最終追い切り

G3ダイヤモンドS2016☆最終追い切り!好気配は?

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は2月20日に開催されるG3ダイヤモンドSの最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G3ダイヤモンドS・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/10 美坂 52.2‐13.7 強目
2/17 南W 69.1‐13.2 馬なり

最終追い切り南W69.1‐13.2馬なり。今週は馬なり追い切りで速い時計はなかったが、1週前に強目で追い切りされて美坂全体6番時計の好タイムを記録しているし仕上がりは文句なし。8歳にはなったが、年明けの万葉Sで3着に入ったし、また追い切りの動きも良いし衰えの心配は無用。昨年のG1天皇賞春では勝ち馬ゴールドシップと0.3秒差の5着と善戦。今メンバー相手なら通用する力は十分。要注意の一頭で。

タンタアレグリア
2/10 南W 67.1‐12.7 馬なり
2/17 南W(82.8)66.6‐12.6 G前

最終追い切り南W(82.8)66.6‐12.6G前。6Fから追い切りされて全体&終い共に好タイムを記録。今回4ヶ月の休み明けだが、この追い切りでしっかりと仕上げてきた印象。今回古馬の強豪との闘いとなるが、青葉賞で2着、菊花賞で4着と長距離の実績あり。追い切りでの気配も良いしこちらも怖い存在。

マドリードカフェ
2/10 栗P 62.5‐11.3 一杯
2/17 栗坂 54.4‐12.4 強目

最終追い切り栗坂54.4‐12.4強目。強目での追い切りで終い12.4と良い動き。1週前には栗P5F全体6番時計と良い動きを見せていたしこちらも気配良好。前走万葉Sでオープンクラスも勝利。追い切りでは毎回良い動きをしてくる馬で通用する力は十分。斤量も53キロで面白い一頭。

ファタモルガーナ
2/10 栗坂 54.1‐13.1 強目
2/17 栗坂 53.4‐12.7 強目

最終追い切り栗坂53.4‐12.7強目。強目での追い切りで、昨年今レース2着時の最終追い切り栗坂53.7‐12.7一杯よりも良い時計を記録してきた。今回も昨年と同様のローテーション、昨年と変わらず気配も良好。適性はもちろんあるしこちらも怖い一頭になりそう。

[sc:+α 中団 ]

モンドインテロ
2/10 南W 71.9‐13.3 馬なり
2/17 南W 67.8‐13.1 G前

最終追い切り南W67.8‐13.1G前。南W5F全体67.8と良い時計を記録してきた。現在1000万&1600万と連勝中。3400mの距離は未知だが、通用する力はありそう。当然注意しておく必要ありで。

カムフィー
2/10 南W 67.4‐13.2 強目
2/17 南W 67.7‐13.3 一杯

最終追い切り南W67.7‐13.3一杯。一杯での追い切り、外を周回して好タイムを記録。昨年の今レースは軽量の恩恵もあったが、3着と好走。ただ前走ステイヤーズSでは斤量56キロを背負って2着と好走しているし、昨年よりも斤量が重くなっても気にする必要はなし。1週前に引き続き、最終追い切りも良い動きをしてきたし決して無視できない存在。

トゥインクル
2/10 栗CW(84.2)68.3‐12.6 一杯
2/17 栗CW(84.1)67.7‐12.5 一杯

最終追い切り栗CW(84.1)67.7‐12.5一杯。2週続けて6Fから一杯での追い切り。1週前よりも良い時計を出してきたし、段々と調子を上げてきている印象。2走前のG2ステイヤーズSでは勝ち馬は強すぎたが、2着のカムフィーとクビ差の好レースで、距離適性は問題なし、斤量も54キロで注意が必要。

フェイムゲーム
2/10 南W 69.1‐13.6 G前
2/17 南W 70.6‐13.2 一杯

最終追い切り南W70.6‐13.2一杯。一杯での追い切りで、5F全体70.2と物足りない時計。昨年の今レースの覇者で、天皇賞春ではゴールドシップとクビ差の2着と激走。地力は今メンバーでトップクラスは間違いないし当然注意は必要だが、海外明けで、この追い切りの動き、強調はできない。

ホッコーブレーヴ
2/10 南D 65.5‐12.6 強目
2/17 南D 68.6‐12.6 馬なり

最終追い切り南D68.6‐12.6馬なり。馬なり追い切りで時計は平凡。こちらも海外明けのレースで仕上がりは少し物足りない感じ。実績はあるし無視はできないが。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察