G1マイルチャンピオンシップ2015☆最終追い切り!注目は?

G1最終追い切り 2
スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は11月22日に開催されるG1マイルチャンピオンシップの最終追い切り好タイム馬の紹介です。

G1マイルチャンピオンシップ・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
11/13 南W 71.3-13.2 馬なり
11/18 南W(81.7)65.8-11.8 馬なり

最終追い切り南W南W(81.7)65.8-11.8馬なり。外目を周回して本日南W5F全体7番時計の好タイムを記録。全体時計も素晴らしいが、注目すべきは終い11.8の脚。重馬場で外目を周回してのこの時計で中々見ることができない数字。気配が絶好なのは明らか。前走G1天皇賞秋では6番人気ながら3着と好走、今回前走より2Fの距離短縮となるが、過去新馬戦&G3新潟2歳Sで1600mでも好走していたし、そんなに心配する必要もなさそう。絶好の気配当然無視できない。

人気ブログランキングへ→2
11/13 栗坂 53.6-12.6 馬なり
11/18 栗坂 52.2-12.2 強目

最終追い切り栗坂52.2-12.2強目。1週前は軽目の追い切りだったが、最終追い切りは強目での追い切り。時計も全体&終い共に素晴らしい時計。昨年は惜しくも2着だったが好レース、距離&コース適性は文句なし。7歳にはなったが、前走では久々ながら2着と好走。叩き2戦目で上積みもあるし年齢は気にしする必要なし。こちらも有力の存在で。

レッツゴードンキ
11/11 栗坂 51.4-12.4 馬なり
11/18 栗坂 55.2-11.9 馬なり

最終追い切り栗坂55.2-11.9馬なり。今回は全体時計は55.2だが、終いは11.9と抜群の伸び。話によると道中は溜めて直線で弾けるようなイメージでやったとのこと。今回折り合いが鍵になりそうだが、この最終追い切り通りの動きをすることができれば一発チャンスがあってもおかしくない。気配は絶好で注意すべき存在。

レッドリヴェール
11/11 栗坂 53.5-12.6 馬なり
11/18 栗坂 51.7-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂51.7-12.3馬なり。馬なりでの追い切りで自己ベストに迫る好タイムを記録、終いも12.3と素晴らしい動き。今回牡馬の強力メンバー相手、そして前走大敗後のレースと条件は厳しいが、追い切りの動きを見る限り気配は文句なし、通用してもおかしくない感じ。決して無視できない。

[sc:+α 中団 通常 ]

カレンブラックヒル
11/11 栗坂 52.4-12.9 強目
11/18 栗坂 52.1-12.1 一杯

最終追い切り栗坂52.1-12.1一杯。最終追い切り一杯で追い切りされて全体&終いともに良い動き。正直絶好調とは言えない感じだが、この追い切りで確実に気配は良くなった印象。実績は文句なしで無視できない。

ダノンシャーク
11/12 栗坂 52.1-12.5 一杯
11/18 栗坂 52.6-12.0 一杯

最終追い切り栗坂52.6-12.0一杯。一杯で追い切りされて終い12.0。勝利した昨年と比べると少し物足りない印象だが、それでもこの動きをしてくるのはさすがと言ったところ。実績はもちろんあるし注意は必要。

ダイワマッジョーレ
11/13 栗坂 55.5-12.2 馬なり
11/18 栗坂 51.8-12.6 強目

最終追い切り栗坂51.8-12.6強目。最終追い切りで好タイムを記録、こちらも気配は良い感じ。久々の前走スワンSで9番人気5着、勝ち馬とは0.3秒差と僅差。叩き2戦目で変われれば面白くなりそう。

モーリス
11/12 南W(83.7)69.0-12.8 馬なり
11/19 南W     -12.1 馬なり

最終追い切り南W終い12.1馬なり。上がり中心の追い切りだったが、終い12.1を馬なりで記録するなど素晴らしい伸びを見せた。今回安田記念以来のレースで間隔は空いたが、追い切りの動きを見る限りいきなり好走してもおかしくない気配。過去10年前走安田記念組は(0.0.0.5)と複勝圏内に来たことはないが現在4連勝中と絶好調。要注意の存在。

ヴァンセンヌ
11/12 栗CW 69.9-12.2 馬なり
11/19 栗坂 52.5-12.5 一杯

最終追い切り栗坂52.5-12.5一杯。不良馬場で一杯での追い切り、全体&終い共に好タイムを記録。ここ2走は物足りないレースが続いているが、今回は安田記念で2着と好走した得意の1600m。気配は良いし巻き返しに期待したい。

サトノアラジン
11/11 栗CW(84.1)68.2-12.4 馬なり
11/18 栗CW     -12.0 強目

最終追い切り栗CW終い12.0強目。今週は上がり重点の追い切り。動きは悪くないが、もう少し強目の追い切りが欲しかった印象。ただ最近は1600mでは安定した成績を残していて、G1のここでも通用する力は十分。注意はしておく必要あり。

ケイアイエレガント
11/11 美坂 53.1-13.5 一杯
11/18 南W 71.5-13.3 馬なり

最終追い切り南W71.5-13.33馬なり。1週前に一杯で追い切りされた為か、今週は軽目の追い切り。1週前の動きは良かったし気配は良さそう。今回相手は強いが、G1ヴィクトリアマイルでは2着と好走しているし距離適性は文句なし、注意で。

アルビアーノ
11/11 栗坂 56.5-13.2 馬なり
11/18 栗CW  -11.4 一杯

最終追い切り栗CW終い11.4一杯。11.4と言う数字は素晴らしい数字だが、上がり中心の追い切りで内を周回してのもの。この数字をどう捉えるかが難しいところ。ただ前走スワンSでは古馬相手に見事勝利しているし高い力があるのは明らか。無視はできない。

トーセンスターダム
11/11 栗坂 55.8-13.0 馬なり
11/18 栗CW  -11.9 強目

最終追い切り栗CW終い11.9強目。この馬も上がり中心の追い切り。強目で11.9と動きはまずまず。京都は4勝している得意舞台、相手は強いがオッズ次第では押さえてはおきたい。

ロゴタイプ
11/12 美坂 ※時計不明 一杯
11/18 南W 69.8-13.3 馬なり

最終追い切り南W69.8-13.3馬なり。時計は速くないが外を周回してものもので動き自体は良い感じ。特別強調できる感じではないが、前走では58キロを背負いながらも3着と好走。今メンバーでも実績は上位、押さえておきたい。

水曜日の最終追い切りで評価が大幅に変動!
まだ最終追い切りを終えていない馬もいるため、木曜追い切りの馬の動きにも要注目です!

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^