G3小倉大賞典2016☆予想!京都&小倉平場レースも紹介!

予想2
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

今回はG3小倉大賞典と京都&小倉平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

以前の記事で紹介した、G3小倉大賞典の1週前&最終追い切りで本命候補になった馬は、
・ダコール
・レッドアリオン
・コスモソーンパーク
上記の3頭。

ダコール&レッドアリオンは栗坂、コスモソーンパークは小ダでの追い切り。どの馬も好タイムを記録して気配は絶好。

今回過去の追い切りの傾向で面白いデータあり。なんと過去6年で馬券に絡んだ18頭中17頭が最終追い切り一杯で追い切りされていた。しかも馬なりで馬券に絡んだ一頭は昨年のコスモソーンパークという…笑。
上記3頭ではダコールが一杯、コスモソーンパーク&レッドアリオンが馬なりでの追い切り。上記のデータを考慮すると残るはダコール&コスモソーンパークの2頭。

追い切りコースで見てみると、栗坂が最も馬券に絡んできている。最終追い切り栗坂のダコールは、今回斤量58キロとハンデが厳しいが、前走G2日経新春杯で同じ斤量58キロを背負いながら逃げて4着と善戦。前走の相手関係を考えると、今回の方が明らかにやりやすいはず。また今レースの逃げ馬は過去10年で4勝しているし、今回1枠1番をゲットして前走のように前も行けそう。今レースは好条件の揃ったこの馬を本命にします。

よって本命は、
ダコールで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※今年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。

G3小倉大賞典・予想
2016 小倉大賞典 調教評価

ダコール
今週栗坂で前走日経新春杯を上回る好タイムを記録。追い切りの動きは前走以上、叩き2戦目で上積みもありそう、要注意の存在。

マイネルフロスト
今回は追い切りでは派手な時計はなかったが、それでも良い伸びを見せていた。ここ最近の重賞は成績も安定。このメンバーなら実力上位で期待十分。

ベルーフ
最終追い切り栗CWで良い伸び。大外にはなったが、実力は上位。小倉記念で2着と小倉コースでの実績もあり。距離さえ対応できれば怖い存在に。

コスモソーンパーク
1週前南W&最終追い切り小ダでの追い切り。2週共に良い動きで好気配。昨年の今レースで2着、そして小倉も(1.2.0.0)と好相性。オッズ的に妙味ありでこちらも面白い一頭になりそう。

レッドアリオン
最終追い切り栗坂50.9‐12.4馬なりと栗坂全体7番時計の好タイムを馬なりで記録。ここ最近のレースを見ると中々狙いづらいところではあるが、気配は文句なしに良い感じ。小倉コースは初めてだが、実績もある馬で素質は十分。決して無視はできない。

アルバートドッグ
最終追い切り栗CWで終い12.1と良い伸び。内目での時計で特別強調できないが、ここ最近は強敵相手に善戦しているし今レースも注意しておきたい。

ハピネスダンサー
最終追い切り栗坂で一杯での追い切り。過去10年で斤量53キロ以下の馬は(0.0.0.22)と大不振だが、斤量52キロは間違いなく魅力だし、無視はできない。

ネオリアリズム
最終追い切り小ダで良い動き。前走は展開が向かず7着。ただ末脚は良いものを持っているし、展開が向けば面白くなりそう。

テイエムタイホー
今回は中1週&輸送もあるため軽目の追い切り。それでも大外を周回して良い動き。ここ2走は斤量57キロで連続して好走。気配は変わらず良いし、ここで好走してもおかしくない。

[sc:+α 中団 ]

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。
2016年度通算成績はこちらで公開しています。

さっそく見ていきましょう。

21日開催平場レース好調教馬
京都開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬
※平場レースでも今年から分類を上記の通りに変更しました。

【京都4R】
ドリームセーリング(美坂)

【京都11R】
メラグラーナ(栗坂)

小倉開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬

【小倉4R】
コスモコルピウス(栗CW)

【小倉8R】
クリノカンパニー(美坂)

【小倉12R】
人気ブログランキングへ→1(栗坂)
プルメリアスター(栗坂)

人気ブログランキングへ→1は、今週栗坂50.0‐12.3一杯で栗坂全体堂々の1番時計を記録。終いも12.3とすばらしい伸び。毎回追い切りでは破格のタイムを記録してくる馬で、素質はかなりのもの。ここでも当然要注意。

注目のハンデ重賞、小倉大賞典!勝つのはどの馬か、楽しみです!
平場レースも見ごたえ十分。特に小倉12Rには要注目です。

[sc:+α 下段 通常 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^