G2フィリーズレビュー2016☆最終追い切り!本命候補は?

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。今回はG2フィリーズレビューです!

G2フィリーズレビュー過去10年データ&過去調教分析はこちらから!

3月13日に開催されるG2フィリーズレビューの最終追い切り好タイム馬の紹介をしていきます。

G2フィリーズレビュー・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
3/2 栗坂 54.9‐13.1 馬なり
3/9 栗坂 52.4‐12.1 強目

最終追い切り栗坂52.4‐12.1強目。強目での追い切りで自己ベストとなる好タイムを記録。普段はあまり時計を出してこない馬だが、今回強目でこの良い動き、着実に力をつけている印象。前走は距離が長そうだったし、また追い切りも良くなく9着と惨敗したが、2走前にはファンタジーSで重賞勝利、3走前には札幌でレコード勝利しているし力は上位間違いなし。今回気配もかなり良いし、1Fの距離短縮で当然見直しが必要。

メイショウスイヅキ
3/2 栗CW(85.0)67.6‐11.5 一杯
3/9 栗CW(81.9)65.5‐12.3 馬なり

最終追い切り栗CW(81.9)65.5‐12.3馬なり。馬なり追い切りで栗CW5F全体16番時計の好タイムを記録。終いも12.3と良い脚、1週前の動きもかなり良かったし休み明けでもしっかりと仕上げてきた。折り合いに難のある馬だが、過去の追い切りを見ても相当の力を持っている馬。今回1Fの距離短縮はプラス材料。折り合いさえつけば当然上位まで。

ダイアナヘイロー
3/3 栗CW(84.1)67.8‐12.0一杯
3/9 栗坂 51.9‐12.0 馬なり

最終追い切り51.9‐12.0馬なり。馬なり追い切りで栗坂全体51秒台、そして終い12.0と抜群の動きを見せた。前走も最終追い切り栗坂で51.3‐12.1一杯と良い動きをしていたし、通用する力は十分。前で競馬ができるのも魅力。こちらも警戒が必要。

カトルラポール
3/2 美坂 52.3‐13.6 強目
3/9 美坂 55.2‐12.8 強目

最終追い切り美坂55.2‐12.8強目。今週の美坂は全体的に時計がかかっているため、全体55.2秒でも心配なし。1週前は美坂全体3番時計と抜群の動き、そして今週も終いで12.8と良い伸びを見せていたし好気配。前走は11番人気ながら見事勝利。追い切りの動きを見ても状態が良いのがわかる。今回有力馬の多くは休み明け。注意しておきたい一頭。

サルドナ
3/4 栗坂 54.6‐12.2 馬なり
3/9 栗坂 52.3‐11.9 一杯

最終追い切り栗坂52.3‐11.9一杯。一杯で追い切りされて全体52秒台、そして終いは11.9と抜群の伸びを見せた。前走500万クラスでは9着と惨敗したが、今回中2週でこのすばらしい動き。3走前には阪神1400mで2着に入っているし阪神の適性も心配なさそう。この追い切りでしっかりと仕上がった印象。

ペプチドサプル
3/2 栗CW(81.5)65.4‐11.7 強目

1週前追い切り栗CW(81.5)65.4‐11.7強目。強目で追い切りされて栗CW5F全体65.4、そして終いは11.7と抜群の動きを見せた。前走紅梅Sではシンハライトに敗れて4着だったが、シンハライトはみなさん知っての通り先日のチューリップ賞で見事勝利。この馬に0.2秒差と僅差ということを考えれば間違いなく力は上位。アネモネSにも出走登録中でどちらに出るかわからないが、いずれにせよかなり怖い存在。

アットザシーサイド
3/6 栗坂 52.2‐12.8 一杯
3/9 栗坂 58.9‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂58.9‐12.4馬なり。全体時計は速くないが、馬なり追い切りで終い12.4と良い伸び。1週前にもしっかりと一杯で追い切りされていたし気配は悪くない。今回は1F短縮の1400m、2勝している得意な距離。今回休み明けで個人的にはもう一本良い時計の追い切りが見たかったところだが、地力は高いものがあるし当然注意はしておきたい。

ナタリーバローズ
3/2 栗坂 53.9‐13.0 馬なり
3/9 栗CW(84.7)67.6‐12.1 G前

最終追い切り栗CW(84.7)67.6‐12.1G前。6Fからの追い切りで最後までしっかりとした動き。前走はプラス12キロの影響もあってか2着と敗れはしたが、それでも勝ち馬とは0.1秒差。今回叩き2戦目で上積みも十分。鞍上もM.デムーロ騎手なら当然警戒が必要。

リボンフラワー
3/3 栗CW(84.1)68.1‐11.8 馬なり

1週前追い切り栗CW(84.1)68.1‐11.8馬なり。馬なり追い切りで6Fから追い切りされて終い11.8とすばらしい動きを見せた。今回2ヶ月と少し間隔は空いたが、現時点で良い仕上がり。阪神コースも距離は違えど(1.0.1.0)と好相性。最終追い切り次第ではかなり面白くなりそう。

クードラパン
3/2 南W 69.2‐12.7 一杯
3/9 美坂 56.4‐12.5 馬なり

最終追い切り美坂56.4‐12.5馬なり。馬なり追い切りで終い12.5と好タイムを記録。前走阪神コースで大敗したのは少し気になるところだが、追い切りの動きは上々。レースが上手な馬で注意は必要。

[sc:+α 下段 ]
↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^