G2大阪杯2016☆1週前追い切り!実力馬集結!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。今回はG2大阪杯です。

4月3日に開催されるG2大阪杯の1週前追い切り好タイム馬の紹介をしていきます。

G2大阪杯・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
3/24 南W 65.4‐12.7 一杯

1週前追い切り南W65.4‐12.7一杯。一杯で追い切りされて南W5F全体1番時計の好タイムを記録、終いも12.7とすばらしい伸び。実はこの全体時計は日経賞で勝利したゴールドアクターと同じ時計。前走中山記念では見せ場なくの9着だったが、3ヶ月の休み明け。今回叩き2戦目で上積みも十分。この気配なら期待できそう。

ショウナンパンドラ
3/24 栗坂 53.4‐11.9 一杯

1週前栗坂53.4‐11.9一杯。一杯で追い切りされて終い11.9と抜群の伸び。いつも通り終いで好タイムを記録、ジャパンカップ以来で間隔は空いたが、現時点ですでに良い気配。牝馬の56キロと斤量は厳しいが、さすがジャパンカップを制しただけの動き。最終追い切り次第では当然上位候補に。

キタサンブラック
3/16 栗CW(96.5‐80.8)66.3‐12.9 一杯
3/24 栗CW(97.4‐81.5)66.0‐11.8 強目

1週前栗CW(97.4‐81.5)66.0‐11.8強目。7Fから追い切りされて終いまでしっかりとした動きで好タイムを記録。2週前にも7Fから一杯で追い切りされていてしっかりと負荷もかけられていて好気配。有馬記念で3着と好走。ここでも当然上位候補で。

アンビシャス
3/24 栗坂 51.1‐12.5 強目

1週前栗坂51.1‐12.5強目。強目で追い切りされて全体51秒、そして終い12.5と好タイムを記録。前走中山記念ではドゥラメンテと好勝負を見せて2着と好走。4ヶ月の休み明けで2着、叩き2戦目で今回さらに期待できそう。最終追い切りにも要注目。

タッチングスピーチ
3/24 栗坂 50.8‐12.5 一杯

1週前追い切り栗坂50.8‐12.5一杯。一杯で追い切りされて全体50.8とすばらしい時計を記録。こちらも現時点ですでに良い気配。確実に力をつけてきている印象。ここでも当然怖い存在。

ヌーヴォレコルト
3/17 南W(81.5)66.4‐13.4 一杯
3/24 南W(83.8)67.4‐12.5 馬なり

1週前追い切り南W(83.8)67.4‐12.5馬なり。馬なり追い切りで6Fから追い切りされて終い12.5と良い動きを見せた。今回海外明けのレースとなるが、2週前にも一杯で追い切りされていて特に影響はなさそう。斤量も54キロで出走できるし最終追い切り次第ではかなり面白くなりそう。

ラブリーデイ
3/24 栗CW(83.8)68.5‐12.1 馬なり

1週前追い切り栗CW(83.8)68.5‐12.1馬なり。有馬記念以来のレース。まだ1週前でそこまで気にする必要はないが、上記の馬と比べると少し物足りない動き。今回斤量58キロと厳しいレース。最終追い切りの動き次第だがどうか。

[sc:+α 下段 ]
↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^