最終追い切り

G3アイビスサマーダッシュ2015☆最終追い切り!好タイム馬は?

[sc:好調教で目指せ大万馬券! ]

みなさんこんにちは、こんばんは。
今回は8月2日に開催されるG3アイビスサマーダッシュの最終追い切り好タイム馬の紹介です。

アイビスサマーダッシュ・最終追い切り好タイム馬

※評価は◎>○>▲>△の順番。

人気ブログランキングへ→1
7/23 栗坂 50.8-11.9 一杯
7/29 栗坂 52.5-11.5 一杯

最終追い切り栗坂52.5-11.5一杯。1週前の終い11.9も素晴らしい時計だが、最終追い切りではそれをさらに上回る11.5栗坂全体52秒台で終い11.5はほとんど見たことのない素晴らしい時計。気配は絶好で文句なし。新潟のG1スプリンターズSでは勝ち馬に0.1秒差の5着と好走、直線競馬が未知ではあるがここでも通用する力あり。最終追い切り一杯の馬は不振傾向だが、この動きなら狙わない訳にはいかない、要注意で。

人気ブログランキングへ→2
7/22 栗坂 52.5-13.2 一杯
7/29 栗坂 53.9-11.9 強目

最終追い切り栗坂53.9-11.9強目。全体時計は53.9と特別速くはないが、終い11.9を強目で記録。昨年のアイビスSD4着時は、最終追い切り栗坂53.6-12.0一杯だったのを考えると今年は昨年以上の出来と言って良さそう。昨年は6ヶ月休養の骨折明けで4着と好走していて、今回の2ヶ月の休み明けは気にする必要はない。一昨年もアイビスSDで3着と好走していて直線競馬の適性は十分、やはり有力の存在になりそう。

レンイングランド
7/23 栗坂 52.1-11.9 一杯
7/30 栗坂 55.3-11.6 一杯

最終追い切り栗坂55.3-11.6一杯。一杯で追い切りされて全体は55.3と時計は速くないが終い11.6と抜群の伸び。1週前も終い11.9を記録していて絶好の仕上がり。前走函館スプリントで12番人気3着と好走していて勢いもあり、しかも今回斤量53キロと軽ハンデ。これは面白くなりそう。

ネロ ←登録除外
7/23 栗坂 49.5-12.6 馬なり
7/29 栗坂 52.8-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂52.8-12.3馬なり。この馬にしては時計は速くないが、1週前にしっかりと追い切りされて好タイムを記録、気配は絶好と言って良さそう。最近は成績も安定してきているし、2走前の韋駄天Sで2着と好走していて直線競馬も心配なし。こちらも通用する可能性は多いにありで無視できない。

[sc:+α 中団 通常 ]

サフィロス
7/22 南D 63.6-12.0 強目
7/29 南W(82.0)65.4-12.8 強目

最終追い切り南W(82.0)65.4-12.8強目。6Fから追い切って本日南W5F全体4番時計の素晴らしいタイムを記録。まだ3歳で実績は他の馬と比べると物足りないが、今回斤量53キロで出走可能な点は魅力。新潟芝でも2勝していて今回面白そうな一頭。

マコトナワラタナ
7/22 栗坂 53.8-12.8 馬なり
7/29 栗坂 51.4-12.5 強目

最終追い切り栗坂51.4-12.5強目。最終追い切り栗坂全体51.4という数字は、今メンバーで最も速い時計で好気配。過去5年種牡馬ファルブラヴは(1.1.1.1)で複勝率75%と好走。好気配で注意しておきたい存在。

オースミイージー
7/23 栗坂 51.0-12.8 一杯
7/29 栗坂 52.7-12.3 馬なり

最終追い切り栗坂52.7-12.3馬なり。1週前に引き続き馬なりで栗坂で好タイムを記録。今回ダートから芝替わりのレースとなるが、追い切り通りの動ければ好走してもおかしくないし注意したい。

サカジロロイヤル
7/23 栗坂 51.6-12.4 一杯
7/29 栗坂 52.7-12.3 一杯

最終追い切り栗坂52.7-12.3一杯。2週続けて一杯に追い切りされて好タイムを記録。2走前の春雷Sでは、先日の中京記念で勝利したスマートオリオンに0.2秒差をつけて勝利している。前走の直線競馬では9着と敗れはしたが気配は前走よりも良さそうでこちらも無視できない。

アースソニック
7/23 栗坂 53.3-12.7 強目
7/29 栗坂 53.0-12.5 一杯

最終追い切り栗坂53.0-12.5一杯。上記の馬に比べると時計は強調できないが、2走前の韋駄天Sでは最終追い切り栗坂55.2-12.7一杯で3着と好走、続く函館スプリントでも2着と好走。気配は昨年以上と言っても良さそう。過去直線競馬では3連続3着と好走していて適性も高い、こちらも警戒したい。

エーシントップ
7/23 栗CW(82.1)65.8-12.3 一杯
7/29 栗CW(79.9)64.4-12.3 一杯

最終追い切り栗CW(79.9)64.4-12.3一杯。外目を周回して栗CW全体2番時計の好タイムを記録。2週続けて6Fからしっかりと追い切りされていてしっかりと負荷もかけられている。韋駄天Sで14着と直線競馬に不安はあるが、気配は良好で注意。

セイコーライコウ
7/22 美坂 55.5-13.7 強目
7/29 美坂 56.1-13.6 強目

最終追い切り美坂56.1-13.6強目。特別速い時計ではないがいつも攻め駆けしない馬で気配は上々。昨年の今レースの覇者で今回昨年と同じローテーション。昨年は2走前韋駄天Sを勝利してのレース、今年は韋駄天Sで5着だったのを考えると少し不安の残る感じだが、今年の韋駄天Sは、4ヶ月の休み明けのレースで5着なら特別気にする必要はなさそう。過去10年8歳馬は(0.0.0.12)と大不振だが、昨年7歳で2着に入ったのを考えると侮れない。

[sc:+α 下段 ]