G2アメリカJCC2016☆最終追い切り!21日更新版!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は1月24日に開催されるG2アメリカJCCの最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G2アメリカJCC・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
1/14 南W(80.3)64.9‐13.1 一杯
1/20 美坂 63.7-14.4 馬なり
1/21 南W 68.5‐12.3 強目

21日に南W68.5‐12.3強目。強目での追い切りで終い12.3と素晴らしい伸びを見せた。1週前にもかなり良い動きをしていたし気配はかなり良い感じ。前走ジャパンカップでは12着と大敗したが、実はあのメンバーの中で上がり最速を記録していた。今回のメンバー相手なら当然上位争い可能。要注意で。

人気ブログランキングへ→2
1/14 美坂 56.2‐12.5 馬なり
1/21 美坂 54.2‐12.9 強目

最終追い切り美坂54.2‐12.9強目。2週続けて美坂で終い12秒台の好タイムを記録。全体時計は速い時計はなかったが、前走の金鯱賞でも最終追い切り美坂57.1‐13.5強目で2着と好走していたし、今回も気配良好。力上位も間違いなしで当然有力の存在。

[sc:+α 中団 通常 ]

サトノラーゼン
1/14 栗CW(86.0)68.1‐12.1 強目
1/20 栗坂 53.9‐12.1 一杯

最終追い切り栗坂53.9‐12.1一杯。一杯で追い切りされて全体時計は特別速くはないが、終いは12.1とすばらしい伸び。今回菊花賞以来のレースとなるが、しっかりと追い切りされて気配は良好。ダービー2着と実績も十分。初の中山となったセントライト記念では7着と敗れはしたが、適性はありそうでやはり注目の存在。

マイネルフロスト
1/17 美坂 55.1‐12.5 一杯
1/20 南W 70.0‐12.8 馬なり

最終追い切り南W70.0‐12.8馬なり。馬なり追い切りで終い12.8と良い伸び。今回間隔が詰まってのレースとなるが、追い切りの動きを見る限り調子は良さそう。前走中山金杯での展開をすることができれば上位争いも十分可能。こちらも注目で。

クランモンタナ
1/14 栗坂 52.0‐13.2 一杯
1/20 栗坂 52.3‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂52.3‐12.8一杯。一杯で追い切りされて上々の好タイムを記録。久々の前走で3着と好走しているしこの追い切りで体勢は整った感じ。叩き2戦目で注意はしておきたい。

ショウナンマイティ
1/15 栗坂 51.9‐13.0 一杯
1/21 栗坂 54.3‐12.2 一杯

最終追い切り栗坂54.3‐12.2一杯。一杯での追い切り、21日は不良馬場で終い12.2なら良い動きと言える。ただ今回2014年6月以来のレース。全盛期にかなりの好タイムを記録していた時と比べるとやはり物足りない感じ。今回はそんなに強調はできないか。

ステラウインド
1/15 南W   ‐14.2 馬なり
1/20 南W 69.2‐12.9 一杯

最終追い切り南W69.2‐12.9一杯。一杯で追い切り、全体時計は速くないが、大外を周回しての終い12.9は良い脚。前走中山金杯では5着とまずまずの結果。前走と比べると少し物足りない感はあるが、気配は悪くないし注意しておきたい。

フラガラッハ
1/14 栗坂 53.2‐12.8 馬なり
1/21 栗坂 53.4‐12.4 強目

最終追い切り栗坂53.4‐12.4強目。馬場が悪いながら全体&終い共に良い動き。9歳にはなったが動きは良いしオッズ次第では押さえておきたい。

ルルーシュ
1/14 美坂 53.8‐12.8 馬なり
1/21 美坂 54.7‐12.4 馬なり

最終追い切り美坂54.7‐12.4馬なり。馬なり追い切りで2週続けて終い12秒台の好タイムを記録。今回1年5ヶ月ぶりのレースで強調はしづらいが、実績もあるし注意はしておきたい。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^