G3チューリップ賞2016☆最終追い切り!栗坂で好タイム!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。今回はG3チューリップ賞です!

3月5日に開催されるG3チューリップ賞の最終追い切り好タイム馬の紹介をしていきます。

G3チューリップ賞・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/25 栗坂 51.8‐11.9 一杯
3/2  栗坂 55.2‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂55.2‐12.3馬なり。今週は全体時計は速い時計は出してこなかったが、終いでは12.3と良い伸びを見せた。一週前には栗坂全体51秒台、そして終い11.9と破格の好タイムを記録しているし、しっかりと仕上げてきた印象。前走阪神JFでは9着と敗れはしたが、当時よりも明らかに動きは良くなっている。成長も感じられるしこれは期待できそう。

人気ブログランキングへ→2
2/24 栗CW(85.2)68.9‐12.3 馬なり
3/2  栗坂 51.5‐11.9 馬なり

最終追い切り栗坂51.5‐11.9馬なり。馬なり追い切りで栗坂全体51.5、終い11.9とこちらも破格の好タイムを記録。1週前時点ではあまり注目していなかったが、この動きをされたら当然警戒すべき。一気に上位候補に。

ヴィブロス
2/25 栗CW(81.3)65.3‐12.0 一杯
3/2  栗坂 53.7‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂53.7‐12.4馬なり。今週は馬なり追い切りで派手な時計ではないが、良い動きを見せていた。1週前には栗CWで5F全体12番時計の好タイムを記録していたし気配は文句なし。未勝利からの参戦、相手は強くなるが、追い切りの動きを見る限りこちらもかなりの力を持っていそうで注意しておきたい。

ジュエラー
2/24 栗坂 54.8‐12.1 強目
3/2  栗P 63.6‐11.2 一杯

最終追い切り栗P63.6‐11.2一杯。一杯での追い切りで栗P5F全体3番時計の好タイムを記録。過去10年最終追い切り栗Pは馬券には絡んでいないが、前走シンザン記念2着時は最終追い切り栗P66.8‐11.7馬なり(※こちらは大外周回)ということを考えれば、周回する位置は違えど良い仕上がりと言えそう。ここでは実績も上位で当然侮れない存在。

ウインファビラス
2/25 南W(84.3)69.0‐13.0 強目
3/2  南W 67.0‐12.9 馬なり

最終追い切り南W67.0‐12.9馬なり。馬なり追い切りで全体&終い共に良い動きを披露。前走阪神JFで2着と好走、この時の最終追い切りは南Pで今回とは違うコースだが、今回も引き続き動きは良いし気配良好。前哨戦だが注意は必要。

[sc:+α 中団 ]

クィーンズベスト
2/18 栗坂 52.2‐12.3 強目
2/24 栗坂 53.8‐12.0 馬なり
※現時点で追い切り情報なし。

今回間隔が詰まっている為か最終追い切り情報はなし。ただ18日、24日と良い動きをしていたし、毎回追い切りでは良い動きを見せている馬。通用する力は秘めていそう、阪神コースで2着と好走経験もあるし今回も注意はしておきたい。

ブランボヌール
2/24 栗坂 52.2‐12.4 馬なり
3/2  栗坂 52.6‐12.3 強目

最終追い切り栗坂52.6‐12.3強目。強目での追い切りで1週前に引き続きこの馬にとってすばらしい全体時計を記録。前走G1阪神JFで3着と好走、心配された1600mの距離もこなしたし実績上位。やはり侮れない一頭。

ラベンダーヴァレイ
2/24 栗CW(81.1)66.0‐12.1 馬なり
3/2  栗CW(84.4)68.6‐14.0 引張り切り

最終追い切り栗CW栗CW(84.4)68.6‐14.0引張り切り。今週は全体&終い共に平凡な時計、今週の動きは物足りない感じ。1週前の動きは良かったが特別強調はできない感じ。前走はマイナス16キロでの出走と厳しいレース。プラス体重ならば押さえで。

デンコウアンジュ
2/24 栗CW(81.6)67.1‐13.1 一杯
3/2  栗CW     ‐11.7 馬なり

最終追い切り栗CW終い11.7馬なり。上がり中心の追い切りだったが終いでは11.7と良い動き。前走は案外だったが、2走前のアルテミスSでは見事な末脚であのメジャーエンブレムに勝利。今回も展開が向けば面白くなりそう。

シンハライト
2/24 栗坂 53.9‐12.7 一杯
3/2  栗坂 52.9‐12.4 強目

最終追い切り栗坂52.9‐12.4強目。強目での追い切りで全体52.9と少し物足りない動き。ただ現在2連勝中と勢いもあるし注意はしておきたい。

エルビッシュ
2/24 栗CW(86.4)69.9‐12.1 馬なり
3/2  栗CW(87.6)70.1‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(87.6)70.1‐12.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、ただ時計は平凡。前走で先日の重賞で好走したヒルノマゼランにも勝利しているし素質はあるはず。押さえてはおきたい。

[sc:+α 下段 ]
↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^