G3函館2歳S2016☆1週前追い切り!要注意馬は!?

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はG3函館2歳Sの1週前追い切り情報を見ていきます。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今までの各評価の成績はこちらの記事でまとめてありますのでご覧下さい!

ではさっそく見ていきましょう。

G3函館2歳S・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
7/15 函W 67.3‐12.7 馬なり

1週前追い切り函W67.3‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動きを見せた。前走は函館1000mの競馬だったが、2着と4馬身差の大差での勝利。追い切りの動きを見ても力を秘めているのは間違いなさそう。1F延長でもやってくれるはず。要注意の存在。

ロイヤルメジャー
7/13 函W 67.2‐12.8 一杯

1週前追い切り函W67.2‐12.8一杯。一杯での追い切りでこちらも好タイムを記録。新馬戦では逃げての勝利。前走は430キロと小柄ながら最後まで脚が衰えないままゴール。強い競馬を見せていたし、今回も当然警戒が必要な一頭。

ルイ
7/17 栗坂 49.1‐13.2 一杯

17日に栗坂49.1‐13.2一杯。他の馬とは違う追い切りの日ではあったが、それでも全体49.1は破格の好タイム。新馬&未勝利で勝ちはないが、2戦共に現在リーディングの戸崎騎手が騎乗していたし、かなりの力を秘めているのは追い切りの動きを見ても明らか。結果は出ていないが、注意は必要。

モンドキャンノ
7/13 函W 68.3‐12.7 馬なり
7/17 函W 69.8‐12.8 馬なり

13日に函W68.3‐12.7馬なり。1週前の17日にも函W69.8‐12.8馬なり。全体時計では速い時計は出してこなかったが、続けて函W終い12秒台を馬なりで記録してくるあたり、かなりの力を秘めている。前走新馬戦では上がり最速で勝利、またその時の2着馬が次走で圧勝。今メンバーで力上位は明らか。最終追い切りであと一本良い動きを見ることができれば当然上位評価で。

レヴァンテライオン
7/16 函W   ‐12.7 馬なり

1週前追い切り函W終い12.7馬なり。上がり中心だが、外を周回して終い12.7と良い動きを見せた。こちらも前走の2着馬がすぐに勝利していて、今回実力は上位と考えて良さそう。今回の追い切りも抜群の動きで気配良好。こちらも当然警戒が必要で。

フクノクオリア
7/15 函W   ‐13.1 馬なり

1週前追い切り終い13.1馬なり。馬なりでの追い切り、12秒台とまではいかなかったが、それでも外目を周回しての良い動き。新馬戦では3着と敗れはしたが、その後の未勝利戦ではしっかりと勝利。函館で2戦している経験は大きいはずで注意が必要。

ザベストエバー
7/15 函W   ‐13.5 強目

1週前追い切り函W終い13.5強目。強目での追い切りで終い13.5を記録。特別強調できる動きではないが、間隔も詰まっているし、1週前ならそこまで心配する必要はなし。前走は1000mで距離延長にはなるが、力はありそうで注意しておきたい。

この他にも1週前追い切りをしていない実力馬が多数!

新馬戦2着ながら、続く未勝利戦で上がり最速で圧勝したドゥモワゼル
新馬戦は福島ながら強い競馬で勝利したバリンジャー
函館の新馬戦で上がり最速で勝利したラーナアズーラ

上記の3頭の最終追い切りにも要注目です!!

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^