調教分析・1週前追い切り

G2ニュージーランドT2016☆過去データ&過去調教分析!

[sc:好調教+αで狙え大万馬券!! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回はG2ニュージーランドTの過去10年データ+α&過去10年過去調教分析です。

G2ニュージーランドT過去10年データ+α

【体重・枠・脚質・間隔】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
ニュージーランド 体重、枠、脚質、間隔

【人気・オッズ】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
ニュージーランド 人気、オッズ

【前走成績等】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
ニュージーランド 前走成績等

過去10年データ分析

馬体重459キロ以下の馬は0勝
・枠では2.3.4枠の内目の枠で6勝
逃げ馬は(0.1.0.10)と不振。
先行馬は(6.3.4.26)と好成績。
・また中団の馬も(4.4.4.45)と上々の成績。
・反対に後方の馬は(0.2.2.44)と不振傾向。
1番人気は(5.1.1.3)で信頼度は高い。
単勝オッズ3.9倍以内の馬で6勝。
前走10着以下の大敗馬は(0.0.0.24)で複勝圏内に入ったことなし。
・今回距離延長馬は(2.4.5.53)と不振傾向。
前走スプリングSは(3.1.2.14)と好成績。
・反対に前走アーリントンカップは(0.1.3.14)と厳しい成績。

[sc:+α 中団 ]

G2ニュージーランドT・馬券圏内最終追い切りコース

【1着・全10頭】
栗坂  4/10
美坂  4/10
栗CW 2/10

【2着・全10頭】
栗坂  3/10
南W  2/10
美坂  1/10
栗P  1/10
栗芝  1/10
中間軽目1/10
栗DW 1/10

【3着・全10頭】
栗坂  3/10
栗CW 3/10
南P  2/10
美坂  1/10
栗DW 1/10

分析

※栗DWは廃止された為、分析から除く。
・勝ち馬は栗坂&美坂が4勝と最多。次いで栗CWが2勝
・追い切りコース別馬券成績は栗坂が10/28美坂が6/28、栗CWが5/28となっている。

今回栗坂がトップの成績だが、美坂&栗CWもほとんど差がない傾向。この3コースは特に要注意で。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察