平場予想

G3きさらぎ賞2016☆予想!京都平場レースも紹介!

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

今回はG3きさらぎ賞と京都平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

以前の記事で紹介した、G3きさらぎ賞の1週前&最終追い切りで本命候補になった馬は、
・サトノダイヤモンド
・オンザロックス
・ロイカバード
上記の3頭。

サトノダイヤモンド&ロイカバードが栗CW追い切り。オンザロックスは栗坂での追い切り。オンザロックスは連闘でのレース&ダートから芝へのレース、そしてこのオッズでは軸にはしづらい穴評価で。

残るは2頭。この2頭は新馬戦で直接対決。結果はサトノダイヤモンドが0.4秒差をつけて勝利。前走500万も上がり最速の圧勝。ロイカバードも2走前に京都1800mを勝利している魅力があるが、やはり末脚ではサトノダイヤモンドに軍配。追い切りの動きも文句なしに良いし、今回はやはりこの馬で勝負します。

よって本命は、
サトノダイヤモンドで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※今年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3きさらぎ賞・予想
2016 きさらぎ賞 調教評価

サトノダイヤモンド
1週前に栗CWで終い11秒台を記録、併せ馬トーセンスターダムにも追走して先着するなどかなり好気配。かなりの素質を秘めているのは明らか。ここではやはり最有力で。

ロイカバード
こちらも栗CWで6Fから追い切りされて良い動き。新馬戦でサトノダイヤモンドに大差で敗れてはいるが、その後2走連勝中。相手は強力だが、京都1800mの勝利経験もあるし、京都は(2.1.0.0)と相性抜群。逆転してもおかしくはない。

ロワアブソリュー
最終追い切り栗坂で良い伸びを見せた。前走新馬戦では逃げて上がり33.8と良い脚を見せていた。強力メンバー相手だが、先行有利の展開になれば面白くなりそう。

モウカッテル
毎回栗坂で良い動きを見せている馬。連闘だが疲れはなさそう。追い切り通り動ければ好走してもおかしくはない。

オンザロックス
こちらも連闘。前走は7着と敗れてはいるが、最終追い切り栗坂50.3‐13.0一杯とかなり良い動きを見せていた。こちらも追い切り通り動ければ。

レプランシュ
追い切り時計は特別速くはないが、併せ馬に先着していたし気配は良い感じ。過去3戦すべてで上がり最速と良い末脚を見せているし、注意が必要。

[sc:+α 中団 ]

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。
さっそく見ていきましょう。

7日開催平場レース好調教馬
京都開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=大穴 ★=新馬
※平場レースでも今回から分類を上記の通りに変更しました。

【京都2R】
ノーアトゥーン(栗坂)

【京都7R】
人気ブログランキングへ→1(栗坂)

人気ブログランキング→1は、最終追い切り栗坂52.3‐12.3一杯。一杯で追い切りされて全体&終い共に好タイムを記録。得意の京都で期待も十分。

【京都9R】
人気ブログランキングへ→2(栗坂)

人気ブログランキングへ→2は、1週前&最終追い切り栗坂で全体51秒台の好タイムを記録。前走は大差での圧巻の勝利。このクラスでも当然能力上位で。

春のクラシックの登竜門、きさらぎ賞!サトノダイヤモンドの圧勝か、また伏兵が現れるか楽しみです。
平場レースも見ごたえ十分。特に京都7R&9Rには要注目です。

[sc:+α 下段 通常 ]

↓私もこの度参加させて頂いた、「メシ馬ブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。是非ご覧下さい(^^
重賞考察