G2弥生賞2016☆過去データ+α&過去調教分析!

過去データ4
スポンサーリンク
[sc:好調教+αで狙え大万馬券!! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回はG2弥生賞の過去データ+α&過去過去調教分析です。
※諸事象により過去11年分となってます。ご了承ください。

G2弥生賞過去10年データ+α

【体重・枠・脚質・間隔】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
弥生賞 体重、枠、脚質、間隔

【人気・オッズ】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
弥生賞 人気、オッズ

【前走成績等】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
弥生賞 前走成績等

過去データ分析

・枠は勝ち馬は内&外枠でほぼ同じ
・ただ複勝率を比べると内枠の方が圧倒的な成績。
・脚質では先行馬が(5.6.3.32)でトップの成績。
・ただ中団の馬も悪い成績ではない
1番人気は(7.1.0.3)で信頼度は高い。
前走勝ち馬が9勝
前走若駒Sが(2.1.0.3)と好成績。
前走朝日杯は(1.2.4.6)複勝率は好成績だが、勝ち馬は一頭のみ

[sc:+α 中団 ]
G2弥生賞・馬券圏内最終追い切りコース

【1着・全10頭】
栗CW 3/10
美坂  2/10
南W  2/10
栗坂  1/10
南P  1/10
栗DW 1/10

【2着・全10頭】
栗坂  4/10
栗CW 3/10
南W  2/10
美坂  1/10

【3着・全10頭】
南W  4/10
栗坂  2/10
美坂  1/10
南P  1/10
栗芝  1/10
栗DW 1/10

分析

※栗DWは廃止された為、分析から除く。
・勝ち馬は栗CWが3勝。次いで美坂&南Wが2勝ずつ
・追い切りコース別馬券成績は南Wが8/28栗坂が7/28、栗CWが6/28となっている。

今回南W&栗坂&栗CWには要注意です。
[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^