G3アーリントンカップ2016☆最終追い切り!本命候補は?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
G3アーリントンカップ・過去データ&過去調教分析はこちらで公開しています。

今回は2月27日に開催されるG3アーリントンカップの最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G3アーリントンカップ・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/17 栗坂 51.1‐12.6 一杯
2/24 栗坂 50.9‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂50.9‐12.1馬なり。馬なり追い切りで今週の栗坂全体9番時計の好タイムを記録。前走朝日杯では11着と残念な結果だったが、今回は前走と比べても明らかに追い切りの動きが違う。1600mの距離、阪神コースが合うかはわからないが、この動きなら期待できそう。能力上位は間違いないし、前走よりも相手関係が楽になる今回なら十分に勝機あり。要注意で。

ヒルノマゼラン
2/24 栗坂 52.2‐12.5 強目

最終追い切り栗坂52.2‐12.5強目。今回中1週と間隔が詰まってのレース、さすがに栗坂51秒台は出してこなかったが、動きはさすがと言ったところ。過去の追い切りを見ても素質はかなりのものを秘めていると考えて良い。1600mで好走しているし距離の心配は無用。また新馬戦で中京コースで勝利しているし坂も気にする必要なし。こちらもかなり期待できそうな一頭。

ユウチェンジ ←登録除外
2/14 栗坂 51.0‐12.6 馬なり

14日に栗坂51.0‐12.6馬なり。馬なり追い切りで栗坂全体51秒と好タイムを記録。G1朝日杯は勝ち馬は強すぎたが、それでも10人気4着と好走。栗坂で何度も51秒台を切ってくる馬で素質は十分。最終追い切りの動き次第ではかなり怖い存在となりそう。

アーバンキッド
2/17 美坂 54.5‐12.7 一杯
2/24 南W(85.5)69.4‐12.3 馬なり

最終追い切り南W(85.5)69.4‐12.3馬なり。6Fからの追い切り、全体時計は特別速い時計ではないが、この時期に終い12.3を馬なりで記録できるのは力のある証拠。過去3戦共に上がり最速を記録、末脚はかなり驚異。阪神コースは初めてだが今回もこの脚が炸裂すれば一発あってもおかしくない。

オデュッセウス
2/17 南W(84.0)68.6‐13.1 強目
2/24 南W   70.9‐12.4 G前

最終追い切り南W70.9‐12.4G前。こちらも全体時計は70.9と平凡だが、大外を周回して終い12.4と抜群の伸び。中3週だが元気一杯。こちらも普段から良い動きをしてくる馬で素質は十分。1Fの距離延長に対応できれば面白くなりそう。

レオナルド
2/17 栗CW(83.9)67.0‐12.3 一杯
2/24 栗CW(85.1)67.8‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW(85.1)67.8‐11.7一杯。一杯で追い切りされて終い11.7とすばらしい動き。1週前の動きは強調できるものではなかったが、今週の追い切りでしっかりと仕上げてきた印象。前走シンザン記念では出遅れながらも5着と善戦。また阪神コースでも勝利経験があるのも魅力。最終追い切りで注意すべき一頭へ。

ロスカボス ←登録除外
2/17 栗坂 54.3‐12.2 一杯

1週前追い切り栗坂54.3‐12.2一杯。一杯で追い切りされて終い12.2と良い伸び。東スポ2歳Sでは1人気ながら8着と敗れはしたが、3走前の阪神1800mでは上がり最速で勝利。新馬戦では1600mで勝利しているし距離も心配なさそう。最終追い切りの栗坂の終いの脚に要注目。

[sc:+α 中団 ]

ダンツプリウス
2/17 栗坂 52.1‐12.4 一杯
2/24 栗CW  ‐12.6 一杯

最終追い切り栗CW終い12.6一杯。今週は上がり中心の追い切り。時計は少し物足りないが、動きは上々。ただ気になるのは最終追い切り栗CW。普段は最終追い切り栗坂で、栗CWは新馬戦以来と久々。1週前を含めても動き自体は良いしそんなに気にする必要はないのかもしれないが。

シゲルノコギリザメ
2/19 栗坂 51.8‐13.0 一杯
2/24 栗坂 52.8‐12.7 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐12.7一杯。今週も一杯での追い切り、ただ人気薄で好走したきさらぎ賞の時と比べると動きは少し劣る印象。前で競馬ができるこの馬にとって開幕週はプラスで、もちろん注意はしておきたいが。

パールフューチャー
2/17 栗CW(84.9)68.0‐12.4 馬なり
2/24 栗坂 52.8‐13.0 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐13.0一杯。一杯での追い切り、ただ時計は平凡。3ヶ月の休み明けでこの動きでは少し強調しづらいところ。ただ今回ルメール騎手が騎乗予定で押さえてはおきたいが。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^