G3京都牝馬S2016☆最終追い切り!好調教馬は?

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は2月20日に開催されるG3京都牝馬Sの最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G3京都牝馬S・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/10 南W(80.6)65.1‐13.2 強目
2/17 美坂 54.0‐12.8 馬なり

最終追い切り美坂54.0‐12.8馬なり。今週は全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いでは12.8と良い伸びを見せた。1週前に南W6Fから強目で追い切りされているし気配は絶好。今回4ヶ月の休み明けだが状態はかなり良さそう。前走G1スプリンターズSでは9番人気ながら、上がり最速で勝ち馬ストレイトガールに0.2秒差の3着と好レース。本格化の兆しも見えるし有力の存在。

ウインプリメーラ
2/11 栗坂 53.0‐12.4 一杯
2/17 栗坂 51.8‐12.0 一杯

最終追い切り栗坂51.8‐12.0一杯。一杯での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。特に終い12.0は抜群の伸び。今回斤量は55キロと増えるが、前走京都金杯では牡馬を破っての勝利。今メンバーで通用する力は十分。5勝している得意の京都コースで今回も非常に怖い存在。

スナッチマインド
2/11 栗坂 50.8‐12.2 強目
2/17 栗坂 55.1‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂55.1‐12.4馬なり。馬なり追い切りで終い12.4と良い伸びを見せた。1週前に栗坂で全体51秒を切る好タイムを記録していて、今週はこれくらいで十分。動きも文句なしでしっかりと仕上がった印象。今回相手は強くなるが、斤量は53キロで、しかも得意の京都コース。追い切りの動き通りなら好走しても何らおかしくない。こちらも非常に面白い存在。

ディープジュエリー
2/10 南W(84.0)68.3‐12.8 馬なり
2/17 南W(82.1)66.2‐12.9 強目

最終追い切り南W(82.1)66.2‐12.9強目。6Fからの追い切りで南W5F全体10番時計の好タイムを記録、終いも12.9と良い伸びを見せた。今回2ヶ月の休み明けだが、2週続けて6Fからしっかりと追い切りされていて仕上がりは文句なし。重賞では結果は出ていないが、デビューから3戦連続で勝利した素質馬。この動きならもっとやれるはず。

ベルルミエール
2/10 栗CW(82.0)65.8‐12.7 一杯
2/17 栗CW     ‐12.0 馬なり

最終追い切り栗CW終い12.0馬なり。今週は上がり重点の追い切りだったが、大外を周回して終い12.0と良い伸びを見せていた。1週前も栗CW6Fからしっかりと追い切りされていてこちらも万全の仕上がりと言って良さそう。ここ2走は大敗続きだが、得意の1400mなら期待十分。こちらも無視できない存在。

[sc:+α 中団 ]

クイーンズリング
2/11 栗CW(85.1)68.6‐12.6 馬なり
2/17 栗坂 52.9‐12.0 強目

最終追い切り栗坂52.9‐12.0強目。強目での追い切りで終い12.0とすばらしい伸びを見せた。前走エリザベス女王杯では8着と敗れはしたが、勝ち馬とは0.3秒差と僅差。この時のエリ女上位メンバー、タッチングスピーチ&スマートレイアーは先日の重賞で結果を出している。この馬も力はあるはずで牝馬限定のG3なら当然注意すべき存在。

マジックタイム
2/11 南W 70.3‐13.2 馬なり
2/17 南W 66.9‐12.9 馬なり

最終追い切り南W66.9‐12.9馬なり。馬なり追い切りで全体&終い共に好タイムを記録。間隔が詰まっていて、1週前は軽目の追い切りだったが、最終追い切りでは前走に引き続き良い動きを見せてきた。京都コースは初めてで、右回りは久しぶり。ただ今の勢いなら上位に入ってもおかしくないし注意しておきたい存在。

ウリウリ
2/10 栗坂  54.7‐12.1 強目
2/17 栗CW 68.4‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW68.4‐12.0一杯。一杯での追い切り。普段と比べると全体時計は少し物足りないが、終いでは12.0と良い伸び。今回斤量57キロなのは厳しいところだが、京都実績、地力もあるし当然警戒しておきたい。

ペルフィカ
2/11 栗坂 54.3‐12.7 強目
2/17 栗坂 51.8‐12.5 強目

最終追い切り栗坂51.8‐12.5強目。強目での追い切りで栗坂全体51秒台と好タイムを記録。2ヶ月の休み明けだが仕上がりは良い感じ。京都コースは(2.1.0.1)と得意で注意しておく必要がありそう。

リーサルウェポン
2/10 栗CW   ‐12.4 強目
2/17 栗CW   ‐12.9 G前

最終追い切り栗CW終い12.9G前。今週も上がり重点だが、中4週と間隔も詰まっているし仕上がりは上々。今回斤量が4キロ増加するが、確実に力をつけてきているしこちらも無視できない。

レッドオーヴァル
2/10 栗CW   ‐12.1 馬なり
2/17 栗CW   ‐12.5 馬なり

最終追い切り栗CW終い12.5馬なり。今週も上がり重点の追い切り。動きは悪くないが、久々で2週続けて軽目の追い切りなのは気になるところ。実績はあるし無視はできないが、今回はそこまで強調できない感じ。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^