G1秋華賞2015☆最終追い切り!やはりこの馬が・・・

スポンサーリンク
[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。

今回は10月18日に開催されるG1秋華賞の最終追い切り好タイム馬の紹介です。

秋華賞・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
10/8 栗CW 71.7-12.8 馬なり
10/15 栗CW   -11.7 一杯

最終追い切り栗CW終い11.7一杯。一杯で追い切りされて終い11.7と素晴らしい伸びを見せた。5F全体時計は出してこなかったが、前走ローズSも同様に上がり中心の追い切りで2着。今回の追い切りは、ローズSの最終追い切り栗CW終い12.1一杯よりも外を周回しての好タイム。状態は前走以上と考えて良さそう。前走4ヶ月の休み明けで2着と好走し、力の高さを証明、今回叩き2戦目で上積みも十分。万全の状態で出走できそう。

人気ブログランキングへ→2
10/8 栗坂 52.5-12.3 馬なり
10/15 栗坂 52.9-12.4 強目

最終追い切り栗坂52.9-12.4強目。全体時計は特別速くはないが、1週前にしっかりと追い切りされて好タイムを記録していて心配する必要なし。前走は4着と敗れはしたが、ハイペースの展開で、4着と粘れたのは逆に評価すべき。相手は強いが、前有利の展開になればチャンスは十分。

ノットフォーマル
10/7 南W(78.9)63.9-13.0 一杯
10/14 南W    -12.8 馬なり

最終追い切り南W終い12.8馬なり。今回は上がり中心の追い切りだったが、外目を周回して12.8を馬なりで記録するなど良い動き。また1週前には南Wで破格の5F全体1番時計を記録していて、気配は抜群に良い。実績は上記の馬には劣るが、この追い切りの動きを見る限り通用しても何らおかしくない、面白い一頭になりそう。

ディアマイダーリン
10/8 南W(83.0)67.5-13.2 一杯
10/14 美坂 52.6-12.8 馬なり

最終追い切り美坂52.6-12.8馬なり。馬なりで美坂全体1番時計の好タイムを記録、気配良好で文句なし。前走オークスでは11着と敗れはしたが、フラワーC3着、フローラS2着と重賞での好走経験もあり。今回休み明けだが、無視はできない。

[sc:+α 中団 通常 ] ○ココロノアイ
10/8 南W 68.4-12.7 一杯
10/14 南W   -12.7 馬なり

最終追い切り終い12.7馬なり。馬なりで外目を周回して12.7と良い動き。骨折明けのレースで不安な点は多少あるが、追い切りの動きを見る限りでは特に心配する必要なし。G1阪神JFで3着に入るなど実力は高いものがあるし注意しておきたい。

トーセンビクトリー
10/7 栗CW(89.4)71.3-11.8 馬なり
10/15 栗CW(84.1)66.5-11.9 強目

最終追い切り栗CW(84.1)66.5-11.9強目。栗CW6Fから追い切りされて最後までしっかりとした良い動き、気配良好。長く使われてきて大きな上積みは期待できなさそうだが、前走と同様のレースが出来れば好走してもおかしくない。こちらも無視できない。

タッチングスピーチ
10/7 栗坂 53.5-12.7 一杯
10/15 栗坂 53.6-12.9 馬なり

最終追い切り栗坂53.6-12.9馬なり。今回は馬なりの軽めの追い切り。前走が万全の仕上がりだった分、今回上積みは少なそうだが、前走の強いレースを魅せられたら当然無視するわけにはいかない。やはり注意はしたい。

シングウィズジョイ
10/7 栗CW(96.8-80.5)65.9-12.5 馬なり
10/15 栗CW(83.7)67.3-12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(83.7)67.3-12.1馬なり。今週は内目を周回しての時計。1週前に7Fからしっかりと追い切りされて良い動きをしていたが、前走ローズSと比較すると今回は少し物足りない感じ。ただ普段から追い切りでは良い動きをする馬で通用してもおかしくはないが。

アンドリエッテ
10/7 栗CW(84.6)68.8-11.7 強目
10/15 栗CW(84.5)68.5-12.2 馬なり

最終追い切り栗CW(84.5)68.5-12.2馬なり。今回新馬戦以来の最終追い切り栗CW。動きは悪くないがこれがどう出るか。ただ前走4ヶ月の休み明けながら6着に入り、今回上積みもありそうで注意はしたいところ。

キャットコイン
10/7 南P 69.3-12.7 馬なり
10/14 南P 66.3-11.6 強目

最終追い切り南P66.3-11.6強目。全体時計66.3は特別速くないが、終い11.6は優秀な時計。ここ2走は大敗続きで結果は残せていないが、3走前のクイーンCではミッキークイーンに勝利するなど素質の高さは目を見張るものありで注意。

アースライズ
10/8 栗坂 53.9-12.0 馬なり
10/15 栗坂 57.2-12.4 馬なり

最終追い切り栗坂57.2-12.4馬なり。全体時計は速くないが、1週前に続き終いでは良い動き、気配は悪くない。ただ前走紫苑S組で馬券に入ったのは過去10年で昨年のショウナンパンドラのみという点は頭の隅に置いておきたいところ。

牝馬3冠レース最終戦!勝つのはどの馬か、非常に楽しみです!
[sc:+α 下段 ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^