G1菊花賞2015☆過去10年データ+α&過去調教分析!

スポンサーリンク
[sc:好調教+αで狙え大万馬券!! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回はG1菊花賞の過去10年データ+α&過去10年過去調教分析です。

菊花賞過去10年データ+α

【体重・枠・脚質・間隔】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
菊花賞 体重、枠、脚質、間隔

【人気・オッズ】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
菊花賞 人気、オッズ

【前走成績等】
↓詳しくは拡大してご覧下さい
菊花賞 前走成績等

過去10年データ分析

馬体重500キロ以上の馬は(1.2.3.29)と不振傾向。
・枠では1枠が3勝と好成績。
逃げ馬は(0.0.2.11)後方の馬は(0.2.1.49)と不振。
先行馬が(7.4.3.18)と圧倒的な成績。
1番人気は(5.1.1.3)と好成績、信頼度は高い。
・ただ過去8番人気まで馬券に絡んできていて中波乱の傾向。
・勝ち馬は前走3着以内の馬のみ。
前走神戸新聞杯組が圧倒的な成績。
・過去5年ディープインパクト産駒は(0.1.1.14)と不振、要注意で。

[sc:+α 中団 ]
菊花賞・馬券圏内最終追い切りコース

【1着・全10頭】
栗坂  5/10
栗CW 1/10
栗芝  1/10
栗P  1/10
栗DW 2/10

【2着・全10頭】
栗CW 6/10
栗坂  3/10
栗DW 1/10

【3着・全10頭】
栗坂  4/10
栗CW 3/10
南W  2/10
栗DW 1/10

分析

※栗DWは廃止された為、分析から除く。
・勝ち馬は栗坂が5勝と最多。
・追い切りコース別馬券成績は栗坂が12/26栗CWが10/26
・過去10年で最終追い切りの強さ人気ブログランキングへで追い切りされた馬は6勝と好成績。

栗坂が5勝と最多だが、馬券圏内なら栗CWも十分狙える成績。この2コースには特に気をつけたいところです!

[sc:+α 下段 ]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^