G1宝塚記念2016☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

G1最終追い切り 2
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

さて今回は大注目のG1宝塚記念の最終追い切り情報です。
最終追い切りで評価を上げてきたのはどの馬か!?

さっそく見ていきましょう。

G1宝塚記念・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
6/8  栗CW(97.3‐80.4)64.6‐12.1 一杯
6/11 栗CW   (81.1)65.3‐11.2 強目
6/15 栗CW(98.1‐81.6)65.9‐12.0 G前
6/22 栗CW(97.8‐81.6)66.7‐12.2 馬なり

最終追い切り栗CW(97.8‐81.6)66.7‐12.2馬なり。今週も7Fからの追い切り、5F時計66.7というのはこの馬にしてはそこまで速い時計ではないが、今週は重馬場だったし、また2週前&1週前もしっかりと7Fから負荷をかけられているし心配無用。大阪杯では2着と敗れはしたが、この時は斤量も他の馬と比べて2キロ重かった。ここ3走は逃げて複勝圏内を外したことのない安定感。力上位は間違いないし、ハードに追い切りされてきたここでもやはり注目。

ラストインパクト
6/9  栗坂 61.4‐14.9 馬なり
6/15 栗CW(97.9‐81.8)65.7‐11.7 一杯
6/22 栗CW   (83.2)66.5‐11.9 一杯

最終追い切り栗CW(83.2)66.5‐11.9一杯。一杯で追い切りされて全体&終いで好タイムを記録。今回海外明けのレースにはなるが、1週前&最終追い切りとしっかりと長めから追い切りされて、良い動きをしているし心配する必要はなし。ジャパンカップ2着の実績もあり。今回気配はかなり良いし、オッズ的にも妙味がありそうで面白い存在。

アンビシャス
6/9  栗坂 53.5‐12.4 一杯
6/15 栗坂 51.2‐12.9 一杯
6/22 栗坂 51.2‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂51.2‐12.6一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体7番時計の51.2秒と好タイムを記録。重馬場ながら終いの時計も1週前よりも速い時計を記録。3週続けて一杯で追い切りされてしっかりと負荷もかけられている。前走大阪杯では実力馬に勝利、今回前走よりも斤量は2キロ重くなるが、阪神成績は(2.0.1.0)と好相性。気配も文句なしで当然警戒が必要な一頭で。

サトノノブレス
6/19 栗坂 56.7‐12.7 強目
6/22 栗CW(81.4)65.5‐11.6 一杯

最終追い切り栗CW(81.4)65.5‐11.6一杯。6Fから一杯で追い切りされて終い11.6と抜群の伸び。5F全体時計も今メンバーで1番速い時計。前走かなりハードに追い切りされていてお釣りはなさそう?だと1週前時点では思っていたが、この追い切りを見て評価上昇。この馬場でこの素晴らしい動き。確実に力をつけてきているし、今回も要注意で。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

ドゥラメンテ
6/6  南W 69.2‐12.9 馬なり
6/16 南W 67.4‐12.4 G前
6/22 南W 68.9‐12.5 馬なり

最終追い切り南W68.9‐12.5馬なり。全体時計は速くないが、終いは12.5と素晴らしい伸び。正直追い切りでは普段から時計を出してくる馬ではないし、判断が難しいところ。今回そこまで負荷もかけられてはいない印象だが、それでも終いの動きはさすがで、海外明けでも自分の力は出せそうな仕上がりといった印象。地力で勝利も十分考えられるしここはやはり無視できない。

ステファノス
6/16 栗坂 55.1‐14.0 馬なり
6/22 栗CW(84.4)67.0‐12.0 馬なり

最終追い切り栗CW(84.4)67.0‐12.0馬なり。外目を周回して馬なりでの追い切り。特別速い時計ではないが、今週の馬場、中2週、そして終いの伸びを考えれば気配はかなり良い感じ。前走半年ぶりで2着と好走、地力は高いものあり、今回叩き2戦目で上積みも十分。こちらもかなり面白くなりそうで。

ヤマカツエース
6/19 栗坂 59.7‐13.6 馬なり
6/22 栗CW(81.5)65.8‐11.7 強目

最終追い切り栗CW(81.5)65.8‐11.7強目。強目で追い切りされて全体&終い共にかなりの好タイムを記録。前走は1番人気6着と敗れはしたが、休み明けでのレース。こちらも上積みはあるし、気配も良いし注意は必要で。

ラブリーデイ
6/9  栗CW(82.9)67.7‐11.9 一杯
6/16 栗CW(83.2)67.4‐11.7 強目
6/22 栗CW(83.2)67.5‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(83.2)67.5‐12.0一杯。今週も6Fから一杯での追い切り、時計は少し物足りないが動きは悪くない。2週前&1週前でしっかりと6Fから追い切りされているし気配は良好。昨年の好走時と追い切りが全然違うのは少し気になるが、負荷もしっかりとかけられているし、なんといっても昨年の勝ち馬。今年も当然注意が必要で。

カレンミロティック
6/8  栗坂 55.0‐13.7 馬なり
6/15 栗CW(81.6)65.6‐12.7 馬なり
6/22 栗坂 52.8‐12.2 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐12.2一杯。一杯での追い切り、ここ最近坂路ではあまり動く印象はないが、終い12.2と良い伸びを見せた。ただ2着と好走した時の2014年宝塚記念の最終追い切りは栗坂51.5‐12.4一杯でやはりこの時と比べると物足りないか。ただ前走天皇賞春で2着と好走しているし展開次第では上位の可能性も十分。注意で。

シュヴァルグラン
6/8  栗CW(84.0)67.9‐13.4 一杯
6/15 栗CW(84.7)68.8‐12.3 一杯
6/22 栗CW(82.2)67.0‐12.3 馬なり

最終追い切り栗CW(82.2)67.0‐12.3馬なり。時計はこの馬にしては好タイムだが、これは内を周回してのもの。追い切りではそこまで強調はできない印象。ただ阪神実績は十分で、また前走天皇賞春で58キロを背負って3着と好走したのは大きい。通用する力はもちろんあり、怖い存在なのは間違いなし。

マリアライト
6/12 南W 72.4‐13.0 馬なり
6/15 南W(83.6)67.4‐12.7 G前
6/22 南W(87.0)70.8‐12.9 馬なり

最終追い切り南W(87.0)70.8‐12.9馬なり。馬なりでの追い切り、終いはさすがの脚だが、間隔が詰まってるにしても全体時計は少し物足りない感じ。大外の有馬で4着と好走。牡馬相手でも通用する力はあるし当然警戒は必要だが。

トーホウジャッカル
6/8  栗坂 53.1‐12.5 強目
6/16 栗坂 53.4‐12.1 一杯
6/22 栗坂 52.8‐12.2 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐12.2一杯。一杯での追い切りで終いは12.2と良い動きを見せた。ここ最近は坂路であまり動いてこなかったが、今回の動きは悪くない。阪神は(0.0.1.2)と相性が良くないのは気になるが、注意はしておきたいところ。

タッチングスピーチ
6/15 栗坂 52.0‐12.8 一杯
6/22 栗坂 52.8‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂52.8‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速くはないが終い12.3は良い動き。前走は6着と敗れはしたが、今回中3週でこの動きなら気配は良い感じ。注意は必要で。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^