G1有馬記念2015☆予想!中山平場レースも紹介!

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

今回はG1有馬記念と中山平場レースの紹介です。

さて、G1有馬記念の1週前&最終追い切りで本命候補になった馬は、
・リアファル
・ゴールドアクター
・キタサンブラック
上記の3頭。

リアファルは栗坂、ゴールドアクターは南W、キタサンブラックは栗CWでの追い切り。どの馬も1・2週前もしくは最終追い切りで好タイムを記録。どの馬も気配はかなり良い感じ。

ただ過去10年で勝ち馬の9頭は4番人気以内。上記3頭中、現時点でこれに当てはまるのはリアファル&キタサンブラック。

残るは2頭。中山巧者のキタサンブラックも当然魅力だが、2週前の動きは良かったが、最終追い切りの動きは、前走よりも少し物足りない印象。一方リアファルは最終追い切り栗坂で全体51秒の好タイムを記録。併せ馬でランウェイワルツを追走して大きく先着、この馬は土曜日のレースで3着と好走しているのを考えるとかなりの好気配と考えて良さそう。

今回は栗坂で好タイムを記録、菊花賞で3着と負けてなお強しの存在感を見せたこの馬を本命にします。

よって本命は、
リアファルで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。

G1有馬記念・予想
2015 有馬記念 調教評価

リアファル
最終追い切り栗坂でいつも通りの全体51秒台の好タイムを記録。相手は強いが前で競馬ができるのも魅力。有力で。

キタサンブラック
今週の動きは派手な動きではなかったが、9日には栗CWで破格の好タイムを記録しているし気配良好。こちらは中山に実績があるのが魅力。こちらも当然無視できない。

ゴールドシップ
追い切りでは派手な時計ではなかったが、動きは良いし状態は心配なし。今回がラストラン、実績は言うまでもなし。あとは馬に気持ちが入れば。有終の美を飾れるか大注目で。

ゴールドアクター
1週前の南Wで破格の好タイムを記録。過去関東馬は大不振だが、この追い切りを見せられたら当然無視できない。今回面白い存在。

ラストインパクト
栗CWで終い11.6と素晴らしい伸び。今回騎手が乗り替わりなのは気になるところだが、気配は前走と変わらずかなり良い感じ。内枠もゲットしたし注意すべきで。

ラブリーデイ
最終追い切り栗CW。かなり使われているが、動きは悪くないし状態は落ちてはいない感じ。ただ上積みは少なそうで、この2500mという距離を考えるとどうか。勢いは文句ないし、年度代表馬候補。当然馬券には入れておきたいが。

アルバート
最終追い切り南W終いで良い動きを見せた。前走ステイヤーズSで圧勝。勢いもあるし押さえておきたい。

ワンアンドオンリー
1週前追い切り栗坂で全体51秒台の好タイムを記録。ここ最近の成績を考えると狙いづらいところはあるが、普段はあまり時計を出してこない馬だけに注意はしておきたい。

サウンズオブアース
最終追い切り栗CWで最後までしっかりとした動き。鞍上はM.デムーロ騎手で魅力十分。注意で。

ルージュバック
1週前&最終追い切り南Wで好タイムを記録。中山の適正は未知だが、斤量53キロは魅力。無視はできない。

[sc:+α 中団 ] 続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。
過去の詳しい成績はこちらで公開しています。

ではさっそく見ていきましょう。

27日開催中山平場レース好調教馬
中山開催レース好調教馬

◎=本命 ★=新馬 ☆=注意

【中山6R】
人気ブログランキングへ→4(栗坂)

人気ブログランキングへ→4は、中1週で栗坂51.6‐12.8一杯と好タイムを記録。気配が絶好なのは明らか。期待できそう。

【中山7R】
セセリ(栗坂)

2015年の集大成有馬記念!ゴールドシップもついに見納め。有終の美を飾るか、またまた伏兵の激走か。大注目です!
平場レースも見ごたえ十分。特に中山6Rには要注目です。

[sc:+α 下段 通常 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^