G3新潟大賞典2016☆最終追い切り!注目は!?

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

5月8日に開催されるG3新潟大賞典の最終前追い切り診断です。

G3新潟大賞典・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
4/27 南W 64.7‐13.3 G前
5/4   南W 69.5‐13.2 馬なり

1週前追い切り南W64.7‐13.3G前で南W5F全体2番時計とすばらしい好タイムを記録。最終追い切りの時計は特別速くはないが、大外を周回してもので心配無用。前走は6着と敗れはしたが、休み明けの斤量58キロと厳しい条件。今回斤量は他の上位馬よりも軽い56キロで出走可能。新潟記念2着と新潟でも実績あり。過去人気薄でも好走してくる今レース、狙い十分で。

ヒストリカル
4/28 栗坂 52.2‐12.6 一杯
5/4   栗坂 51.5‐12.9 一杯

最終追い切り栗坂51.5‐12.9一杯。2週続けて一杯での追い切りで最終追い切りで栗坂全体51秒台の好タイムを記録。いつも通りの好タイムで気配は良い感じ。前走中日新聞杯では9着と敗れはしたが、実は上がり最速を記録していた。新潟での経験はないが、今レースは過去後ろからでも届いているレース。自慢の末脚が活きる展開になればかなり怖い存在となりそう。

パッションダンス
4/28 栗CW(83.8)66.7‐12.4 一杯
5/4   栗CW(83.0)65.5‐12.6 一杯

最終追い切り栗CW(83.0)65.5‐12.6一杯。2週続けて6Fから一杯での追い切り。内目での時計ではあるが、それでもしっかりと負荷もかけられていて好気配。今回休み明けそして久々の芝でのレースにはなるが、新潟は3勝している得意舞台。8歳の今でも気配は良いし注意しておきたい存在。

アングライフェン
4/27 栗坂 51.0‐12.9 一杯
5/4   栗坂 54.0‐12.4 馬なり

1週前追い切り栗坂で全体51秒と好タイムを記録。今週は終い重点ではあるが馬なりで終い12.4と良い伸びを見せていたし気配はかなり良い感じ。前走の重賞では大敗したが、今回斤量も55キロで出走可能なのも魅力。人気薄でも注意しておきたい存在。

サトノラーゼン
4/28 栗CW(83.9)68.1‐12.6 一杯
5/4   栗CW(82.6)67.4‐12.3 一杯

最終追い切り栗CW(82.6)67.4‐12.3一杯。2週続けて栗CWで6Fから一杯での追い切り。今回3ヶ月の休み明けだが、しっかりと追い切りもこなしているし気配良好。休み明け、斤量57キロと条件は楽ではないが、ダービー2着の実績もある馬。前走の大敗でオッズの妙味が出るのなら面白い一頭。

ダコール
4/27 栗坂 56.9‐13.3 馬なり
5/4   栗坂 53.1‐13.8 一杯

最終追い切り栗坂53.1‐13.8一杯。前走の追い切りと比べると時計的には少し物足りないが、普段から時計を出してくる馬ではないし気にする必要なし。年明けの重賞2戦では斤量58キロを背負って4、2着と好走。今レースは過去10年で斤量57.5~59キロの馬は(0.0.0.12)と好走歴なしと厳しいが、58キロの好走経験もあるしトップハンデ58キロの今回も侮れない。

メイショウカンパク
4/27 栗CW(82.9)67.2‐12.7 強目
5/4   栗CW(80.5)65.6‐13.0 一杯

最終追い切り栗CW(80.5)65.6‐13.0一杯。終いは13.0と少し時計はかかっているが、大外を周回してのものでそこまで気にする必要はなし。5F全体65.6は好タイムで気配は良い。ここ最近は大敗続きではあるが、斤量52キロで出走できるし人気もおそらくしないはず。押さえておきたい。

フルーキー
4/27 栗CW(88.7)70.5‐11.8 馬なり
5/4   栗CW(86.3)69.7‐11.8 馬なり

1週前&最終追い切り栗CWで終いでは11.8と良い伸びを見せた。ただ休み明けの割にはそこまで強い追い切りをされていないのは気になるところ。今メンバーで実績&実力はトップクラスで当然無視はできないが、今回普段とは違う藤岡佑騎手の騎乗。新潟コースも初めて、今回はそこまで強調はできない。

ベルーフ
4/28 栗CW(84.9)69.1‐12.8 一杯
5/4   栗CW(83.2)67.8‐12.4 一杯

最終追い切り栗CW(83.2)67.8‐12.4一杯。1週前は動きは良くなかったが、最終追い切りでは併せ馬を大きく追走して先着するなど良い動き。気性的にも不安のある馬だが、高い力を秘めているのは間違いなし。今回もレースに集中できれば侮れない存在に。

シャイニープリンス
4/28 南W(82.7)66.8‐13.2 G前
5/4   南W   69.7‐13.5 馬なり

最終追い切り南W69.7‐13.5馬なり。今週は馬なり追い切りで速い時計なし。ただ1週前の動きは良かったし気配は悪くない。前走福島民報杯では久々の勝利。また今レースは前走福島民報杯組は好成績。注意はしておきたい。

[sc:+α 下段 ]
↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^