G2京都記念2016☆1週前追い切り!注目馬の追い切りは?

GⅡ1週前追い切り
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は2月14日に開催されるG2京都記念の1週前追い切り好タイム馬の紹介です。

G2京都記念・1週前追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
2/3 栗坂 50.8‐12.9 一杯

1週前追い切り栗坂50.8‐12.9一杯。一杯で追い切りされて栗坂全体3番時計の好タイムを記録。この時計は5戦前に勝利したG2日経賞の1週前追い切り栗坂50.8‐12.6一杯とほぼ同じ時計。骨折明けから重賞では中々結果は出ていないが、前走G1有馬記念では勝ち馬と0.3秒差の7着と僅差。追い切りの動きを見ても確実に気配は良くなっている印象。2015年の日経新春杯で京都で勝利しているし適性は心配なさそう。最終追い切りで良い動きを見ることができれば。

人気ブログランキングへ→2
2/3 南W 66.8‐12.6 一杯

1週前追い切り南W66.8‐12.6一杯。一杯での追い切り、大外を周回して南W5F全体13番時計の好タイムを記録。登録メンバーの中で一番賞金は低いが、追い切りの動きは抜群、通用する力はあるはず。今週の動きにも要注目で。

ショウナンバッハ
2/6 南W   ‐12.3 馬なり

1週前追い切り南W終い12.3馬なり。間隔が詰まっている為か、上がり中心の追い切りだったが、それでも外を周回して終い12.3と抜群の伸び。前走G2AJCCでは7番人気3着と好走。今回も引き続き好気配。こちらも注目の一頭。

[sc:+α 中団 ]

タッチングスピーチ
2/3 栗坂 53.1‐12.4 強目

1週前追い切り栗坂53.1‐12.4強目。強目で追い切りされて終い12.4と良い脚。前走G1エリザベス女王杯では勝ち馬と僅差の3着と好走。勝ち馬のマリアライトはその後G1有馬記念で4着と好走、これを考えてもこのメンバー相手でも通用する力は十分。エリザベス女王杯の最終追い切りは栗坂52.2‐12.7一杯。今週これくらい動ければかなり怖い存在になりそう。

ヤマカツエース
2/4 栗CW(83.4)67.6‐11.9 一杯

1週前追い切り栗CW(83.4)67.6‐11.9一杯。一杯で追い切りされて終い11.9とさすがの脚を披露。現在重賞2連勝中。この勢いは怖い、今回も注意しておきたい。

ヒストリカル
2/3 栗坂 52.1‐12.8 一杯

1週前追い切り栗坂52.1‐12.8一杯。栗坂全体52.1と良い動き。現時点で気配良好。前走G3チャレンジカップでは最終追い切り栗坂51.8‐13.3一杯で2着と好走。最終追い切りではこれくらいの時計が出せれば。

サトノクラウン
2/4 南W(83.9)69.2‐13.1 一杯

1週前追い切り南W(83.9)69.2‐13.1一杯。一杯での追い切りで上々の動き。今回久々のレースで、現時点では何とも言えない感じ。実力は高いものを持っているし、最終追い切り次第では。

レーヴミストラル
1/27 栗CW(87.5)71.7‐13.1 馬なり

1週前追い切り栗CW(87.5)71.7‐13.1馬なり。今週は軽目の追い切り。先日の日経新春杯では最終追い切り栗CW終い11.7で勝利。最終追い切りの終い1Fには要注目で。

ワンアンドオンリー
2/3 栗坂 53.0‐12.9 一杯

1週前追い切り栗坂53.0‐12.9一杯。一杯で追い切りされて上々の動き。特別強調はできる時計ではないが、調子は良さそう。

[sc:+α 下段 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^