G2中山記念2016☆1週前追い切り!速報!注目のあの馬は?

GⅡ1週前追い切り
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は注目のドゥラメンテが出走予定のG2中山記念!

2月28日に開催されるG2中山記念の1週前追い切り好タイム馬の紹介です。

G2中山記念・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/17 南W(82.1)66.2‐13.0 G前

1週前追い切り南W(82.1)66.2‐13.0G前。6Fからの追い切りで外を周回して、南W5F全体10番時計の好タイムを記録。昨年の中山記念は1番人気5着と惨敗。ただ今回は昨年と違い1週前から南Wで6Fからの追い切り、動きも昨年より明らかに良い。昨年は未勝利に終わったが、G1で3着2回とさすがの結果を残しているし、今メンバーでも当然力上位。休み明けでもう一本良い追い切りが見られればかなり怖い存在になりそう。

ロゴタイプ
2/10 南W(81.5)66.7‐13.1 馬なり
2/17 南W   67.4‐11.9 G前

1週前追い切り南W67.4‐11.9G前。内目の時計ではあるが、それを考慮しても南W終い11.9は破格の好タイム。10日にもかなり良い動きをしていたし現時点で気配はかなり良さそう。昨年の中山記念では2着と好走していて適性も文句なし。力上位でもちろん要注意で。

ドゥラメンテ
2/17 南W(82.6)67.7‐12.8 一杯

1週前追い切り南W(82.6)67.7‐12.8一杯。今回ダービー以来のレース。骨折からの長期休養明けと不安要素はあるが、6Fから追い切りされて終い12.8を記録しているしさすがの実力馬と言ったところ。ただやはり休養前と比較するとまだ物足りない印象。最終追い切りでどこまで動けるか要注目で。

[sc:+α 中団 ]

アンビシャス
2/17 栗坂 52.0‐12.7 強目

1週前追い切り栗坂52.0‐12.7強目。1週前の栗坂全体52.0というのは特別速い時計ではないが、1週前でこれだけ動けたら十分。前走天皇賞秋では5着と善戦。古馬相手でも通用する力を見せているし今回も当然警戒すべき一頭で。

フルーキー
2/17 栗CW 70.0‐11.9 一杯

1週前追い切り栗CW70.0‐11.9一杯。一杯で追い切りされて全体70.0は平凡だが、終いでは11.9と良い伸び。ここ最近は重賞で結果を残せるようになってきたし、最終追い切りの動き次第では面白くなりそう。

ラストインパクト
2/17 栗CW(87.5)69.9‐13.2 馬なり

1週前追い切り栗CW(87.5)69.9‐13.2馬なり。馬なり追い切りで速い時計はなし。昨年2着のG1ジャパンカップが記憶に新しい。この時の最終追い切りは栗CWで終い11.6とすばらしい伸びを見せていた。今週もこれくらいの時計を出せれば当然上位評価まで。

ステラウインド
2/17 南W(85.4)69.1‐13.1 馬なり

1週前追い切り南W(85.4)69.1‐13.1馬なり。特別速い時計ではないが、大外を周回してのもので動き自体は良い感じ。現時点では何とも言えないが、最終追い切り次第では。

リアルスティール
2/17 栗CW(83.1)67.3‐11.8 馬なり

1週前追い切り栗CW(83.1)67.3‐11.8馬なり。終いは11.8と良い数字だが、内を周回しての時計。良い頃と比べるとまだ物足りない印象。かなりの実力を持っているのは間違いないし、最終追い切りの動きには要注目で。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^