G3小倉大賞典2016☆最終追い切り!注目は?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は2月21日に開催されるG3小倉大賞典の最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G3小倉大賞典・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/10 栗坂 55.9‐13.0 馬なり
2/17 栗坂 52.7‐13.1 一杯

最終追い切り栗坂52.7‐13.1一杯。普段の攻めは動かない馬だが、今回は一杯で追い切りされて好タイムを記録。前走G2日経新春杯の最終追い切りは栗坂53.8‐13.4一杯。これと比較しても気配が良いのは明らか。前走は2ヶ月の休み明け&斤量58キロを背負いながらも4着と好走。今回も斤量は58キロと厳しいが相手関係は前走より楽になるし、叩き2戦目で上積みも十分。好仕上がりで要注意の一頭。

レッドアリオン
2/10 栗坂 53.6‐12.3 一杯
2/17 栗坂 50.9‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂50.9‐12.4馬なり。馬なり追い切りで栗坂全体7番時計、そして終いも12.4と抜群の動き。今回2ヶ月の休み明けとなるが、1週前も一杯で追い切りされ、また今週もしっかりと動いてきたし万全の状態と言えそう。ここ最近は2桁着順続きだが、重賞では何度も好走してきている馬。この追い切りの動きなら当然警戒すべき。

コスモソーンパーク
2/7  南W   ‐12.5 馬なり
2/17 小ダ 69.3‐11.9 馬なり

最終追い切り小ダ69.3‐11.9馬なり。馬なり追い切りで全体は速い時計を出してこなかったが、終いでは11秒台を記録するなど良い脚。8歳にはなったが、前走では6番人気2着と好走。小倉コースも得意、昨年2着と実績もあるし当然有力の存在。

マイネルフロスト
2/10 南W 68.0‐13.0 馬なり
2/17 小ダ 68.1‐11.9 馬なり

最終追い切り小ダ68.1‐11.9馬なり。内目を周回しての時計ではあるが、全体的に良い動き。今年に入って、重賞では2・4着と続けて好走。追い切りの動きを見る限りまだまだ元気もあるしこちらも無視できない。

[sc:+α 中団 ]

ベルーフ
2/11 栗CW(87.4)69.6‐12.3 一杯
2/17 栗CW     ‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW終い12.0一杯。上がり中心の追い切りだったが、一杯で終い12.0と良い伸び。ここ最近は馬券には入れていないが、ここ2走の古馬相手の重賞では勝ち馬と僅差続き。通用する力は当然あるし、また小倉記念2着と小倉での実績もあり。折り合いが付けば面白くなりそう。

アルバートドッグ
2/10 栗CW(84.5)69.5‐12.9 馬なり
2/17 栗CW(83.5)67.6‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW(83.5)67.6‐12.1一杯。一杯で6Fからの追い切り、特別時計は速くないが最後までしっかりとした良い動き。ここ2走は連続3着だが、その時の勝ち馬はトーセンレーヴ、ダッシングブレイズと強敵だった。この時のレースで勝ち馬と僅差だったことを考えるとこの馬もかなりの素質を持っていそう。今回2ヶ月の休み明けだが注意しておく必要あり。

ハピネスダンサー
2/10 栗坂 55.4‐12.6 一杯
2/17 栗坂 53.0‐12.4 一杯

最終追い切り栗坂53.0‐12.4一杯。一杯での追い切りで1週前よりも良い時計を記録してきた。過去のデータでは斤量53キロ以下の軽量馬は馬券に絡んだことはなし。ただそれでもやはり斤量52キロは見逃せないポイント。小倉コースも得意で注意しておきたい存在。

ネオリアリズム
2/11 小ダ 72.2‐12.7 馬なり
2/17 小ダ 68.2‐12.0 強目

最終追い切り小ダ68.2‐12.0強目。強目での追い切りで1週前よりも良い動き。前走G2中山金杯は7着と敗れはしたが、勝ち馬とは0.5秒差と僅差。また前走中山金杯組は過去好成績で注意しておきたい。

テイエムタイホー
2/17 栗CW(87.7)70.9‐12.4 馬なり

最終追い切り栗CW栗CW(87.7)70.9‐12.4馬なり。今回は中1週の為か、軽目の追い切り。年明け2戦は京都金杯2着、東京新聞杯5着と好走を続けている。今回も斤量57キロだがこのメンバーなら上位争いも可能。こちらも注意で。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^