平場予想

G1宝塚記念2016☆予想!阪神&東京&函館平場レースも!

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG1宝塚記念と阪神&東京&函館平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

G1宝塚記念過去データはこちらから!

以前の記事G1宝塚記念の1週前&最終追い切りで、
[clink url=”http://daimanbaken.com/2016/06/22/oikiri-301/”]

上記で本命候補になった馬は、

・キタサンブラック
・ラストインパクト
・アンビシャス
・サトノノブレス
上記の4頭。

アンビシャスは栗坂、残りのキタサンブラック、ラストインパクト、サトノノブレスは栗CWでの追い切り。

4頭共に素晴らしい動きで好タイムを記録。だがこの中でも何週も前からハードに追い切りされていたのはキタサンブラック。2週前から栗CWで7Fから追い切りされていて気配は文句なし。
アンビシャスも2週続けて栗坂全体51秒と好タイムを記録、こちらも休み明けでも走れそうな好仕上がり。

大阪杯ではアンビシャスがキタサンブラックにクビ差で勝利。ただこの時アンビシャスはキタサンよりも2キロ軽い斤量。力はキタサンブラックに軍配と予想。

今回キタサンブラックは2枠3番と好枠をゲット。今回は簡単に逃げさせてはくれなさそうだが、それでもここ最近の充実度を考えればそんな心配は無用。

ここは充実度、高い能力を信頼してこの馬で勝負します。

上記の理由により本命は、
キタサンブラックで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※今年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1宝塚記念・予想
2016 宝塚記念 調教評価

キタサンブラック
何週も前からしっかりと追い切りされて気配は文句なしで万全の仕上がり。ここ最近の逃げのレースは目を見張るもの。今回も当然有力で要注意。

ドゥラメンテ
本命候補にはいれなかったが、普段から追い切りではあまり動いてこない馬。それでも南Wの終いで12秒台を記録しているし気配は良い。力上位は間違いなし、地力で圧勝の可能性も大いにあるし当然警戒で。

アンビシャス
1週前&最終追い切り栗坂で好タイムを記録。今回休み明けではあるが、しっかりと追い切りもされて好気配。通用する力は十分。斤量さえ克服できれば。

ラストインパクト
1週前&最終追い切り栗CWで素晴らしい動きで好タイムを記録。特に1週前は7Fから追い切りされて終い11.7と抜群の動き。海外明けのレースにはなるが追い切りの動きはかなり良い。オッズの妙味もあるし面白い存在で。

サトノノブレス
最終追い切り栗CWで今メンバー一番の素晴らしい好タイムを記録。重馬場でのこの動き。ここ最近は充実したレース内容。間隔は詰まっているが、この最終追い切りの動きなら心配無用。こちらもかなり不気味な存在で。

ステファノス
最終追い切り栗CWで良い動き。前走鳴尾記念では半年ぶりのレースで2着と地力の高さを見せつけた。今回叩き2戦目で確実に上積みもあるだろうし、ここは人気薄でも注意が必要。

ヤマカツエース
最終追い切り栗CWでかなりの好タイムを記録。前走は大敗してしまったが、こちらも休み明けでのレース。一度使われて状態は上がってくるはず、気配も良いし押さえておきたい。

ワンアンドオンリー
最終追い切り栗CWで上々の良い動き。阪神は好相性の舞台で注意しておきたい。

シュヴァルグラン
追い切りでは派手な動きではないが、まずまずと言ったところ。ここ最近の安定感は抜群。相手が強くなるここでも侮れない。

ラブリーデイ
栗CWで良い動きを披露。昨年と比べると勢いは劣るが、なんと言っても昨年の勝ち馬。気配は悪くないし軽視は危険。注意は必要で。

トーホウジャッカル
1週前&最終追い切り栗坂の終いで好タイムを記録。最近の中では1番良い気配。調子も段々と上げてきている印象、ここでも注意したい。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。
2016年度通算成績はこちらで公開しています。

