G3小倉記念2016☆最終追い切り!速報です!

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

さて今回はG3小倉記念の最終追い切り情報です。

ではさっそく見ていきましょう。

G3小倉記念・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
7/27 栗CW(81.7)65.5‐11.7 馬なり
8/3  栗CW     ‐11.7 G前

最終追い切り栗CW終い11.7。1週前に引き続き終い11.7と抜群の動き。今回間隔は空いたが、1週前には不良馬場ながら自己ベストに迫る好タイムを記録している。ここ2戦は大敗しているが、動きは前走よりも明らかに良いし好気配。これは要注意で。

ベルーフ
7/27 栗CW(82.0)66.2‐12.4 馬なり
8/3  栗CW(81.8)66.1‐12.2 一杯

最終追い切り栗CW(81.8)66.1‐12.2一杯。一杯で追い切りされて水曜の栗CW5F全体17番時計、そして終いも12.2と抜群の動き。1週前の動きも良かったし、昨年2着の時よりも動きは良い。今回間隔は空いたが、しっかりと乗り込まれているし、また小倉コースは得意舞台。こちらも有力の存在で。

テイエムイナズマ
7/20 栗坂 51.7‐13.0 一杯
7/27 栗坂 51.3‐12.2 一杯
8/3  栗坂 53.2‐12.2 強目

最終追い切り栗坂53.2‐12.2強目。強目での追い切りで終い12.2と良い伸び。2週前&1週前と栗坂全体51秒台を記録しているし、強目での追い切りでの今週の全体時計はこれくらいで十分。最近は重賞では結果を出せていないが、最近の平場では、レースが上手くなってきたし、久々の2000mでも対応できそう。好気配で要注意。

ダコール
7/27 栗坂 54.6‐12.9 馬なり
8/3  栗坂 53.3‐12.8 馬なり

最終追い切り栗坂53.3‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、さすがに前走の時計とまではいかなかったが、この時計でもこの馬にとったら十分好タイム、気配は変わらず良い感じ。ただ今回も斤量58キロと厳しいハンデ。現在4着→2着→4着→2着の繰り返し。この連鎖から抜けて重賞勝利なるか、期待は十分で。

クランモンタナ
7/27 栗坂 51.3‐12.9 一杯
8/3  栗坂 53.2‐12.1 一杯

最終追い切り栗坂53.2‐12.1一杯。2週続けて一杯での追い切り。1週前は栗坂全体51秒台を記録、今週も終いで良い動きを見せていて休み明けでも気配は良好。7歳になったが、衰えは心配無用。昨年の今レースでも4着と好走しているし今年も注意したい。

プランスペスカ
7/27 栗坂 53.7‐13.0 一杯
8/3  栗坂 53.8‐12.8 馬なり

最終追い切り栗坂53.8‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、今回2ヶ月の休み明けながら速い時計が一本もないのは気になるところ。ただこの馬、なんと今回斤量53キロで出走可能。前走鳴尾記念ではレコード決着の中、勝ち馬と0.1秒差の3着と善戦したことを考えるとこの斤量はかなり魅力。決して無視はできない。

エキストラエンド
7/27 栗CW 68.0‐11.8 馬なり
8/3  栗坂  52.0‐12.3 強目

最終追い切り栗坂52.0‐12.3強目。強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。1週前は併せ馬に遅れをとっていたが、今週は追走して先着するなど良い動き。ここ最近は負け続きだが、まだまだ力はあるし注意は必要で。

マーティンボロ
7/28 栗CW(85.5)69.5‐11.8 一杯
8/3  栗CW(83.1)67.7‐12.4 一杯

最終追い切り栗CW(83.1)67.7‐12.4一杯。2週続けて一杯、そして6Fから追い切りされてはいるが、今週は内目を周回しての時計で動き自体はそこまでと言った印象。ただ一度使われて上積みはあるはず、また小倉コースも得意で注意は必要。

メイショウナルト
7/27 栗CW(85.2)68.4‐11.8 馬なり
8/3  栗CW(83.0)67.6‐11.5 馬なり

最終追い切り栗CW(83.0)67.6‐11.5馬なり。馬なりでの追い切り、終いは11.5で好タイムと言いたいところだが、こちらも内を周回しての時計でそこまで評価できない。今回得意の小倉で注意はしておきたいが、8歳、そしてこの動きとなれば強調はできない。

アングライフェン
7/27 栗坂 58.5‐15.1 馬なり
8/3  小ダ   ‐13.1 馬なり

最終追い切り小ダ終い13.1馬なり。馬なりでの終い重点の追い切り。今回中2週でそこまでハードに追い切りする必要はないが、全体もしくは終いで良い時計が見たかったところ。多くの有力馬が休み明けで無視はできないが、追い切りの動きはそこまでといった印象。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^