G1ヴィクトリアマイル2016☆最終追い切り!評価変動!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は大注目のG1ヴィクトリアマイルの最終追い切りです!
↓過去データ&過去調教分析はこちらで公開しています。
[clink url=”http://daimanbaken.com/2016/05/10/kakodata-121/”]

今週は不良馬場で全体的に時計がかかっている点を頭に入れて見てください。
では見ていきましょう!

G1ヴィクトリアマイル・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
5/4  栗CW(81.3)65.8‐11.5 一杯
5/11 栗CW     ‐12.2 馬なり

最終追い切り栗CW終い12.2馬なり。今週は普段と同じ最終追い切り上がり中心の追い切り。1週前に6Fから一杯で追い切りされていて気配は文句なし。前走阪神牝馬Sは4ヶ月半の休み明けで、2着と力を感じさせる好レース。しかも勝ち馬のスマートレイアーよりも2キロ重い斤量56キロでの結果。今回斤量は定量の55キロ。マイル戦でも良績もあるし気配も抜群。かなり怖い存在。

ストレイトガール
5/5  栗CW(81.0)65.7‐11.7 馬なり
5/11 栗CW   64.8‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW64.8‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで栗CW5F全体8番時計の好タイムを記録。昨年の最終追い切り栗CW66.7‐11.9馬なりで昨年よりも好タイムを記録。7歳にはなったが、動きは昨年と比べても遜色なし。前走の大敗は少し気になるところではあるが、海外明けの休み明けのレースでそこまで気にする必要もなさそう。今回もそれほど人気もしなそうだし非常に魅力ありの一頭。

シュンドルボン
5/5  南W(82.7)66.4‐12.5 一杯
5/11 南W     ‐12.6 馬なり

最終追い切り南W終い12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.6と良い伸びを見せた。上がり中心ではあるが、1週前に6Fから一杯で追い切りされて南W5F全体16番時計の好タイムを記録しているし今週はこれくらいで十分。 前走中山牝馬Sに引き続き好気配。前走中山牝馬S組は過去複勝率で良い成績を残しているし力をつけた今なら非常に面白い存在。

マジックタイム
5/5  南W 66.8‐12.0 強目
5/11 南W 67.5‐13.1 馬なり

最終追い切り南W67.5‐13.1馬なり。今回時計は特別速くはないが、外を周回してのもので、また1週前の終いは圧巻の動きで気配は良好。ここ重賞2戦では2着、1着と好走続き。今回斤量55キロと条件的には厳しくなるが、東京の相性も良いし、今の勢いなら当然警戒する必要あり。

スマートレイアー
5/4  栗坂 52.4‐12.1 強目
5/11 栗坂 52.5‐12.6 馬なり

最終追い切り栗坂52.5‐12.6馬なり。馬なりでの追い切り、時計だけ見るとこの馬にしては平凡?と思いがちだが、水曜日の栗坂は不良馬場で普段よりもかなり時計がかかっていたし心配無用。馬なりでも良い動きで引き続き気配良好。過去ヴィクトリアマイルでは負け続きだが、今の勢いは以前と違うのは明らか、また東京コースは得意舞台。要注意の存在。

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
重賞考察

レッドリヴェール
5/4  栗坂 51.6‐12.3 一杯
5/11 栗坂 52.4‐12.0 一杯

最終追い切り栗坂52.4‐12.0一杯。一杯での追い切りで全体&終いともに好タイムを記録。特に終い12.0は抜群の伸び。ここ最近は大敗続きだが、今回2週続けてかなり良い動きをしてきた。気配はかなり良いし、素質を秘めている馬。これは注意しておく必要ありで。

ウキヨノカゼ
5/5  南W 67.4‐13.2 馬なり
5/11 南W(82.3)66.1‐13.2 馬なり

最終追い切り南W(82.3)66.1‐13.2馬なり。馬なりで6Fからの追い切りで南W5F全体7番時計と好タイムを記録。1週前の動きは何とも言えなかったが、最終追い切りでしっかりと仕上げてきた印象。ここ2走は2桁着順の大敗続きだったが、前走高松宮記念では13着でも上がり最速を記録している。スプリンターズSで上がり最速の3着と実績もあるし、今回も末脚が活きる展開になるならば面白い存在で。

レッツゴードンキ
5/5  栗坂 53.4‐12.2 強目
5/11 栗坂 52.3‐12.3 強目

最終追い切り栗坂52.3‐12.3強目。強目での追い切り、この時計は水曜日の栗坂では全体19番時計とかなり良い時計。過去追い切りでは破格の時計を何度も記録していた馬で、かなりの素質があるのは間違いなし。少し間隔は空いたが、仕上がりも良いし注意はしておきたい。

クイーンズリング
5/4  栗CW(82.8)66.8‐12.0 一杯
5/11 栗坂 52.7‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂52.7‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで、最後までしっかりとした良い動き。追い切りでは以前はあまり動いてこない馬だったが、前回そして今回はしっかりと動けているし状態はかなり良い感じ。前走京都牝馬Sを勝利していて勢いもあり、上積みもありそうで警戒しておきたい一頭。

ウインプリメーラ
5/6  栗坂 51.8‐12.5 一杯
5/11 栗坂 55.3‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂55.3‐12.4馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは12.4と良い伸び。1週前には一杯で追い切りされて栗坂全体51秒台の好タイムを記録しているし気配は良好。前走は最終追い切りが軽くても3着と好走してきたし今回も注意しておきたい。

ルージュバック
5/4  美坂 65.3‐14.8 馬なり
5/7  南W(80.2)65.2‐12.9 馬なり
5/11 南W     ‐12.8 馬なり

最終追い切り南W終い12.8馬なり。馬なり追い切りで終い12.8と時計的には悪くないが、内を周回してのもの。また今回2ヶ月の休み明けにもかかわらず、ハードに追い切りされていない点も気になるところ。ただ間違いなく通用する力はあるし無視はできない。

ショウナンパンドラ
4/27 栗坂 51.9‐12.8 一杯
5/4  栗坂 54.7‐12.6 一杯
5/11 栗坂 54.8‐12.5 強目

最終追い切り栗坂54.8‐12.5強目。強目での追い切り、終いは12.5と良い時計だが、1週前の動きも含めてこの馬にしては少し物足りない印象。力上位は明らかで当然怖い存在ではあるが、昨年の今レースでは8着、マイル戦での勝利経験もないし、追い切りの動きも考慮して今回そこまで重い印はつけられない印象。

メイショウマンボ
5/5  栗CW(77.7)62.3‐12.4 一杯
5/11 栗芝 63.8‐11.9 G前

最終追い切り栗芝63.8‐11.9G前。栗芝での追い切りで動きは上々。1週前の栗CWは破格の動きで追い切りでの動きは絶好で文句なし。ただレースでの話は別。追い切りを見る限り年齢による衰えは皆無だが、精神的な部分で何かきっかけがない限り好走は厳しい。一応注意で。

ウリウリ
4/29 栗CW(81.5)66.3‐12.6 馬なり
5/4  栗CW(80.3)65.8‐13.2 強目
5/11 栗芝    67.0‐11.8 馬なり

最終追い切り栗芝67.0‐11.8馬なり。今週は馬場を考慮してか栗芝での追い切り。動き自体はそこまで悪くない印象だが、ここ最近の成績を払拭できるほどの動きではない感じ、また昨年の今レースでは16着と大敗しているだけに、今回そこまで評価できない。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^