さっそく見ていきましょう。

26日開催平場レース好調教馬
阪神開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬

【阪神1R】
チュウワフェザー(栗坂)

【阪神5R】
アカカ(栗坂)

アカカは、1週前追い切り栗坂51.9‐13.0馬なりの好タイムを記録。最終追い切りも栗坂で良い動きをしているし高い力を秘めていそう、ここはいきなり注目で。

【阪神7R】
人気ブログランキングへ→1(栗CW)
サンデーウィザード(栗CW)

人気ブログランキングへ→1は、2週前&1週前栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録。最終追い切りも終いで良い動き。しっかりと乗り込まれているし休み明けでも心配無用。力上位は間違いないしここは注目で。

【阪神8R】
ヤマカツボーイ(栗CW)

【阪神9R】
人気ブログランキングへ→2(栗CW)
フルールシチー(栗坂)

人気ブログランキングへ→2は、最終追い切り栗坂50.3‐12.5一杯。一杯で追い切りされて栗坂全体2番時計の好タイムを記録。文句なしの好気配。53キロなら期待大で。

【阪神10R】
モルトベーネ(栗坂)
ブラインドサイド(南W)

【阪神12R】
ヨシオ(栗坂)

東京開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬
【東京1R】
ムチャチャマヒカ(美坂)

【東京2R】
カブキモノ(南W)

【東京3R】
ボーントゥレイン(南W)
レオイノセント(美坂)
ダイヤモンドソウル(南W)

【東京5R】
タイセイサルート(南W)
ウインブライト(美坂)
バトルエニシ(美坂)
ジェネスレーヴ(南W)

タイセイサルートは、最終追い切り南W64.3‐14.2一杯。終いは14.2と少し時計を要したが、それでも5F64.3は南W5F全体1番時計の破格の時計。ここは現時点で人気もないし妙味十分で。
ウインブライトは、最終追い切り美坂52.1‐12.7強目。強目で追い切りされて美坂全体4番時計の好タイムを記録。これはかなりの素質を秘めている印象。要注目で。
バトルエニシは、最終追い切り美坂52.2‐12.6一杯。一杯での追い切りで美坂全体6番時計の好タイムを記録。こちらも坂路で素晴らしい動き。面白い一頭で。
ジェネスレーヴは、最終追い切り南W67.8‐12.2G前。終い12.2と絶好の動きを見せた。1週前も南W終い12.6と良い伸びを見せているしこちらも素質十分、侮れない存在。

【東京7R】
ブロンディジェニー(南W)

【東京8R】
人気ブログランキングへ→3(南W)
ハイアーヴェルト(美坂)

人気ブログランキングへ→3は、1週前に南Wで6Fから追い切りされて好タイムを記録。距離短縮はプラス材料。非常に怖い存在。

【東京10R】
スティンライクビー(南W)

【東京11R】
ミッキーラブソング(栗坂)
マイネルアウラート(栗CW)
フレイムヘイロー(美坂)
カオスモス(栗坂)

ミッキーラブソングは、最終追い切り栗坂52.1‐12.5強目。強目での追い切り、特別速くはないが、中3週でこの動きなら心配無用。ここ最近の充実度は素晴らしい。連勝も十分で。

【東京12R】
人気ブログランキングへ→4(南W)

人気ブログランキングへ→4は、最終追い切り南W67.0‐12.4馬なり。馬なりで終い12.4と抜群の動き。今回叩き2戦目で上積みも十分。内枠で前で競馬ができそう、有力で。

函館開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬
【函館6R】
ビービーブレスユー(函W)

【函館10R】
ブレイクザポケット(函W)

【函館11R】
アドマイヤゴッド(函W)
レッドルモンド(函W)

アドマイヤゴッドは、最終追い切り函W66.3‐13.5一杯。一杯で追い切りされて良い動き。距離短縮で期待十分。

[sc:+α 下段 通常 ]