G3中京記念2016☆最終追い切り!本命候補は!?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はG3中京記念の最終追い切り情報を見ていきます。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今までの各評価の成績はこちらの記事でまとめてありますのでご覧下さい!

ではさっそく見ていきましょう。

G3中京記念・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
7/6  栗CW(80.4)64.7‐12.3 馬なり
7/13 栗CW(82.5)65.2‐11.9 一杯
7/20 栗CW   74.3‐11.8 馬なり

最終追い切り栗CW74.3‐11.8馬なり。馬なりでの追い切り、今週は全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いでは11.8と抜群の伸びを見せた。2週前&1週前としっかりと追い切りされていて、今週は終い重点で十分。中京マイルでの勝利経験もあり、休み明けも苦にしないタイプ。ここは有力で。

マイネルアウラート
7/14 南W 66.7‐12.8 一杯
7/20 南W 69.8‐12.8 馬なり

最終追い切り南W69.8‐12.8馬なり。こちらも全体時計は速くないが、終いは12.8と良い動き。1週前の南Wで好タイムを記録、またこの馬は今回中3週でのレースということを考えれば、今週は速い時計がなくても心配なし。前走は休み明けで見事勝利。一度使われて気配はかなり良くなっている印象。中京コースも合いそうで、警戒が必要。

ダッシングブレイズ
7/14 栗CW(82.1)66.4‐11.9 強目
7/20 栗CW(82.1)66.0‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW(82.1)66.0‐11.7一杯。一杯での追い切り、大外を周回して全体&終い共に好タイムを記録。今回2ヶ月の休み明け、万全の仕上げとは言えない感じだが、今週の一本の動きは良かったし、自分の力は出せそう。力上位のここなら当然好勝負可能。要注意の一頭で。

ケントオー
7/14 栗坂 51.9‐12.4 一杯
7/20 栗坂 52.2‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂52.2‐12.6一杯。2週続けて一杯での追い切り。今週の時計は1週前と比べると少し物足りないと思われるかもしれないが、前走米子Sは最終追い切り栗坂53.3‐12.7一杯で完勝。今回この時よりもしっかりと追い切りされているし、使われているが気配は間違いなく良い感じ。中京では結果は出せていないが、前走の勝ちっぷりを見せられてたら当然怖い存在で。

カオスモス
7/15 栗坂 52.8‐12.0 強目
7/21 栗坂 49.6‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂49.6‐12.6一杯。一杯での追い切りで栗坂全体2番時計の破格の好タイムを記録。ここ最近は結果は出ていないが、この時計を出すことができるあたり、今回気配はかなり良いはず。昨年の中京記念では勝ち馬と0.2秒差の5着と善戦しているし、今年もチャンスはあるはず。追い切りでは毎回かなり動いてくる馬で素質は十分。この追い切りで面白くなってきた一頭。

タガノエトワール
7/14 栗CW(83.9)66.3‐12.0 馬なり
7/20 栗CW(80.2)64.6‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(80.2)64.6‐12.0一杯。外目を周回して、水曜の栗CW5F全体6番時計の好タイムを記録。1週前の時計は内目を周回してのもので評価していなかったが、今週の動きはかなり良い動き。今回、上位陣は休み明けも多いがこの馬は中5週。また今回斤量53キロで出走可能。付け入る隙はあるはず。注意は必要で。

ダノンリバティ
7/14 栗坂 53.6‐12.1 馬なり
7/20 栗坂 53.9‐12.1 強目

最終追い切り栗坂53.9‐12.1強目。強目での追い切りで1週前に引き続き終いは12.1と良い伸び。ただ2走前の六甲Sでは最終追い切り栗坂50.9‐11.9強目と破格の好タイムを記録して勝利、今回3ヶ月の休み明けでこの追い切りの強さ&時計ということを考えれば、ここは叩き台と考えた方が無難か。力はあるし注意はしたいところだが。

トウショウドラフタ
7/13 南W(84.1)68.2‐12.5 馬なり
7/20 南W     ‐12.8 馬なり

最終追い切り南W終い12.8馬なり。今週は終い重点の追い切り。動き自体は悪くなさそうだが、今回の時計を見てもわかるようにそこまで仕上げてこなかった印象。素質はかなりのものを持っているのは間違いないし、当然注意は必要だが、距離の不安も少しあるし、人気するのならそこまで重い印を打つのはどうか。

スマートオリオン
7/13 南W 67.3‐12.8 馬なり
7/20 南W   ‐13.3 馬なり

最終追い切り南W終い13.3馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回してはいるが、今回5ヶ月と長期の休み明け。しかもここ最近の大敗を払拭させるような動きとは言えない印象。今レースの昨年の勝ち馬で余裕があれば押さえてはおきたいが、昨年とは勢いがまるで違うしこちらも上位評価はしづらい。

タガノエスプレッソ
7/13 栗坂 60.1‐13.8 馬なり
7/20 栗坂 52.6‐12.8 一杯

20日に追い切りがあったので更新します。最終追い切り栗坂52.6‐12.8一杯。一杯での追い切り、中2週で一杯というのは評価できるが、一杯での時計が平凡。前走の勝利は見事だったし注意はしたいが、そこまでは強調できない感じ。

最終追い切り栗坂66.9‐14.3馬なり。馬なりで軽い追い切り。もちろん中2週でそこまでハードに追い切りする必要はないかもしれないが、それにしても乗り込み本数も少ないし、また休み明けの叩き2戦目なら速い時計が一本は欲しかったところ。前走の勝利は見事だったが今回、状態はそこまで良くなさそう。当日の馬体重を含めて注意しておきたい。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^