平場予想

G1天皇賞春2016☆予想!平場レースも紹介!

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG1天皇賞春と京都&東京&新潟平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

以前の記事、G1天皇賞春の1週前&最終追い切りで本命候補になった馬は、
・ゴールドアクター
・キタサンブラック
上記の2頭。

キタサンブラックは、1週前&最終追い切り栗CWで抜群の動き。終始しっかりとした動きで気配は文句なし。ゴールドアクターも1週前に南W5F全体1番時計と破格の好タイムを記録。こちらも前走に引き続き気配は抜群。

キタサンブラックは1枠1番と好枠をゲット。折り合いも文句ないし、自分の展開に持ち込める馬。いつもそんなに人気はしていなかったが、好走を続けているし今回もやはり侮れない。ゴールドアクターは菊花賞では3着だったが、現在5連勝、追い切りの動きを見ても当時とは明らかに違う。ここでは間違いなく力的にはトップだろうし、この距離でももかなり怖い存在。

正直非常に迷うところではあるが、ここは充実度、追い切りの気配すべてを考慮して現在5連勝中のこの馬を本命にします。

よって本命は、
ゴールドアクターで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※今年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1天皇賞春・予想
2016 天皇賞春 調教評価

ゴールドアクター
気配は引き続き文句なし。外枠にはなってしまったが、地力は間違いなくトップクラス。前走の競馬は圧巻だったしここでも当然有力で。

キタサンブラック
1週前&最終追い切り栗CWでかなりの好タイムを記録。好枠をゲットして自分の競馬ができそうでこちらもかなり有力で。

シュヴァルグラン
前走阪神大賞典で距離適性の高さを披露。追い切りの気配も引き続き良好。京都コースは得意舞台で当然警戒が必要。

サトノノブレス
1週前&最終追い切り栗CWでここ最近では一番良い動きで好タイムを記録。外枠&距離も未知だが、ここ最近は重賞で連続好走。気配も抜群で注意しておきたい。

アドマイヤデウス
栗坂での追い切りで上々の好タイムを記録。前走阪神大賞典では3着。距離適性もそこまで心配する必要なし。

フェイムゲーム
追い切りでは派手な動きはなかったが、昨年の今レースで2着と好走。この距離&コースの相性は言うまでもないし注意。

アルバート
南Wで終いで好タイムを記録。こちらもステイヤーズSで勝利していてこの距離は得意。注意で。

タンタアレグリア
南Wで良い動きを披露。こちらも前走阪神大賞典で2着と好走。長距離適性はあり、段々と力をつけいる印象で注意。

サウンズオブアース
最終追い切り栗CWでかなりの良い数字を記録。ただ内を周回してのもので数字ほどの印象はなし。

トーホウジャッカル
2週続けて栗坂で一杯の追い切り。負荷はかけられているが、この馬にしては動き、時計も平凡。実績はあるし押さえてはおきたい。

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。
2016年度通算成績はこちらで公開しています。

さっそく見ていきましょう。

1日開催平場レース好調教馬
京都開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬

【京都6R】
タマモユウトウセイ(栗坂)

【京都8R】
カピオラニパレス(栗坂)

【京都12R】
人気ブログランキングへ→1(栗CW)
フォンタネットポー(栗坂)
スティンライクビー(南W)

東京開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬

【東京3R】
ソーアメージング(南W)

【東京6R】
シアーライン(南W)

【東京8R】
ジャコバイティズム(南W)

【東京9R】
レイズアスピリット(南W)

新潟開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬

【新潟8R】
バイタルフォルム(南W)

【新潟12R】
メイショウラバンド(栗坂)

[sc:+α 下段 通常 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察