G2京王杯スプリングC2016☆最終追い切り!好気配は?

GⅡ最終追い切り2
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

↓京王杯スプリングCの過去データ&過去調教分析はこちらから!
[clink url=”http://daimanbaken.com/2016/05/11/kaodata/”]

今回はG2京王杯スプリングCの最終追い切りです!こちらも今後が楽しみな馬が多数!
さっそく見ていきましょう(^^

G2京王杯スプリングC・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

49

調教1番馬!

人気ブログランキングへ→1

5/5  栗CW(83.2)67.9‐11.4 強目
5/11 栗CW(83.9)67.2‐11.5 一杯

最終追い切り栗CW栗CW(83.9)67.2‐11.5一杯。一杯での追い切りで終い11.5と先週に引き続きすばらしい伸びを見せた。前走は海外明けのレースながら3着と善戦。今回一度叩かれて明らかに気配が良くなっている印象。ここでは力上位は明らか、東京の成績も文句なし、気配もかなり良いし当然要注意の一頭。

 

サクラゴスペル
5/6  南W(81.6)65.7‐13.2 強目
5/11 南W     ‐12.2 一杯

最終追い切り南W終い12.2一杯。一杯で追い切りされて終い12.2とすばらしい伸び。今週は上がり中心だったが、外目を周回してのもので気配はかなり良い。こちらも前走は海外明けのレースで参考外。昨年のスプリンターズSで2着と好走しているし、力上位間違いなし。追い切りの動きを見る限り8歳という年齢による衰えの心配も無用。東京コースは5勝している得意舞台で当然警戒が必要。

オメガヴェンデッタ
5/4  栗坂 51.6‐12.2 強目
5/11 栗坂 52.8‐12.0 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐12.0一杯。一杯での追い切りで終い12.0と抜群の伸びを見せた。1週前の動きもかなり良かったし気配は文句なしに良い感じ。前走はミッキーアイルに0.1秒差と僅差での2着。また昨年の今レースでも3着と好走しているし好舞台。今年の気配もかなり良いしこちらもかなり怖い存在で。

エイシンスパルタン
5/4  栗坂 53.5‐13.1 一杯
5/11 栗坂 50.7‐12.2 馬なり

最終追い切り栗坂50.7‐12.2馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体1番時計、そして終いも12.2と破格の好タイムを記録。1週前の動きは目立った動きではなかったが、今週のこの動きは抜群で文句なし。これだけの動きができるのは間違いなく調子が良い証拠。現在3連勝中と勢いあり、この追い切りでかなり面白い存在になった。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
重賞考察

ブラヴィッシモ
5/4  栗坂 52.7‐12.2 一杯
5/11 栗坂 51.5‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂51.5‐12.5一杯。一杯で追い切りされて全体51秒台、そして終い12.5とこちらもかなり良い動き。前走高松宮記念では14着と大敗したが、スプリント戦は久々だったし心配無用。前走の最終追い切りでは栗坂全体51秒台、終い11.9とかなりの時計を記録していたしかなりの素質を秘めている馬。今回も無視できない。

ヒルノデイバロー
5/5 栗坂 51.0‐12.6 一杯
5/5  栗坂 51.0‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂51.6‐12.2一杯。2週続けて栗坂全体51秒台の好タイムを記録。重賞では苦戦してるが、過去の追い切りを見る限りかなりの力は秘めている印象。東京コースは初めてだが、気配は抜群で注意しておきたい。

ロサギガンティア
5/4  南W 69.1‐13.3 馬なり
5/11 南W 69.4‐13.0 馬なり

最終追い切り南W69.4‐13.0馬なり。今週も馬なりでの追い切り。普段から時計を出してくる馬ではないし気配は上々。ただ4ヶ月の休み明け、またここ最近は最終追い切り美坂だったのも少し気になるところ。ただ最近は明らかに力をつけてきているし注意は必要で。

クラリティスカイ
5/4  栗P(77.1)61.4‐11.5 一杯
5/11 栗P(81.5)64.7‐11.4 馬なり

最終追い切り栗P(81.5)64.7‐11.4馬なり。今週は馬なりでの追い切りでそれほど負荷もかけられていない印象。1週前の動きは良かったし気配は悪くなさそうだが、最終追い切り栗Pは皐月賞以来。またこの時の時計が栗P(78.2)62.8‐11.5馬なり。個人的には1週前か最終で栗坂もしくは栗CWでの追い切りが欲しかった印象、今回6ヶ月の休み明けにもかかわらずそれほど負荷もかけられなかったのは気になるところ。追い切りではそこまで強調できない。

ダッシングブレイズ
5/5  栗CW(82.7)67.0‐11.8 一杯
5/11 栗坂 53.4‐12.1 一杯

最終追い切り栗坂53.4‐12.1一杯。一杯での追い切りで終いは12.1と良い伸び。ただ全体53.4はこの馬にしては平凡。前走ダービー卿CTでは最終追い切り栗坂53.3‐12.2一杯で6着。力はあるし注意はもちろん必要だが、追い切りの動きではそこまで評価できない。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^