン ★★

10/13 栗坂 58.3‐13.0 馬なり
10/19 栗坂 58.2‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂58.2‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、今回2ヶ月の休み明けの割に速い時計がないのが気になるところ。前走札幌記念では古馬相手に3着と好走していて通用する力はあるし、注意はしておきたいが、この気配なら重い印は打てないか。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^