G1菊花賞2016☆過去10年データ+α&過去調教分析!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回はG1菊花賞Sの過去10年データ+α&過去10年過去調教分析です。

[sc name=”新好調教で目指せ大万馬券!” ]
G1菊花賞過去10年データ+α

【体重・枠・脚質・間隔】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
%e8%8f%8a%e8%8a%b1%e8%b3%9e%e3%80%80%e4%bd%93%e9%87%8d%e3%80%81%e6%9e%a0%e3%80%81%e8%84%9a%e8%b3%aa%e3%80%81%e9%96%93%e9%9a%94

【人気・オッズ】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
%e8%8f%8a%e8%8a%b1%e8%b3%9e%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%81%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

【前走成績等】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
%e8%8f%8a%e8%8a%b1%e8%b3%9e%e3%80%80%e5%89%8d%e8%b5%b0%e6%88%90%e7%b8%be%e7%ad%89

過去10年データ分析

馬体重480~499キロが6勝と好成績。
1.2枠で5勝内枠は要注意で。
逃げ馬は0勝と不振。
先行馬が(7.3.3.21)と圧倒的な好成績。
後方の馬は(0.2.1.49)と届いていない。
1番人気は(4.1.2.3)で複勝率70%、信頼度は高い。
・ただ2番人気は(0.3.0.7)と不振傾向、波乱要素もあり・
・過去10年今レースの勝ち馬は前走3着以内の馬のみ。大敗馬は厳しい。
前走神戸新聞杯組が(8.7.5.50)で中心はやはりここから。
・過去ディープインパクト産駒は(0.2.1.16)で勝ち馬なし。
・今レースの実力馬のほとんどがディープ産駒、どうなるか注目。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^

44
G1菊花賞・馬券圏内最終追い切りコース

【1着・全10頭】
栗坂  5/10
栗CW 2/10
栗芝  1/10
栗P  1/10
栗DW 1/10

【2着・全10頭】
栗CW 5/10
栗坂  4/10
栗DW 1/10

【3着・全10頭】
栗坂  4/10
栗CW 3/10
南W  2/10
栗DW 1/10

分析

※栗DWは廃止された為、分析から除く。
・勝ち馬は栗坂が5勝と最多。続いて栗CWが2勝
・追い切りコース別馬券成績は栗坂が13/27栗CWが10/27となっている。

今回栗坂&栗CWが好成績、要注意で!

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^