G2日経新春杯2016☆最終追い切り!本命候補は?

GⅡ最終追い切り2
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は1月17日に開催されるG2日経新春杯の最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G2日経新春杯・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
1/10 美坂 52.8‐12.6 馬なり
1/13 美坂 57.6‐12.3 馬なり

最終追い切り美坂57.6‐12.3馬なり。馬なり追い切りで終い12.3と抜群の伸び。1週前に美坂で速い全体時計を記録しているし今週はこれくらいで十分。前走アルゼンチン共和国杯では7着と敗れはしたが、道悪だったし心配する必要なし。気配もかなり良いし、また今回の鞍上はM.デムーロ騎手。やはり要注意の存在。

レーヴミストラル
1/6  栗CW(85.1)69.1‐12.1 一杯
1/14 栗CW(87.7)71.1‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW栗CW(87.7)71.1‐11.7一杯。6Fからの追い切り、全体時計は平凡だが、終いでは11.7とさすがの末脚を披露。青葉賞で2400mの勝利経験もあるし距離の心配も無用。京都コースも得意、上がり勝負になれば勝ち負けまで。

[sc:+α 中団 通常 ]

アドマイヤフライト
1/5  栗坂 53.0‐12.1 一杯
1/11  栗CW(85.3)68.9‐12.0 一杯
1/14  栗坂 61.8‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂61.8‐12.1馬なり。今週は上がり中心の追い切りだったが、5日、11日と一杯で追い切りされているし今週はこれくらいで十分。京都コースは(2.2.2.1)と大得意のコース。7歳になったが前走で2着と好走、また追い切りの動きも良いしまだまだ元気一杯。間隔は少し空いたが、しっかりと乗り込まれているしいきなり注目で。

シュヴァルグラン
1/6  栗CW(85.1)70.1‐12.9 一杯
1/14 栗CW(99.7‐83.3)68.2‐13.6 強目

最終追い切り栗CW(99.7‐83.3)68.2‐13.6強目。終いは少し時計を要したが、7Fからの追い切りでそれほど心配する必要なし。現在3連勝中と勢いは抜群。また今回斤量54キロで出走できるのは魅力。当然警戒が必要。

ダコール
1/3  栗坂 53.0‐12.7 一杯
1/14 栗坂 53.8‐13.4 一杯

最終追い切り栗坂53.8‐13.4一杯。一杯での追い切り。時計は速くはないが、いつも速い時計を出してくる馬ではないし特に気にする必要はなし。京都コース、そして休み明けも心配得意。末脚勝負になれば面白い。

サトノノブレス
1/3  栗坂  56.5‐12.6 馬なり
1/8  栗CW 69.2‐12.2 強目
1/14 栗坂  55.7‐12.6 馬なり

最終追い切り栗坂55.7‐12.6馬なり。馬なり追い切りで上々の動き。今レース一昨年の勝ち馬。長らく不振だったが、最近は調子を取り戻してきている。しかし今回斤量は58キロとかなり厳しい数字。能力上位は間違いないがどこまでやれるか。

ダービーフィズ
1/8  美坂 59.4‐14.0 馬なり
1/13 美坂 53.6‐13.5 強目

最終追い切り美坂53.6‐13.5強目。強目での追い切り。今週の美坂は全体的にかなり速い時計がでていて、時計的に少し物足りない印象。夏競馬の勢いがあれば当然ここでは上位だが、絶好調とは言いにくい。

ベルーフ
1/11 栗坂  57.9‐13.3 強目
1/14 栗CW(85.7)69.6‐12.8 一杯

最終追い切り栗CW(85.7)69.6‐12.8一杯。前走のこともあるし中々上位評価にはしづらいが、今週6Fから一杯で追い切りされたし過度に気にする必要はないか。力はあるし注意はしたい。

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^