G3七夕賞2016☆最終追い切り!評価変動!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG3七夕賞です。

ではさっそく最終追い切り情報を見ていきましょう。

G3七夕賞・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
6/29 栗坂 56.1‐12.5 馬なり
7/6  栗坂 50.3‐13.0 一杯

最終追い切り栗坂50.3‐13.0一杯。一杯での追い切りで栗坂全体2番時計の破格の時計を記録。またこの全体時計は8歳にしてなんと自己ベストの好タイム。今回も斤量は58キロ厳しいが、ここ3戦は58キロを背負いながら好走続き。力上位は間違いなし、この追い切りで見過ごすことのできない一頭に。要注意で。

ステラウインド
6/30 美坂 52.7‐12.1 馬なり
7/6  美坂 53.0‐12.5 強目

最終追い切り美坂53.0‐12.5強目。強目での追い切りで美坂全体15番時計の好タイムを記録。1週前も美坂全体10番時計で終い12.1と良い動きをしていたし気配は文句なし。ここ最近は3戦連続2桁着順と大敗しているが、七夕賞は昨年2着と好走している得意舞台。条件が替わって注意の一頭。現時点での予想オッズでも人気薄そうで妙味あり。

バーディイーグル
6/29 南W(86.0)69.9‐13.2 馬なり
7/6  南W   66.0‐12.5 馬なり

最終追い切り南W66.0‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体8番時計の好タイムを記録。中5週でも、1週前には6Fから、最終追い切りでもしっかりと追い切りされていて、前走に引き続き好気配。前走勝利して勢いもあるし、今回斤量54キロで出走可能。これはかなり面白くなってきた。

オリオンザジャパン
6/29 南P   ‐12.5 馬なり
7/6  美坂 53.2‐12.4 馬なり

最終追い切り美坂53.2‐12.4馬なり。馬なり追い切りで全体&終い共に好タイムを記録。こちらも気配はかなり良い。前走は4着と敗れはしたが、出遅れが響いたし、最後はしっかりと追い込んできているし参考外。今回鞍上の乗り替わりもプラスにでそうだし、こちらも斤量53キロと魅力十分、通用する力は十分にありそう、要注意で。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

アルバートドッグ
6/30 栗CW(80.5)65.0‐11.8 一杯
7/6  栗CW(85.7)68.6‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(85.7)68.6‐12.0一杯。一杯での追い切りで内目を周回しての時計、今週の動きは少し物足りない印象。ただ今回、中3週でのレース、そして1週前の動きはかなり良かったということを考えれば特に気にする必要はないかもしれない。あとは57キロの斤量さえ克服できれば。

シャイニープリンス
6/22 南W 66.4‐12.9 馬なり
6/29 南W 72.0‐14.1 馬なり
7/6  南W 69.2‐12.9 馬なり

最終追い切り南W69.2‐12.9馬なり。馬なり追い切りで終いは12.9と好タイムを記録。2週前の動きは良かったし、気配は悪くないと思うが、今回2ヶ月の休み明けでの1週前&最終追い切りの全体時計が少し気になるところ。前走新潟大賞典で8番人気ながら3着と好走しているし当然警戒はしておきたいが。

マイネルラクリマ
6/30 南W(83.3)67.2‐13.1 一杯
7/6  南W   68.3‐12.9 一杯

最終追い切り南W68.3‐12.9一杯。一杯での追い切り、全体時計は速くはないが、大外を周回してのもので動きは良い感じ。ここ最近は重賞で大敗続きだが、福島コースは(2.1.1.0)と得意舞台。福島なら当然見直しが必要で。

ヤマニンボワラクテ
6/29 栗坂 54.2‐12.2 強目
7/6  栗坂 52.5‐12.1 一杯

最終追い切り栗坂52.5‐12.1一杯。一杯での追い切りで全体&終いで良い動き。今回2ヶ月の休み明けだが、気配は良い感じ。前走天皇賞春では大敗したが、福島コースは(2.1.1.0)と複勝圏内を外したことなし。今回相手は強くなるが、得意コースで注意が必要。

マジェスティハーツ
6/30 栗CW(84.7)68.5‐12.6 馬なり
7/6  栗CW(82.7)66.4‐11.7 強目

最終追い切り栗CW(82.7)66.4‐11.7強目。強目での追い切り、ただ今回最内を周回しての時計。中4週で間隔は詰まっているが、今回の動きでは少し強調しづらいところ。

ルミナスウォリアー
7/6 南W 69.7‐13.7 一杯

最終追い切り南W69.7‐13.7一杯。一杯での追い切り、中2週とは言え、併せ馬にも遅れを取って、なおこの平凡な時計。現在2連勝中で勢いはあるはずだが、この動きでは狙いづらい。当然押さえてはおきたいところだが、軸にするにはどうか。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^