G3函館記念2016☆1週前追い切り!~先日の続編~

GⅢ1週前追い切り
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は昨日の続きを公開していきます!

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今までの各評価の成績はこちらの記事でまとめてありますのでご覧下さい!

今回はG3函館記念の1週前(2週前)追い切り情報の続きです。

G3函館記念・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
6/29 南W 66.6‐13.1 一杯
7/6  南W 65.6‐12.9 一杯

2週前追い切り南W66.6‐13.1一杯。1週前追い切り南W65.6‐12.9一杯。一杯での追い切り、2週前&1週前で好タイムを記録。1週前追い切りでは併せ馬を2.3秒追走して同入するなど抜群の動き。内目での時計ではあるが、2週続けてこれだけしっかりと動けているあたり気配はかなり良い感じ。年明け初戦の中山金杯で2着、続くAJCCでは4着と好走。その後は使われすぎた影響か惨敗。中山金杯では追い切りでしっかりと好タイムを記録して好走しているし、今回同様に好タイムを記録している。要注意で。

トーセンレーヴ
6/30 栗CW(82.1)65.5‐11.6 一杯
7/7  栗CW(83.3)66.5‐12.1 強目

2週前追い切り栗CW(82.1)65.5‐11.6一杯。1週前追い切り栗CW(83.3)66.5‐12.1強目。1週前の動きも良かったが、2週前は栗CW5F全体21番時計、そして終い11.6と抜群の動き。前走は18着と敗れはしたが、相手も強かったし、今回相手関係も楽になる。昨年末は2連勝の後、有馬記念では勝ち馬と0.3秒差の6着と善戦。実績上位は間違いなし。少し間隔が空いている為あと一本良い動きを見ることができればかなり怖い存在になりそう。

マイネルミラノ
7/10 函W 69.7‐12.4 馬なり

1週前追い切り函W69.7‐12.4馬なり。馬なり追い切りで終い12.4と良い伸び。全体時計は平凡に見えるが大外を周回してのもの、また中4週ということを考えれば仕上がりは引き続き良い感じ。前走エプソムカップではゴール前まで逃げて3着と好走。馬体重も増えて好走、明らかに気配良好。函館勝利経験もあるし今回も当然要注意で。

トゥインクル
7/6 函W 67.2‐12.5 一杯

1週前追い切り函W67.2‐12.5一杯。一杯での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。2ヶ月半の休み明けにはなるが、現時点で気配は良い感じ。今回距離短縮が鍵となりそう。距離は違うが函館は(1.1.0.0)と好相性。あと一本良い追い切りを見ることができれば注意すべき存在に。

ファントムライト
7/6 函芝(82.2)668.8‐12.7 馬なり
7/9 函W 67.2‐12.7 一杯

6日に函芝(82.2)668.8‐12.7馬なり。9日に函W67.2‐12.7一杯。1週前追い切り函芝(82.2)668.8‐12.7馬なり。6日の時計は物足りなかったが、9日に外目を周回して好タイムを記録。重賞では好走実績もあり、最終追い切り次第では怖い存在に。

ネオリアリズム
7/10 函W 71.8‐13.0 馬なり

1週前追い切り函W71.8‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回してのもので動き自体は悪くない。ただ5ヶ月の休み明けということを考えればもう少し速い時計が一本は欲しいところ。前走は先日勝利したアルバートドッグに0.1秒差と僅差の3着と好走。力はあるし注意したい。

ダービーフィズ
7/9 函W    ‐14.2 馬なり

1週前追い切り函W終い14.2馬なり。1週前は軽目の追い切り。ここ最近は結果が出ていないが、昨年の今レースでは見事勝利。洋芝適性は高いし、今回も当然無視はできない。昨年の最終追い切りは函W67.9‐12.7馬なりと好タイムを記録していた。今回も最終追い切りでこれくらい出せれば。

レッドレイヴン
※現時点で追い切り情報なし。

中1週の為か追い切り情報なし。前走巴賞で上がり最速タイで見事勝利。休み明けであの強い競馬、一度使って上積みも十分。函館も(2.1.0.2)と好舞台。最終追い切り次第では当然上位評価まで。

マテンロウボス
※現時点で追い切り情報なし。

現時点で追い切り情報なし。前走巴賞ではこちらも上がり最速タイで、2着と好走。レッドレイヴンに敗れはしたが、大外からの末脚は凄かった。今回レッドレイヴンと斤量も2キロ軽い。距離も心配なさそうで注意しておきたい存在で。

ツクバアズマオー
※現時点で追い切り情報なし。

現時点で追い切り情報なし。こちらも前走巴賞で3着と好走。ここ最近は成績も安定してきたし函館も得意。こちらもマテンロウボスと同じく斤量55キロで出走可能。侮れない一頭で。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^