G1宝塚記念2016☆1週前追い切り!本命候補は!?

G1・1週前追い切り 2
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

18.19日開催は平場レースで好調教馬が活躍してくれました。
詳しい結果は後日更新します。

さて今回は大注目のG1宝塚記念の1週前追い切り情報です。
好気配、現時点での本命候補はどの馬か!?

ではさっそく見ていきましょう。

G1宝塚記念・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
6/8  栗CW(97.3‐80.4)64.6‐12.1 一杯
6/11 栗CW   (81.1)65.3‐11.2 強目
6/15 栗CW(98.1‐81.6)65.9‐12.0 G前

1週前追い切り栗CW(98.1‐81.6)65.9‐12.0G前。7Fから追い切りされて全体&終い共に好タイムを記録。普段通りの長めから追い切りされて抜群の動き。この馬のすごいところは長めに追い切りされても終いで11秒近くの時計を毎回記録してくるところ。ファン投票1位。人気だけではなく高い実力も持っている素質馬。今回も大注目で。

ラストインパクト
6/9  栗坂 61.4‐14.9 馬なり
6/15 栗CW(97.9‐81.8)65.7‐11.7 一杯

1週前追い切り栗CW(97.9‐81.8)65.7‐11.7一杯。7Fから一杯で追い切りされて終い11.7とこちらも文句なしの動き。ジャパンカップで2着と好走していて通用する力は十分。この時の追い切りは1週前&最終追い切りで終い11.7&11.6を記録していた。最終追い切りでもこれに近い時計がでれば当然怖い存在へ。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

ドゥラメンテ
6/6  南W 69.2‐12.9 馬なり
6/16 南W 67.4‐12.4 G前

1週前追い切り南W67.4‐12.4G前。ゴール前で強目に追い切りされて終い12.4と素晴らしい伸び。併せ馬のサトノクラウンを大きく追走して先着するなどこちらも気配はかなり良い感じ。最終追い切りでも南Wで終い12秒前半を見ることができればいつも通りの力が出せそう。今まで連対を外したことのない素質馬。やはり有力の一頭で。

アンビシャス
6/9  栗坂 53.5‐12.4 一杯
6/15 栗坂 51.2‐12.9 一杯

1週前追い切り栗坂51.2‐12.9一杯。一杯で追い切りされて栗坂全体51.2と好タイムを記録。終いは12.9と少し時計を要したが一杯でしっかりと追い切りされているし気配は良い。今回間隔は少し空いたが、最終追い切りであと一本良い動きを見ることができれば良い状態で出走できそう。

ラブリーデイ
6/9  栗CW(82.9)67.7‐11.9 一杯
6/16 栗CW(83.2)67.4‐11.7 強目

1週前追い切り栗CW(83.2)67.4‐11.7強目。6Fからの追い切りで終い11.7と良い伸び。ここ最近は複勝圏内には入れていないが、大きく崩れてもいないしまだまだ通用する力は十分。昨年の今レースの勝ち馬で舞台適性は文句なし。現時点での気配もかなり良いし、今回も当然有力で。

マリアライト
6/12 南W 72.4‐13.0 馬なり
6/15 南W(83.6)67.4‐12.7 G前

1週前追い切り南W(83.6)67.4‐12.7G前。今回間隔は空いていないが、それでも普段通り6Fからしっかりと追い切りされている点は好印象。牡馬相手でも好走している馬。素質はかなりのものを持っているし、好走してもおかしくないし注意で。

カレンミロティック
6/8  栗坂 55.0‐13.7 馬なり
6/15 栗CW(81.6)65.6‐12.7 馬なり

1週前追い切り栗CW(81.6)65.6‐12.7馬なり。馬なり追い切りで上々の好タイムを記録。2014年の宝塚記念で2着に好走したのが記憶に新しいところ。8歳にはなったが、前走天皇賞春で2着と好走しているし衰えは気にしなくても良い。最終追い切り次第では怖い存在に。

シュヴァルグラン
6/8  栗CW(84.0)67.9‐13.4 一杯
6/15 栗CW(84.7)68.8‐12.3 一杯

1週前追い切り栗CW(84.7)68.8‐12.3一杯。普段から時計を出してくる馬ではないが一杯での追い切りにしては少し物足りない動き。天皇賞春で3着と好走、力はあるし最終追い切りの動きには注目しておきたい。

トーホウジャッカル
6/8  栗坂 53.1‐12.5 強目
6/16 栗坂 53.4‐12.1 一杯

1週前追い切り栗坂53.4‐12.1一杯。全体時計は平凡だが、終いの12.1は好タイム。活躍してた頃は栗坂で好タイムを記録していた。ここ最近は追い切りではあまり動いてこないし、特別強調はできない感じ。力はあるはずで注意は必要だが。

ステファノス
6/16 栗坂 55.1‐14.0 馬なり

1週前は軽目の追い切り。前走鳴尾記念では半年の休み明けながら2着と好走。地力の高さを見せてくれたし、今回上積みも十分。最終追い切り栗CWで終い11秒台を見ることができればかなり面白くなりそう。

サトノノブレス
6/19 栗坂 56.7‐12.7 強目

1週前は栗坂で速い時計はなし。間隔も詰まっているし今週はこれくらいで十分。最終追い切りはおそらくCWだろう、最近は最終追い切り栗CWで6Fから追い切りされて終いの脚もしっかりとしている。今週の最終追い切りでもこの終いの動きを見ることができれば。

現時点では上記のような評価に!!
最終追い切りでどの馬が評価を上げてくるか要注目です!

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^