G3ユニコーンS2016☆最終追い切り!本命候補変動!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG3ユニコーンSの最終追い切りを見ていきます。

さっそく見ていきましょう!

G3ユニコーンS・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
6/9   栗坂 51.8‐12.2 強目
6/15 栗坂 51.4‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂51.4‐12.2馬なり。馬なり追い切りで水曜日の栗坂全体13番時計、そして終いは12.1と抜群の伸びを見せた。1週前も栗坂全体51秒台を記録していたし気配は文句なし。前走は4着と敗れはしたが、最後盛り返す力を見せてくれたし高い能力を秘めているのは間違いなさそう。相手は強いがこの動きなら期待十分、要注意の一頭で。

ピットボス
6/8   栗CW(98.0‐81.1)65.6‐12.1 馬なり
6/15 栗CW(95.5‐79.2)64.3‐12.6 一杯

最終追い切り栗CW(95.5‐79.2)64.3‐12.6一杯。7Fから一杯で追い切りされて水曜の栗CW5F全体6番時計の好タイムを記録。1週前も栗CWで7Fから追い切りされていた。しっかりと負荷もかけられて気配はかなり良い。今回相手は強くなるが、ここ2戦は上がり最速で連続好走。勢いもかなりあるしこれだけ動けたら当然警戒が必要。オッズ的にも妙味がありそう。出走してきたら要注意で。

ヤマイチジャスティ
6/9   南W(79.8)65.1‐13.3 馬なり
6/15 南W   69.9‐12.9 一杯

最終追い切り南W69.9‐12.9一杯。一杯での追い切り、全体時計は速くないが、大外を周回してもの。終いは12.9と良い動きを見せていたし、1週前の動きは抜群で気配良好。前走を除き、新馬戦からずっと上がり最速を記録し続けていた馬。前走は0.8秒差をつける大差で勝利、末脚が活きる展開になれば可能性は多いにあり。非常に面白い一頭で。

ノーモアゲーム
6/8   美坂 51.2‐12.0 一杯
6/15 美坂 58.6‐13.4 馬なり

最終追い切り美坂58.6‐13.4馬なり。今週は馬なり追い切りで速い時計は出してこなかったが、1週前は美坂全体2番時計の破格の時計を記録しているし今週はこれくらいで十分。今回距離延長にはなるがこの動きなら当然警戒すべき。人気薄でも押さえておきたいところ。

ゴールドドリーム
6/8   栗坂 51.5‐12.5 一杯
6/15 栗CW(82.0)66.1‐12.7 馬なり

最終追い切り(82.0)66.1‐12.7馬なり。5F全体時計は好タイムだが終いは12.7と少し時計がかかった印象。また普段は最終追い切り栗坂なのに対し、今回は栗CWでの追い切り。1週前の動きが素晴らしい為◎評価にしたが、今週の動きは少し物足りなかった印象。実力は屈指、気にする必要はないかもしれないが。

アルーアキャロル ←出走回避
6/8 南W(82.5)67.1‐12.7 馬なり

1週前追い切り南W(82.5)67.1‐12.7馬なり。外を周回して最後までしっかりとした動きで好タイムを記録。キャリア3戦で3戦連続上がり最速を記録。前走は敗れはしたが、東京ダート成績は(2.1.0.0)。適性は文句なし。気配も良い。力上位で当然有力の存在。最終追い切りの動きも楽しみで。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

ヴェゼール
6/9   栗CW(81.6)65.6‐12.3 強目
6/15 栗坂 54.1‐12.8 馬なり

最終追い切り栗坂54.1‐12.8馬なり。馬なり追い切りで今週は速い時計なし。ただ1週前には栗CWで好タイムを記録しているし、今回の追い切りはここ2戦よりも明らかに良い動き。前走は5着と敗れはしたが、この動き通りなら巻き返し可能で。

グレンツェント
6/8   南W(83.4)68.7‐13.3 馬なり
6/15 南W(83.2)67.8‐13.4 強目

最終追い切り南W(83.2)67.8‐13.4強目。特別速い時計ではないが、1週前そして最終追い切りと6Fからしっかりと追い切りされている点は魅力。ダート転向後3勝、2着1回と適性の高さを見せている。前走で東京の適性もわかったし今回も当然上位争いで。

ストロングバローズ
6/9  南W 68.7‐12.9 馬なり
6/16 南W   ‐13.0 馬なり

最終追い切り南W終い13.0馬なり。馬なりで上がり中心の追い切り。動き自体は悪くないが、今回2ヶ月の休み明けの割にはそれほど負荷をかけてこなかった印象。実力上位、東京ダートも好相性で当然警戒しておきたいが追い切りの動きを見る限りではそこまで強調はできない感じ。地力でどこまでやれるか。

ヒロブレイブ
6/9   栗CW(94.8‐80.2)66.4‐13.3 強目
6/15 栗坂 56.7‐12.8 馬なり

最終追い切り栗坂56.7‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り。今週は軽目だったが、1週前は7Fから追い切りされているし動きは良い。長期休み明け後のここ3戦は見違えるほどの競馬を見せている。無視はできない。

残念ながらアルーアキャロルは出走回避となってしまいましたが、それでも他にも好調教馬が多数!
最終追い切りで面白い馬も多数出現!注目のレースです(^^

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^